FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

XRモタード用シートベース

昨日、年末のご挨拶ブログを書いたっていうのに
まだ仕事をしていたりする自分をほめてあげたいと思います。

シートベース

XR50/100モタード用のRS125シートカウルベースです。

シートベース

これにNSR50のタンク後端が取り付けられるステーを
ボルトオンで付けられるように考えてます。


スポンサーサイト

PageTop

2009年ありがとうございました!

今年もあとわずか。

2009年、皆様には大変お世話になりました。
本当にありがとうございました!

商品を買っていただいたお客様、
一緒にレースを戦ってくれたライダーの皆さん、
当店のパーツ製造活動、レース活動を支援してくださった皆さん、

ありがとうございました!

それと・・・

私がサーキット遠征中は1人で頑張った社員さんや
あまりかまってやれないのに文句を言わない家族のみんな、にも
感謝しております。ありがとう!

2010年が皆様にとって良い年となりますように!

PageTop

DCRNSF発進!

12月26日のもてぎでの4ストミニバイク走行会で無事走り納め終了。

と、思いきや、
12月29日、愛知県の美浜サーキットにいたりします。

つ、ついにシェイクダウン!

DCRNSF
DCRNSF

HRCがリリースしているNSF100。
一般的に、市販車のエイプやXRモタードに比べて高性能といわれておりますが
いかんせん窮屈。
マシンの上で自由に動けませんし、ロングコースでは伏せつづけるのもつらい。

そこでポジションの改善を狙って、モディファイしました。
・トップブリッジ製作によりアップハンドル装着
・ステップ位置可変プレート製作によりバックしないアップステップ
・膝の窮屈さ解消や切り返し時の体重移動の容易さを狙ったシート位置アップ

こういったモディファイが狙った効果を発揮しているかどうか、
NSF100が本来持っている性能をスポイルしていないかどうかを
確かめるため、急遽シェイクダウン走行となりました。

DCRNSF

ライダーはいつも当店のパーツ開発にご協力いただいているK氏。
テスト走行だけでなく、走行準備までお手伝いいただき、感謝です。

まだ路面も冷たい9時の1本目から精力的にテスト開始。
DCRNSF
とりあえず普通に走っています。よかった、よかった。

リヤサス(ノーマル)のセッティング変更とシートの高さを変更して、
今日のところは終了。

DCRNSF

DCRNSF

よせばいいのに私も走行させていただきましたが、
私には全く問題が感じられなかったですね~
もっとペースが上がると新たな問題も出てくると思いますが・・・

今年はこのマシンで美浜サーキットのスプリントにシリーズ参戦の予定です。
第1戦が2月28日とのこと。あと2ヶ月しかありません。
とりあえず1月末までに、今回の走行で出た課題をやっつけて
再度テスト走行の予定です。がんばります~

PageTop

12/26 2010年DE耐練習走行第1回

12月26日、2010年のDE耐に向けての練習走行会が始まりました。

2010年DE耐は、2009年のDE耐でエンジンメンテナンスで
お世話になったスズカワークスの店長・所属ライダーさんにご協力
いただきながら参戦予定です。
当店にはチームがないので、耐久レースに出ようとすると
一緒に走ってくれるライダーさんが必要なんです。ありがとうございます。

いそいそと指定のゼッケン用紙を貼り付ける私
DE耐

スズカワークス店長もいそいそと。
DE耐

まずは当店お勧めのRUN R&Dマフラーを装着したマシンで
控えめのアタック!2分58秒台でした。
初めてPD22というキャブを使いましたが、まあまあでしょう。
決して悪いキャブじゃないと思いますよ~。
DE耐

今回はスズカワークスが急遽作ってきたマフラーのテストも行います。
が、寸法があまりにも正確で(笑)、一度差し込んだら抜けません。
潤滑材吹きつけたり、プラハンでたたいたり、みんなで必死に頑張ります。
コース上より必死だったかもしれません(笑)
DE耐

セットを変えてはコースに飛び出します。
DE耐

ストレートでは必死に伏せます。
決して寒くて風を受けたくないからではありません。
レーシングライダーとしての本能です。
DE耐

夕日をバックにディスカッションを行うスズカワークス店長と私。
決して走行中のライダー「エースカツーン」が夕飯に何杯お替りするかを
当てていたわけではありませんし、
キャブの濃い・薄いが全く逆だった私が叱られているわけでもありません。
DE耐

で、4時間の走行の成果は・・・
タイム2分58秒~3分0秒の間で、
キャブセットの違いだけで燃費が7KM/Lも違ってくるってことが分かりました。
おそるべしキャブセット。っていうか、私があまりにも分かっていないって言う話も・・・

走行後には、ツインリンクもてぎのライセンス講習会を受講。
北ショートのライセンスは持っていたのですが、本コースに切り替えました。
これで大きいバイクでもてぎを走ることができますが、
本当の狙いは毎回掛かる暫定共済会費@7000円が高いからなんですね。
今回のようなミニバイク走行会に5回行くと
共済会費だけでライセンスが取得できる金額になっちゃうんですね。
これも私なりの経費節減方法なんです。
来年1月にある感謝祭時なら入会金が不要なんですって。
みなさんもぜひこの機会にライセンス取得をご検討ください。

---今日の経費---

・走行料20000円(4本)
・ガソリン代(マシン)1300円(10L)
・その他 高速代・ガソリン代・食費

PageTop

DE耐4ストミニバイク走行会

今日はツインリンクもてぎで4ストミニバイク走行会でした。
来年5月に開催されるDE耐に向けての練習会ですね。

確かに気温は低めでしたが、風もなく
この時期としてはまずまずのコンディションだったと思いますが
皆さん練習の結果はいかがでしたか?

全体として参加者は少なめでしたが、
当店のお客さんたちはすごいですよ~
三重県からの遠征組もいらっしゃいました~
Hさまお土産ありがとうございます。
商品を買っていただいているお客様から
遠慮なくお土産を頂いちゃう私は
立場をわきまえているんでしょうか?(笑)
皆さん、どうぞお気を使いなくお願いします。

さて当店の今日の練習は・・・
初めて使ったPD22とスズカワークス試作マフラーの
セット出しが主な内容でした。
っていうか、私がテスターですから、
有益なインプレが出来ず、かな~り遠回りをしましたが、
(キャブの濃い薄いが全く逆でした)
多少のデータは取れたようです。
車体のダメ出しも相変わらずわんさか出て来ました。
1つ1つ修正していくしかないですね、頑張ります。

次回の練習会は1月22日だそうです。
皆さん、またもてぎでお会いしましょうね。


PageTop

2010DE耐はもう日程発表

DE耐の練習日が発表になりました。
事前に発表になるのはとても珍しいです(笑)。

・1/22(金)
・2/26(金)
・3/24(水)
・4/14(水)
・5/3(祝)
・決勝(5/15・5/16)

新設のレースとして
11/13「ちょっとDE耐」(レース時間3時間30分)
というのもあるようです。

あらかじめ日程が分かっているっていうのはいいですね。
でもそんな先の予定まで立てられない行き当たりばったりの
自分にはあまり意味がなかったりして(笑)


PageTop

12月26日はもてぎ4ストミニバイク走行会

今週末26日はツインリンクもてぎで
4ストミニバイク走行会が行われます。

来年のDE耐に向けての練習走行会です。

いよいよ始まりますね、2010年DE耐!

ここからしっかり準備して、間際にバタバタしないように
気合入れて頑張ります。

その証拠に、私にしては珍しくもう走行準備が完了しました。

2010DE

な~んだ、11月の耐久茶屋で走ったままじゃないか~
とお思いでしょうが、さにあらず。

2010DE

キャブはPEからPDに変更しました。
燃費が良いといわれているPDですが本当なんでしょうか?
チョークバタフライを外したらエンジンかからなくなりました。
寒いからしょうがないんですが・・・簡単なふたを作ってみようかと
思います。

2010DE

スイングアームをエイプ用にしました。
17インチタイヤをはめられるようにXR100Mのスイングアームを
入れていたんですが、エイプ用に戻してみます。
XRM用に比べ30mmほど短いのでその分旋回性が上がるんでしょうか?
試してみます。

2010DE

開発中のトップブリッジです。ハンドルを大きく前にオフセットできます。
ひじを膝の前に出せれば空気抵抗低減になるはず。

もろもろの変更がいい結果に結びつくと良いですね。

もちろん、今回もユーザーサポート実施します。
バックステップ他スペアパーツを持っていきますので
万が一の際にはご利用ください。

現地での居場所が確定できませんので、
みなさん私を探してください(笑)。

白っぽいエイプで当日のゼッケンは6です。
見当たらない時はTELくださいませ~
090-1046-3049(かいだ)です。
よろしくおねがいします!

PageTop

2010年DE耐参戦表明

2008年、2009年と参戦したDE耐ですが、
来年2010年も参加することにいたしました。

・2008年は、初参加で全く予備知識がなく、マシンをいじる時間もなく
 ライダー全員がそろったのが前日の特スポ(うち2名はもてぎ初走行)という、
 準備不足バリバリの状況ながら着順12位(周回数7位)という好成績。

・2009年は、少し欲張って、ビッグタンクや17インチ化にトライしたり
 フルカウルつけたりキャブも5個もテストしたり、準備万端で挑んだのに
 スタートわずか5周での私の転倒が引き金になり、チーム合計5回の転倒で
 着順19位(周回数10位)とがっくりの内容。

で、2010年は・・・

2009年の悔しい気持ちをリベンジしたい気持ちが強くあるんですが、
2010年は少し志向を変えて下記の方針で参戦します。

--------------------------------------------------------------------

1.予算総額30万円、この範囲内で活動する
2.マシン制作費、その他経費を当店HP上に明示する
3.マシンの改造は最小限にとどめる
4.「燃費」の良いマシンを製作し、給油回数を減らすことで上位進出を目指す

--------------------------------------------------------------------

1の予算総額30万円は・・・ライダー5名(予定)×6ヶ月(DE耐本戦までの月数)で
算出しました。つまり各ライダー月1万円です。この100年に1度の不景気な中でも
お小遣いの範囲で参加できることをぜひとも証明したい!

2・・・DE耐に参加するには一体何にいくらかかるのか、はっきりさせます。
意外にも事前ミーティング・慰労会と称しての飲み会に費用がかかりすぎているかも
知れません(笑)

3・・・マシンは・・・うち、パーツメーカーなので当店のパーツは付きますよ。
開発中のパーツも付きます。でも付けたものは必ず商品として販売します。

4・・・最大の21リッターを使えば、7時間全開で走れますが、それじゃあ
面白くないですから。少ないガソリンで走りきってみたいと思います。


今週末26日にもてぎで練習走行会がありますね。
いよいよ2010年DE耐のスタートです。
皆さんもがんばりましょう!



PageTop

2010年のレーススケジュール

2010年のレース日程が少しずつ発表されていますね。

当店は来年も積極的にレース参戦する予定です。

・もてぎショートコース選手権(3/21、5/30、7/11、10/10、11/7)
・DE耐(5/15・16)
・もて耐オープン(8/21・22)
・SUGO西24耐
・筑波TT(3/6、6/26・27、9/18・19)
・鈴鹿ミニモト
・筑波耐久茶屋(11/27・28)
・SUGO
・富士スピードウェイ
・美浜バイクシリーズ

以上が参加予定のレースですが、
あれもこれもと欲張らず、でも明確なポリシーを持って
1戦1戦大事に楽しもうと思ってます。

レース数としては8戦ぐらいが良いかな~
月に1回くらいがベストと考えています。

参加するレースがはっきり決まったらまたご連絡しますね~

PageTop

気持ちとハンドルは前に!

何事も気持ちは前向きに行きたいものですね!

前に行きたいといえば、そう、ハンドルです。

もてぎや鈴鹿のようなフルコースでのレースは空気抵抗との戦い。

通常のハンドルだと膝の外にひじが張り出してしまいますが
ハンドルを前に出してあげると、ひじは膝の前に入りますので
空気抵抗が減らせます。

で、トップブリッジを試作しました。
ハンドルクランプが通常の位置より4~5センチ前に移動しています。
トップブリッジ
通常の位置は↓こんな感じです。
トップブリッジ

ハンドルが前に移動したので、フロントフォークは
いくらでも突き出せますし、フロントフォークトップに
イニシャルアジャスターを付けてもハンドルに干渉しません。

PageTop

鈴鹿mini-moto4耐合同走行会が・・・

来年1月13日に開催される鈴鹿mini-moto4耐の合同走行会、
今日までで申込期間終了です。

当店としては来年は・・・どうしようかな?
とまだ本戦参加の意思は固まっておりませんでしたが
いつものくせで念のため走行会の予約は入れておいたのです。

そして今日までは無料キャンセルが可能。

悩みました・・・

抱えている仕事量を考えると絶対無理。

でも万が一本戦参戦ということになれば
1回でも多く走っておきたいですから。
(私、まだまだ遅いし)

で・・・キャンセルしました。

あ~

思えば今年の走行会は皆勤賞でした。頑張ったな~自分。

でも一度欠席してしまえば、次の走行会もきっと行かないんだろうな・・・

何だか心の張りが失われていきますね~

PageTop

ポジションはバックせず

昨日失敗したNSFのステップポジション可変プレート。
今日朝一番で作り直しました。

NSF

たった2ポジションしか選べません。
しかもバックさせません。
上方向に20mm、32mmの2ポジションです。

NSF

アップさせる必要があるのかも分かりません。
だってノーマルのポジションですら、
エイプ・XRMのステップより高い位置にありますから。

でも多くの人はノーマルより上げていますよね。
それだけ寝かせられるバイクなんでしょうかね。

PageTop

まずはブレーキ側からが鉄則

NSF
NSF100も持っていたりします。
でもNSF用のパーツはまだ作ってません。

それはもったいないということで、
来年はちょっと変わった嗜好で・・・

まずはステップポジション可変プレートを試作。

NSF

4ポジションも選べたら十分だろうと、
シフト側のプレートをさくっと作りました。

次に、ブレーキ側。

たいていブレーキ側には何かしらの干渉物が存在し、
すんなり行った例がない。

NSF

は~い、今回もやっぱりそうでした。
ブレーキペダルのリターンスプリングのフックや
マスタシリンダーなどが当り・・・
当る部分を削っていくと、結局1ポジションしか使えなくなったり・・・

これまでのバックステップの開発で、
まずは制約の多いブレーキ側から着手すべしと
悟ったはずでしたが・・・また明日作り直します。
せめて2ポジションは選べるようにしたいですね。


PageTop

NSR50タンクステー(エイプ用)

もう1年以上前からリクエストをいただいておきながら
全く手付かずだったのが、NSR50のガソリンタンクを
エイプやXRモタードに搭載するためのステー。

当店ではNS50タンク用のステーはすでに販売中ですが
最近ではNS50のガソリンタンクは入手が難しいのだとか。
NSR50タンクならオークションなどで比較的容易に
入手できるのだそうです。

タンクステー
↑エイプ100に乗せてみました・・・おお~なかなか格好良いじゃないですか?

タンクステー
↑タンク前側はこんな感じ。しかしタンクの内側はすっかすかですね。

タンクステー
↑タンク後ろ側はRS125用シートベースに追加工しています。
ので、RS125のシートカウルが付けられます。
(タンクやフレームに干渉する部分、タイヤの後ろ端からはみ出る部分などは
 カットしていただく必要はあります)
タンクステー

シート位置が後ろになりすぎないように
タンク位置を可能な限り前に持ってきましたので
トップブリッジやハンドルと当たる可能性大です。
当店のハンドルストッパーをつけるとぎりぎり回避できます。

さあて、これで実際走ってみたいですね。でも私ちょっとその時間なさそう。
どなたかエイプ100をお持ちの方、モニターになってくれませんか?(先着1名)
メールでご応募くださいませ~
info@direct-com-racing.jp

※ちなみに・・・NSR50のシートカウルを乗せてみると・・・
タンクステー
シートステーにちょっと細工が必要なので、また次回にトライしてみます。



PageTop

バックステップのキット販売再開時期

今年のレースが終わったと思ったら、
もう来年の話が始まっちゃいました~。
そのうち来年のレース計画も発表いたしますね。

でも当店の本業はレース活動ではなくて、
パーツの開発・製造・販売。

来年はこの本分を忘れずに行きたいと思います。

まずはバックステップのキット販売再開ですね。

いまだ製造体制は固まらず、仕様変更のテスト走行も
済んでいませんが・・・

来年2月までにキット販売再開します(もう勢いで決定!)。

もう少々お待ちくださいませ。

バックステップ




PageTop

2009年のレースを振り返って

気付けばもう12月になってました(笑)。

先週末のレース(筑波耐久茶屋)で今年の当店のレース参戦は無事終了。
長かったなあ~。合計13戦。正直疲れました~。

きちんと計画的に準備ができたレースもあれば、
行き当たりばったりのぶっつけ本番レースも。

目標どおりの結果が残ったレースもあれば、
レース序盤にして早くも計画倒れになったレースも。

ま、いろいろありましたが、すべて今後のためになっているはず。
(そう思いたい)

各レースでご協力いただいた皆様に感謝します。

・もてぎショートコース選手権Rd1:S浦氏とともに自己ベスト更新
・DE耐:策におぼれ計5回の転倒
・もてぎショートコース選手権Rd2:雨でダメダメぶり露呈
・もて北ミニミニ耐久:3コーナーに散り、今年唯一のリタイヤ
・もてぎショートコース選手権Rd3:Smi氏と初ペア。自己ベスト更新ならず。
・SUSO西24時間耐久レース:スズカワークスチームにお邪魔し2位
・もてぎショートコース選手権Rd4:気持ちで走った47秒台
・スズカミニモトST:チームメイトがファステストラップ
・もてぎショートコース選手権Rd5:達成感のない自己ベスト更新
・スズカミニモトOP:主体性に欠けた
・SUGO西ライディングスポーツカップ:なにやってもダメ
・京葉スピードランドS-1:まだまだ未熟な自己ベスト更新
・筑波2000耐久茶屋:等身大のレース


PageTop

2009耐久茶屋

2009年の耐久茶屋もついに終了。
お疲れ様でした。今後のためにレースをまとめておきましょう。

・順位8位
・ベストラップ1分19秒74(Nさん)
・ベストラップ順位27位

ライダーが頑張って1分19秒台までは出しましたが、
マシンは特別速いってわけではありませんね。
(社外ヘッドやクロスミッションが入ってないので
       ある意味仕方ない部分もありますが)
だってベストラップの順位は68台中の27位ですから。

でも騎乗2回目のSmi氏も20秒前半までタイムアップできたということで
誰にでも乗りやすい&すぐにタイムが出る仕様になっていたと思われます。
低回転からトルクフルなマフラー(RUN R&D)
スズカワークス店長のファインチューニングエンジンが
かなり効きましたね。

また車体面においても、体重差18キロによる不具合は出ず
安心して攻められる状況でした。

練習・決勝を通じて、エンジン&車両に大きなトラブルが無く、
順調にセットアップ&タイムアップできたのは、
余計なパーツをつけたり、闇雲にセッティングを変えたりせず
自分たちができる範囲で基本に忠実に地道に作業を進めてきたことの
結果です。

一言でいえば「等身大のレース」ということですね。

さらに欲を出して言うなれば
・転倒やコースアウト、ピットインミスやチェッカー間違いなどの
 タイムロス
・アウトラップの遅さ
を改善すれば、もう1周周回できたし
もう少し練習を積んで平均タイムを0.5秒上げられていれば、
さらにもう1周できましたね。

まあタラレバですが、今後の参考のために書き記しておきたいと思います。

最後に今回ご協力いただいた下記の皆様にお礼申し上げます。
ありがとうございました。

・スズカワークス(エンジンOH)
RUN R&D(マフラー)
SED(ラップタイマー)
・今大会参加のユーザー様(特にK一家の皆様)
・ライダー・ピットクルー(Smi氏・Nさん・S嬢)

耐久茶屋


PageTop

2009耐久茶屋レースレポートその5

第3ライダーのNさん。
筑波TTではSRで常勝のライダーさんですが・・・
格下と思っていたかも?のSmi氏に自己ベストタイムを破られ、
実は一番プレッシャーがかかっていたと思われ・・・

チームのライダー間でタイム差がないのは良いですね~
皆がほど良いプレッシャーを感じながら走りますから。

耐久茶屋

さすがはNさん。
プレッシャーは微塵も感じさせない走りで21秒台を安定して刻みます。
9周目にはSmi氏のタイムも破ってきっとご本人もほっと一安心と思われ。

しかしNさん、なんでシートカウルの上に乗っかってるんでしょうかね?
空気抵抗を極限まで減らし、なおかつ背中以降の整流を図っているんでしょうか。

最終的には1分20秒1まで自己ベストを更新し、50分のスティントを終了。
12位まで上昇したのはさすがです。

で、ライダーローテーションは一巡し、再度私が騎乗。

耐久茶屋

まずはマシンの状況チェック。
Smi氏がブレーキレバーが近くなっていると言っていましたが・・・
まあ問題がない範囲でしょう。
エンジン面は問題なさそうだし、タイヤも全然大丈夫。
練習時に不具合のあったギヤの入りも問題ないぞ。
対策してくれたスズカワークス店長に感謝。
唯一データロガーの電池切れマークが点滅している。
昨日新品電池に変えたばかりなのに・・・まあ切れたら切れたで仕方ない。

さて、どうする?安定志向で行くか?それとも18秒台を狙うか?

コース上はけっこう問題だ。各コーナーで転倒が増えているし
パーツもたくさん落ちている。イエロー無視も多いぞ(みんな気をつけようよ)。

って思ったら、MCで目の前の2台が接触&転倒~
リヤタイヤが浮き気味になるくらいのフルブレーキングで危うく交わす。
こわいこわい。

サインボードを見ると「P9」。
おお、ついに一桁まで上がったか。
全員がそこそこのタイムで安定して走り続けると順位が上がるのが耐久レース。
こうなると思ってましたが・・・

ここでこけたらひんしゅくだろうな~。安定志向で行こうかな。
でもこれまで、走行毎にわずかでもタイムアップしてきたからには
1本目のタイムを更新しておきたいと考え、クリアラップの時だけ
ちょっと頑張る作戦で。何とか0.01秒更新して50分終了。

2回目のSmi氏の騎乗。
1本目の50分で「体力的にきつかった」と言っていたので
途中でばててしまうかもとラップタイムの推移を見守っていましたが
平均タイムは1本目と同じですごく安定してましたよ。
特に最終コーナーの脱出のスピードの乗りがいいですね!
途中1度コースアウトしたようですが、そのほかは全く問題のない
50分で8位浮上!

で、レースも残り50分。Nさんに交代です。
ガソリンは給油しなくても持ちそうですが、
念のため少しだけ入れてスプラッシュ&GO!

Nさんがコース上に戻ると、
同じピットのK一家の20秒ほど後ろにいることが分かりました。
「よ~し、追っかけろ~」

「+20」「UP」のサインをボードで出して知らせます。

イエローがあちこち出ているので、差が縮まります。
残り20分ほどでK一家の真後ろまで迫ります。

そしてついにパス!でもK一家も負けてません。再度逆転。
1周ごとに順位が変わるデッドヒート。手に汗握ります。
「+0」や「-0」のサインが続きます。
いや~自分の走行順じゃなくってよかった(笑)。

K一家は息子さん×2+奥さんの家族愛で
走行中のライダー父にエールを送ります。

我がチームも、坊主頭の不良中年×2+S嬢で
必死のエールを送るも、本物の家族愛には適わなかったか?

Nさん・・・戻ってこない・・・15秒ほど遅れて通過!

Nさん1ヘアピンで転倒したらしい。
(これで1ヘアで都合3回目の転倒)
シフトペダルのノブが吹き飛んでいたが、
何とかペダルに足を引っ掛けて走り続け・・・

いよいよあと1周・・・なのにNさん「万歳」でストレート通過!?

おいおい、何やってんだ。チェッカーと勘違いしてんぞ~

後続には30秒ほどの差をつけていたが、
あのままペースダウンしてたら抜かれてしまうに違いない。
やばい、どうしよう・・・でも知らせるてだてがない。
途中で気付くだろうか・・・

もし後続に抜かれたらバリカンで丸ボウズの刑に処すことが
チーム会議で決定されたころ、チェッカーフラッグが振られる!

Nさんは・・・通常のタイムより12~3秒遅れでゴール!
途中で気付いてペースアップしたらしい。やれやれ~

ということで、
ダイレクト・ドットコム・レーシング、8位フィニッシュ!

耐久茶屋

PageTop

2009耐久茶屋レースレポートその4

1分19秒台が出て、とりあえず目標の第1段階はクリア。
ダンロップ~MCでもっとアクセルを開けたままでいられれば
18秒台も出そうな感じ。

しかしクリアラップはなかなか取れず。そんな中で無理すると
接触や転倒のリスクが高まりそう、と判断してこのスティントは
20~21秒台を安定して刻むことに集中することにした。

私が転んで、他の2人のライダーが乗れないまま
レース終了ってなってしまうという最悪の事態だけは
避けないといけないですからね~

50分のスティントも体力的・精神的にさほどきつくもなく
集中力を保ったままライダーチェンジの時を迎えます。
結局15位までダウンしちゃったみたいです。ごめんなさい。

ピットからの「P」のサインに足で合図し、ピットに向かいます。
ピットロード入り口のからの60キロ制限をしっかり守り
ピット前に止まります。

さあ、給油&ライダー交代です。
2速に入れたままピット前にジャックナイフでストップ。
S嬢からタンクキャップキー解除のドライバーを受け取り
タンクキャップオープン。
第3ライダーのNさんがすかさず3Lを給油。
落ち着いてキャップ&キーを締め、マシンから左に下りると
間髪入れずに右から第2ライダーSmi氏がマシンに乗り込む。
私がスタンドを外し、押し掛けで再スタート!

お見事!100点満点!!昨日の練習の成果が出ましたね!!!

第2ライダーのSmi氏。事前の練習は2ヶ月前に1度乗ったきり。
その後はお仕事が忙しくてテスト走行できませんでした。
で、それまでのベストが1分27秒台。
「22秒は出ると思うんだけど」と豪語するも
「その根拠のない自信はどこから来るんだ!」とNさんに一喝され・・・
前日の特スポも急なお仕事で走れず。
多分一番本人が不安だったはずですが・・・

耐久茶屋

走り出してみれば、8周目に自己目標の22秒台に入れ、
さらには1分20秒4までタイムアップ。
なんだ、やれば出来るじゃん、Smiさん。
順位も22位から16位までUP!
21秒台連発で受け持ちの50分を安定して走行しました。

給油&Nさんへの交代のためSmi氏がピットロードに入ってきました。

「よくやった!褒めてやろう」と暖かい気持ちでチームのみんなが待っていると・・・

なんとSmi氏、我々の前を通り過ぎちゃったじゃないですか!

「ストップ!ストップ!」
「Smiさん止まって!」
「オイこのバカ!」

10メートルほど行き過ぎてようやく気付いたSmi氏。
でもバックすると逆走でペナルティ取られるので、
そのままもう1周回ってもらうことに。やれやれ。

「サインボードで頭を引っぱたいてでもストップさせろ!」と
S嬢に指示しておく。

もう1周回ってきたSmi氏。
今度はちゃんと止まりました。当たり前か。
昨日の予行練習どおり、各員がテキパキ動きます。
ここまでテキパキ動けていたチームもそうはなかったはず。

第3ライダー、Nさんがスタートです。



PageTop

2009耐久茶屋レースレポートその3

レース当日の朝も早い。6:00集合です。
きっと遅刻するぜ!(失礼)って思っていたチームのメンバーが
普通に来ていてちょっと感動(笑)。

パドックに車が入れられないので、台車で駐車場とパドックを5往復。
何とかならないのでしょうか・・・

ピット内・ピット裏の設営も完了し、
参加しているユーザーさんにご挨拶周り。

で、いよいよ、40分間の練習走行です。
これまで1回しかマシンに乗っていないSmi氏に
出来るだけ乗ってもらうためにNさんは搭乗せず。

この練習走行ではルマン式スタートの練習があります。
最近何気にスタートが上手い私、
余裕で好ダッシュを決めようとマシンに駆け寄って
クラッチをつないだら・・・あれ、エンジン止まってるじゃん。
Smi氏、頼むよ~。
どうやらスタートの合図の前にエンジンストールしていたのですが
他車の音で気付かなかったようです。

エンジン再始動して4周でSmi氏に交代。
2ヶ月ぶりにこのマシンに乗るSmi氏ですが、
徐々にタイムを上げて、ホット一安心。
でもサインボードをあまり見ていなかったのが、
ちょっと気がかりだったりして・・・

決勝までの短い時間で、チェーンの張りの調整やガソリンの補給、
各部の増し締めを行います。こういう地味な作業を抜かりなくやること、
これが重要なんだな~。

で、ついに決勝。13番グリッドからスタートします。

耐久茶屋
耐久茶屋

スタートライダーは私。
「スタートで順位落としたら許さない!」というS嬢の脅しに励ましに
応えるべく、ひそかに目標は10台抜きの3位で1周目を戻ってくること。

10:40 日章旗が振られて2009耐久茶屋100CCクラススタート!

人間のダッシュはOK!(実は数日前から公園でダッシュの練習をしていた)
バイクを支えているSmi氏に回し蹴りを食らわせるつもりですばやくまたぎ
ギヤを1速に入れてクラッチミート!

   ジャスト・ミート!!!

耐久茶屋

低回転のトルクが太いスズカワークスヘッドとRUN R&Dマフラーのおかげか、
それとも他のマシンはクロスミッションが入っていて、1速が加速しないのか・・・
とにかく抜きまくる。1コーナーまでに7台をサクッと抜き、6位。
1コーナーの立ち上がりで2台抜いて、4位。
1ヘアピンでこの日のライバルとなったK一家を抜いて3位。
よ~し、このままストレートに戻るぞ~ってところで最終コーナーでイエロー。
うっしっし。これで3位で戻れる~って喜んでいたら、
インからガバガバガバっと抜かれます。おいこら君達~。
で、結局6位で1周目終了。テンション下がるな~もう~。

耐久茶屋

こうなったら自己ベスト更新じゃ~。夢の19秒台を目指す!
20秒台はバシバシ出るんですがね。
ダンロップ~MCがちょっと曲がらない感じなんですよね~
しかし、20秒台で走っていてもサクサクっと抜かれますね。
皆さん速いな~。せっかくスタートでポジションアップしたのに
あっという間にプラマイゼロです。

ちょっと頭を冷やして冷静になろうと、
MC立ち上がりで筑波山を眺めたり、
各ポストのオフィシャルの表情を確認したりしていたら
クリアラップ発見!よーし、この周、決めましょう!

1コーナーをいつもより外から一歩ためて入る。
コーナーリングスピードはちょっと落ちるけど
立ち上がりでアクセルは一気に全開!

1ヘアピンでは頭をこぶし1つ分前に出す。
こうすると気持ちが一層乗るんです。

ダンロップ下に向っての加速も上手く行って
第1区間でベストタイム更新!

が、ダンロップ下にスロー走行のマシンが・・・

いつもならここで無理して抜いてラインもタイムも
メロメロになるところですが、今日はけっこう冷静で
MC立ち上がりでスムーズに抜けるラインを瞬時に
見つけました。我ながら成長しているな~

2ヘアピンでも超立ち上がり重視なラインで一気に加速。
最終コーナー入り口でちょっと速いバイクに抜かれたので
必死に食いつく。するとスリップが効いてきて
最終立ち上がりのスピードが自分でも分かるくらい上がった。

耐久茶屋

こりゃベスト更新だな、って思ったらやっぱり!
ついに夢の19秒台に入りました!




PageTop

2009耐久茶屋レースレポートその2

11/27 特スポの集合時間6:30に遅れそうになり、メンバーにTELしたら
     Smi氏はまだお仕事中で横浜にいるとのこと。まじっすか・・・。
     で、前泊しているはずのNさんにTELしたらまだ自宅っぽい。
     遅刻っすか?・・・うちのチーム、なかなか全員そろいませんね(笑)
     
でもなんとかNさんも走行時間に間に合い、2人で特スポ走行。
私自己ベストまたまた微妙に更新の1分20秒1。
いや~本当にタイムアップが小刻みすぎますね。

参加受付にようやくSmi氏到着。いや、あせりました。
レースに来ないんじゃないかと思いましたよ、ホントに。
     
受付時にグリッド抽選があるんですが、これがプレッシャーなんですよ。
私、最近くじ運良くないし・・・36番以降だと時差スタートで圧倒的不利。
で、チームの紅一点?S嬢に「絶対に前半グリッドをひけよ!」と命令。
ポジティブシンキングオンリーなS嬢はプレッシャーも感じず、さらっと
13番グリッドを引き当て、「スタートで順位落としたら許さない!」と
スタートライダーの私に逆プレッシャー。やなこと、言いますね、あなた。

受付している間に、Smi氏とNさんでマシン整備。
  
・燃費確認
・タイヤ交換
・チェーン交換・チェーンオイル塗布
・オイル交換
・ゴムインマニ交換
・プラグ交換
・各部ワイヤーロック
・各部ねじロック塗布
 (ステップ・タンクカバー・シートカウル・アンダーカウル)
・AIM・ラップタイマー電池交換

各部しっかりやってもらいました。ありがとうございます。
おかげで車検はすんなりOK。

装備車検が混んでいたので、その間、しばし給油の予行練習。
あらかじめ凡その分担は決めてあったのですが、
いざやってみるとみんな全く理解していなかった。ダメダメ状態。
でも30分くらい練習したらビシッと決まるようになってきて
なんだか初めてチームらしくなった気がしました。ちょっと感動。

装備車検後はブリーフィング。強烈な睡魔との闘いに勝利し
ここでこの日は解散。早めに帰って明日のレース本番に向けて
ゆっくり休んでいただきましょう、ということです。

が、Smi氏&Nさんは、ピットの場所取りをやっていただきました。
寒い中、ありがとうございました。


   
     
          

PageTop