FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

バックステップ改

とても多くのお客様にご利用いただいている当店のバックステップ。

現在開発・製造体制の見直しにつき、キット販売は一時中断中。
皆様にはご不便をおかけしております。

その見直し作業も困難を極めておりまして頭の痛い毎日ですが
同時にバックステップの改良にも手をつけております。

・ステッププレート強化タイプブレーキ側
・ステッププレート強化タイプシフト側
・逆チェンジ用シフトペダル
・シフトロッド強化タイプ
上記4つはすでに販売を開始しました。

そのほかにも改良を加えたタイプを今回試作しました。
リヤブレーキのシリンダーの取り付け位置変更と
ブレーキペダル、ブレーキジョイントの変更で
リヤブレーキの効きを良くする方向を狙ってます。バックステップ


スポンサーサイト



PageTop

11月15日はぜひ、いや、絶対にS-1に出ましょう

京葉スピードランド

以前に
「11月15日は京葉スピードランドで開催される
S-1にぜひ参加ください!」
とお願いしておりました・・・よね!

今日S-1のHPで現時点でのエントリーリストを確認したら・・・
http://s-1gp.net/09/09R5list.html

オーマイガッ!

なんと私1人ではないですか、エントリーしている人が!
(4ストギヤ付きはSP4というクラスです)

おかしいですね・・・、
私10数人にお声掛けしたんですけどね・・・
エントリーしない人とはもう絶交ですって言いましたよね・・・
それなのに私一人ですか・・・

そうですか、そうですか、分かりましたとも。

たった一人で走ってやろうじゃありませんか。

ちなみに台数が少ない場合に混走にされる他のクラスも
現時点でエントリーゼロ。本当のワンマンショーじゃ~

あ、エントリーはレース本番の1週間前の11月8日まで受付中ですから
私から脅迫お誘いメールが行った人は急いでエントリーするように。

S-1のHPはこちら
http://s-1gp.net/




PageTop

10/28筑波2000スポーツ走行

耐久茶屋
昨日10月28日に筑波サーキットに行ってきました。
筑波コース2000。つまり本コースの方ですね。

耐久茶屋のための練習走行です。

事前練習会が7月、10月とあったのですが
なんとレース開催月の11月にはないとのこと。
(前日の特別スポーツ走行はありますが)

そこで少しでも多くの走行機会を設けようと
一般のスポーツ走行での練習です。
A小型という枠で走ることが可能です。

耐久茶屋


ライダーは当店としては初めて組むNさん。
普段は筑波TTなどで活躍されていますから
筑波サーキットでは人気者です。

そんなスターライダーのNさんですが、
当店のマシンに乗るのは初めて。
ついでに12インチも初めてということで
まずはマシンへのなれることからスタート。
でも1本目ではやくも1分24秒台を記録。
2本目にはさらにペースアップして22秒台に。
1ヘアピンで見ていたのですが、かな~り速いです。
っと、思った瞬間、フロントを滑らせて転倒!
幸い怪我はなく、マシンへのダメージもなかったので
3本目も走ってもらいました。(3本目はタイムアップならず)

ま、転倒もありましたが、そこそこのタイムも刻めて
初騎乗としては良かったのではないでしょうか?

今後も一般スポーツ走行枠を使って練習して
本番までにもう一段高いステージにもって行きたいと思います。

PageTop

10/25SUGO西ライディングスポーツカップ

10月25日にSUGO西コースで行われたライディングスポーツカップの映像です。
OPEN-MINI&M12。ライダーDCR店長



遠征4回中3回雨にたたられていたSUGO。
でも今回は天気予報を裏切りDRY!
SUGO西


今回一緒に参加したスズカワークスエースカツーン
SUGO西
まじめな好青年と思っていたのですが・・・

SUGO西

4ストマシンのくせに2ストM12バトルに加わって、クラス優勝。ムカ~(笑)
勝っても謙虚なのが余計に腹が立ちます(爆)


PageTop

10/25耐久茶屋事前練習会(筑波2000)

10月23日に行われた耐久茶屋の事前走行会の映像です。
ライダーはDCR店長。ベスト更新はできたものの
目標の1分20秒切りはできず・・・残念


PageTop

10/23耐久茶屋事前練習会お疲れ様でした

今日は筑波2000で耐久茶屋事前練習会でした。

風もなく、暖かないいお天気で、
私自身は気持ちよく走れましたが
みなさんはいかがでしたでしょうか?

今日は当チームの他のライダーさんがみな欠席で
さびしく過ごすのかと思っていたら、
チームメイトのご友人や、昨年の耐久茶屋で
チームを組んだライダーさんが来ていて
お話し相手になってくれました。
おかげで退屈することもなく楽しめましたよ。
ありがとうございました。

さて私はこれからSUGOに行って参ります。
久しぶりのスプリントレースです。
レースだけでなく東北の紅葉・温泉・食事も楽しんできます。

PageTop

10/23耐久茶屋事前練習会ユーザーサポート

「生きているのか?」とメールや電話を
多数いただきましたが・・・

普通に生きております(笑)。

なぜ「生きているのか?」と聞かれる理由が良く分かりません。

先週末の鈴鹿ミニモトOPENで130Rに散ったという噂でも
立っているんでしょうか?

ま、とにかく元気に相変わらず忙しそうにしてますので大丈夫です。
どうぞご安心を(笑)

さて今週金曜日23日は耐久茶屋の事前練習会です。
今回からは本戦にエントリーして受理されたチームのみが
参加できます。

私はもちろん今回も参加します。
しかし残念ながら当店チームの他のライダーさんはお仕事のため欠席・・・
9月のもてぎに引き続き、また一人ぼっちです。
ということで、どなたか現地で話し相手にでもなってください(笑)。

と、冗談はさておき、今回もユーザーサポート実施いたします。

バックステップ他のパーツを持っていきますので、
万が一の際はご連絡ください。
サーキットでの居場所が確定しませんので、ご連絡は
携帯まで(090-1046-3049かいだ)。

では皆さん張り切って走りましょう!!

PageTop

もてぎショートコース選手権第5戦,まとめ

第1戦後にもやってみた「まとめ」を最終戦でもやってみようかと。

           第1戦        最終戦
1.レース順位  19位(32台中)    16位(31台中)

2.周回数    114周(トップ125周) 91周(トップ101周)※ただし最終戦は20分短縮

3.ベストラップ  50.077秒(トップ45.789秒) 49.55秒(トップ45..339秒)

4.ベストラップ順位  25位        21位

5.各セッションのベスト&平均タイム
私1:ベスト50.19秒 平均51.89秒  私1:ベスト49.79秒 平均50.97秒

S浦1:ベスト51.57秒 平均52.68秒 Smi1:ベスト53.26秒 平均54.09秒

私2:ベスト50.07秒 平均51.22秒 私2:ベスト49.55秒 平均50.35秒

S浦2:ベスト50.59秒 平均52.32秒 Smi2:ベスト51.07秒 平均53.23秒

6.イン&アウトラップ
 S浦1:130.44秒  Smi1:127.25秒
 私1:125.63秒   私1:119.90秒
 S浦2:129.39秒   Smi2:124.61秒

第1戦終了後に、平均タイム1秒アップ、インアウトラップ5秒短縮すれば・・・
なんてことを書きましたが・・・

私の場合は平均タイムは0.9秒、インアウトラップは6秒短縮でした。
平均ラップがちょっと足らなかったですね。
このあたりはレースのトータルタイムを重視するなら要改善ポイントですね。

PageTop

11/15は京葉スピードランドS-1に出よう!

いっぱいいっぱいの毎日を過ごしているというのに・・・

またエントリーしてしまいました、レースに・・・

11月15日千葉県の京葉スピードランドで行われる
S-1というレースの第5戦のSP4クラスに初参戦です。

SP4クラスは「4スト110ccまでのギア付きSP仕様のレース」と
いうことですがDE耐程度までの改造は認められるようです。
(※何分私も初参加なので細かい点は主催者様にご確認ください)

過去4戦のSP4クラスは2台、0台、3台、1台とちょっと寂しい台数・・・

そこで今度の第5戦は「目指せ!2桁!」

つまり10台以上のエントリーを、私が勝手に目論んでます。
主催者様から依頼されたわけでもなく、
本当に私が勝手に思っているだけなんですけどね。

開催場所の京葉スピードランドは、私が通いつめたミニバイクコース。
平日は比較的空いていて、へたくそな私でも気後れすることなく
コースインできるサーキット。
走行時間も午前3時間、午後3時間と細かく切られていないので、
パーツのテストやセッティング出しにも非常に重宝していて
筑波やもてぎに行くようになった今でも良く利用させていただいております。

でもこれまで一度もこのサーキットでのレースに出たことがないのです。
それじゃあダメでしょうってことで、今回エントリーです。

で、できればたくさんのユーザー様と楽しみたいなあ~ということで
このブログを読んだ方はぜひエントリーをお願いします。
WEBエントリーはこちら

あと、私からお誘いがあった人は断ってはいけません。
断ったらその方には今後パーツの供給をストップしますので(笑)

PageTop

もてぎショートコース選手権第5戦その3

さあ私2度目の騎乗です。

クリアラップはたびたび訪れるものの、タイムアップできず。

そりゃそうだ、だって毎周同じ走りしてますから。

ここは課題の3コーナーをもっと攻めるしかない!

イン側になる左腕を突っ張ってマシンの自然なステアを妨げている
気がするので、グリップをふわっと握るようにしてみる。

おお~

明らかに良く曲がりますね!

次の周はもっとふわっと握る・・・

そのためには下半身でマシンをホールドしないと・・・

開きすぎな外足の膝をタンクに沿わせるようにして
マシンをすばやく倒しこむ・・・

珍しく今日は考えながらライディングしてるなあ~

ってラップタイマーを見たら、49秒台連発・・・
そしてついに49.6秒の自己ベスト!

でもこれじゃあダメなんだよ、狙っているのはもっと上なんだから。

さらにアタックするもクリアが取れなくなって来た。
そしていつものスタミナ切れが・・・
くそ~今日もこのまま終わるのか?転ぶまで攻めるつもりじゃなかったのか!
と、自分を奮い立たせるものの、なかなかタイム更新できず。

もう無理だ・・・集中力が切れた・・・軽く流す・・・ベスト更新49.5秒!

え~、そりゃないよ~。これほど達成感がないベスト更新は初めて。

その後まもなく、Smi氏に交代。なんか本当に「やった」感がありません・・・
タイムが出てもうれしくない時ってあるんですね。

さてSmi氏、1本目は屈辱のタイムでしたが2本目は生まれ変わっていました。
1コーナーの進入スピードが全く違います。それと3コーナーの進入も良くなりましたね。
52.0秒の自己ベストが出たと思ったら、そこからさらに毎周アップして
一気に51.0秒まで!!

ご本人的には上手くラインを取れなかったとご不満のようですが
それは来年への課題としましょう。
マシンとコースに慣れれば私のタイムを破るのはもう間違いないですから、
冬の間、地道に練習しましょうね。

そんな感じで、無事ゴール!!ダイレクト・ドットコム・レーシング16位完走です。

PageTop

もてぎショートコース選手権第5戦その2

11:35決勝スタート

人間のダッシュはまずまずだったものの、ギヤを入れるのに時間がかかり
1コーナーまでにごぼう抜かれ・・・でも1コーナーの中で上手く数台をかわし
多分20番くらいで1周目を通過。

とりあえず5周は全力疾走で周りとのタイム差を判断します。

数台抜けるマシンがありそうなので、10周目くらいまでにパスして、
そこから自己ベスト更新へのタイムアタックと考えました。

今回のタイムアップの秘策は3コーナーのスピードアップです。
できるだけ高いスピードで入ってここで0.2秒削ります。
次の4コーナーもこれまでの立ち上がり重視のラインから
スピードを乗せながら曲がるラインを使って、
5コーナーまでにさらに0.2秒削って合計0.4秒のタイムアップを目論見ます。

が・・・

こわ~いですね、3コーナー・・・
ブレーキングポイントを遅らせ、ブレーキングを弱く、
それでもコースアウトしないように一発でバンクさせないと・・・

もう恐怖との戦いです。全身力入りすぎて固まってます。
普通こんな状態ではかえってマシンのステアを妨げてしまうんでしょうが
怖くって肩の力を抜くことができません。
もう開き直って渾身の力でグリップを握り締めて3コーナーに突入します。

はみ出してしまうかもという思いを無理やり消し去り、
視線も強引に内側に向けますが、いやーなかなか上手く行きません。

たまに、本当に偶然に上手く行く時もあったのですが
上手く行ったことに自分がびっくりしてしまって、
4コーナーで失敗しまくりでした(笑)

くやしい~(この時点で自己ベストタイの49.7秒がベスト)

想定どおり10周目くらいからは5周ほどクリアラップがあったのですが
15周目くらいからは残念ながらクリアラップが取れず
50~51秒台の連続・・・う~ん、もっと抜く技術も磨かないと
クリアラップも取れませんね~

22周でピットイン&ライダーチェンジ、Smi氏がアタックに入ります。

しかし、Smi氏、7月のレース以来、3ヶ月ぶりのマシン。
ちょっとブランクが長すぎたのでしょうか、はたまた
Fブレーキのメッシュホースの効き方に戸惑ったのでしょうか、
思ったようにタイムが上がりません。
自己目標のクリップをしっかりとることもままならず苦戦&苦戦の状況は
外から見ていても分かります。
やはり事前の練習が出来なかったのが辛いか・・・
前回の自己ベスト52秒台に一度も入れることができず
18周で残念ながらライダーチェンジ、私に交代です。

PageTop

もてぎショートコース選手権第5戦オンボード


ライダー:DCR店長


ライダー:DCR店長


ライダー:DCR店長→Smi氏


ライダー:Smi氏


ライダー:Smi氏→DCR店長


ライダー:DCR店長


ライダー:DCR店長


ライダー:DCR店長→Smi氏


ライダー:Smi氏

PageTop

10/11もてぎショートコース選手権第5戦その1

もてぎショートコース選手権も第5戦=最終戦となりました。
最終戦も1、2、3戦と同様ミニモトST仕様で参加しました。
ライダーも第3戦と同じSmi氏。

Smi氏はこのレース終了後に売却されるレンタルレース用バイク(XR100M)を
購入して、来年はエンジョイDE耐という新たなカテゴリーに参加する予定のため
今回が最後のペアとなるかもしれません。

というのは表向きの理由で、実はSmi氏もだんだんミニバイクに慣れてきて
タイムが上がってきているんですよね。
もう私のタイムを破るのも時間の問題なので、
破られる前にペア契約を解除してしまおうというのが本音です。

いや~、うちのペアライダーって、かわいそう~(笑)

さて今回の目標は
私:自己ベスト(49.7秒)更新
Smi氏:まずしっかりとしたライン、しっかりとクリッピングに着く
です。
(いつものようにレース順位は全く考えていません~)

このレースも事前練習が出来ずにぶっつけ本番。
レース当日に第3戦と異なっている部分をSmi氏に報告。
・スプロケがF16/R33からF16/R32へ
・FサスOH(油面ダウン)、Rサス新品
・エンジンOH(ST仕様なので無改造)
・タイヤエア圧1.5→1.6へ

と、ST仕様なので変わっているって言っても、
へたったものを純正の新品に換えたくらいです。

練習走行15分は二人とも無難に体慣らしを行ってレースに備えます。

いつもは練習走行から決勝まで5時間もあって
一度千葉の家に帰ることも出来ちゃうくらい間延びしてしまうのですが
今回はなぜかお昼前にレーススタート。

そんな短い時間であっても走行前の各ボルトの増し締めなども
抜かりなく行い、マシントラブルだけは許さない覚悟。

7月の第3戦ではエンジンのハンガーボルトが折れて
クラッチが切れなくなるトラブルがありましたからね。
今回はその対策も済んでいます。

で、いよいよ、決勝。

もて北


くじ引きグリッドは25番(31台中)。

グリッドにつくと前も後ろもユーザー様。
最後尾からの8台になんとユーザー6台。
(ダイレクト・ドットコム・レーシングってくじ運ないの?)
まあレース順位を狙っていない当店にはグリッドはどこでもいいのですけどね。

今回は日没が早いこともあっていつもの100分ではなく80分。
40分×2で行くチームが多い中、うちは20分×2×2の
根性なしローテーションタイムアタックローテーション。

スタートライダーは私。いかに早くスタート直後の混雑を避けて
クリアラップを作れるかがカギ。
最初の10周くらいでその状況を作りたい。そうすればあと10周は
タイムアタックできるはず。
クリアラップが出来たら・・・目指せ自己ベスト!転んでもいいから行け~

11:35決勝スタート・・・

PageTop

もて北最終戦お疲れ様でした

本日はもてぎショートコース選手権最終戦でした。

本当に良いお天気で、
ユーザー様と楽しく過ごさせていただきました。

もて北な皆様、今年1年どうもありがとうございました!

■DE耐クラス、当店ユーザー様10チームの皆様、
 今年一緒に遊んでいただき、ありがとうございました!
 ・D56レーシング&MSSアライ Mさま、シリーズチャンピオンおめでとうございます!
もて北


■今年当店ペアライダーとして参加していただいた、
  S浦様、Smi様、スズカワークス店長様、エースカツーン様
  ありがとうございました!おかげさまで全戦エントリーできました。
もて北


■レンタル車両のXR100Mの販売がありましたね。
20台の募集に対して申し込みが60件以上と超高倍率。
もて北
もてぎエンジェルが引き当てた方が当選!
レースより緊張感がありましたね?!

当店のペアライダーを卒業し、来年は独自のエントリーを予定の
Smi氏も見事抽選に受かり、マシンをGET!よかったよかった。
もて北

来年はこれまでのDE耐クラスに加えて、エンジョイDE耐クラスが新設されるようです。
改造範囲の狭いカテゴリーで腕も磨くのも良し、思いっきりマシンをいじれるクラスで
コースレコードを狙うも良し、楽しみな2010年になりそうですね。

「来年もレース出るんですよね」とたくさんのユーザーさまにお声掛けいただきました。
まだ来年のことは全く決めていません。決定次第、ご報告いたします~


PageTop

やってしまいました・・・

やってしまいました・・・

レースまで間がないというのに・・・

ご注文商品の発送まで納期が迫っているというのに・・・・



フライス盤が・・・壊れました・・・

大事な商売道具・・・こいつが壊れるともう何も作れません・・・



今週末のユーザーサポートに持っていくパーツ、極わずかとなってしまうかも・・・

本当にごめんなさい。皆さん、転ばないようにしてくださいね。


PageTop

来年のお話

まだ10月ですから・・・
今年もまだ3ヶ月残ってますから・・・

来年の話はまだまだ先でいいでしょう?

って思っていたのですが、
レースシーズンとしてはもうそろそろ終わりなんですよね~

「来年はどのレース出るんですか?」
「来年もこのレース出るんですよね?」
「来年はどんなマシンにするんですか?」
「来年のメンバーはもう決まっているんですか?」

って質問が毎日のように来ますね。

で、いつも返事に困っている私です。

いや、だって、私には今年あと5レースも残ってますからね。
来年のことなんて考えてられませんよ、
目の前のレースのことでもう精一杯です。
(というより、今日発送しなければならない
パーツの製造のことでいっぱいいっぱいです)

来年のお話は12月に入ってから考えますので
どうか皆さん、そっとしておいてください(笑)

【参考資料:2009年参加レース】
・もてぎショートコース選手権・・・全5戦
・もてぎショートコースminimini耐久
・もてぎフルコース DE耐
・鈴鹿フルコース mini-moto ST・OPEN
・SUGO西コース 24時間耐久
・SUGO西コース ライディングスポーツカップ
・筑波コース2000 耐久茶屋
・京葉スピードランド S-1


PageTop

10/11もてぎショートコース選手権第5戦ユーザーサポート

今週末10月11日はもてぎショートコース選手権。
第5戦、ついに最終戦となりました。

当店はとりあえず1戦だけのつもりでエントリーしたこのシリーズ、
結果、なんと・・・フルエントリーとなってしまいました。

1・2戦はS浦氏と、3・5戦はSmi氏と、4戦はスズカワークスさんと
一緒に楽しませていただきました。

また当店ユーザー様もたくさんエントリーされていて、
皆さんにお会いできるのが本当に楽しみでした。

今回の第5戦もユーザー様ともども楽しくレースをしたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

さて今回もバックステップ他スペアパーツを持っていきますので
万が一の際はご利用ください。
居場所は9番ピットか駐車場A-5かピット裏のフリースペースに
テント張っていると思います。見当たらない場合は携帯まで。
090-1046-3049(かいだ)です。

※マシンは白のXR100M ST仕様 ゼッケンは22です。
DSC_5516[1]


PageTop

2009耐久茶屋

2009年の耐久茶屋、どうやらプレエントリー(抽選)の結果が
エントラントに届いているようですね。

当店も100CCクラスにプレエントリーしているんですが、
まだ結果が届きません・・・心配です。
(プレエントリー用紙が事務局に届いていないって話はないだろうな・・・)

あるお客様は、100CCの抽選に落ち、125CCクラスでの参加を
一度は決定したようですが(125CCクラスは空きがあったようです)
125CCクラスは「101CC以上」というレギュレーションのため、
参加を断念されました。

そうだったのか、101CC以上なのか・・・
100CCのまま参加できると思ってました・・・
実質的には115CCか125CCにするしかないんでしょうね。

もし抽選に落ちていたら・・・考えないようにします(笑)。

追記 12:00 郵便が届きました!抽選結果の封筒がポストに・・・

耐久茶屋

ダイレクトドットコムレーシング 2009年耐久茶屋100CCクラス参戦決定!

PageTop

マシン仕様(DE耐・耐久茶屋)

先日のもて北第4戦で待望の47秒台を記録した私!

でも皆さんの関心は、なぜ私が速くなったかではなくて(笑)
どんなマシンの仕様なのかに集中してます(悔しい・・・・)

ということで皆さんのリクエストにお応えして
マシンの仕様を発表しましょう。

DE耐エイプ

ベースマシンは2004年型エイプ100。

DE耐マシン

FフォークはNS-1(アウター・インナー)でディスクブレーキ化しています。
XRモタードのフォークでもトップブリッジからの突き出しを増やせば良かったんですが、
バーハンドルに当たるため、あまり突き出しを増やせなかったんです。
シートパイプはNS-1純正ですが、減衰穴を溶接で埋めて2.0mmの穴1個を
開け直しています。フォークオイルはヤマハの♯15。
油面はNS-1純正値です。
このセッティングが良いのかどうかは・・・正直分かりません。
サスについてはまだまだ勉強中です。

DE耐マシン
DE耐マシン

トップブリッジは20mm厚の当社製試作品。チャタリング対策の1つです。
スタビライザーもがっちり目の当社試作品。左右のクランプをつなぐ板の厚みを変えることで
剛性を変化させられます。これもチャタリング対策です。
チャタリング対策は何か一つを変えても効果がないことがあります。
当社もいくつかの対策を組み合わせてようやく解消の方向に進みました。

DE耐マシン

スイングアームはXR100モタード純正です。
XR100モタードのスイングアームはエイプ純正に比べて30mmほど長く
17インチタイヤを装着することが可能でしたので採用したのです。
またリヤサスのリンク部分もXR100モタード用はエイプ用と形状が異なり
少し車高を上げられる寸法関係でしたので、リンクもXR100モタード用です。

ただしスイングアームは短いほうがホイールベースが短くなって
旋回性が有利になるという話もあるので今後はエイプ用をテストするかもしれません。

DE耐マシン

リヤサスはYSS製です。圧・伸びダンピングつきのちょっとお高いめのタイプです。
うちのマシンに付いているパーツで1・2を争う高級品です。

高級品ですが・・・バネレートが低い。ダンパーでごまかしても上手く行かず・・・
で、現時点ではオーリンズのバネが入ってます。(オーリンズのバネが良いというのではなくて
たまたま入手可能なバネのうち合うサイズのものがオーリンズだったってだけです)
リヤサスに関してもFフォーク同様、私には良く分かりません。
良く分からないということはどんな状況でもあまり気にならないという良い面もあります(笑)。
純正サスでももしかしたら同じタイムが出ちゃうかもしれませんね。
ま、純正サスはちょっと短いと思うんですよね。軸間268~270mm欲しいかなという感じです。
でもこれ以上伸ばそうとするとリンクがスイングアームに当たってしまうんですよね。

DE耐マシン

エンジンはノーマルベース。
スズカワークスさんでノーマルヘッドを加工してもらっています。
47秒台への貢献度合いとしては、このヘッドの寄与率が50%以上あるかも知れませんね。
どんな加工をしているかといえば・・・秘密です(笑)
いや暴露しましょう(スズカワークスさん、ごめんなさい)。

良く聞かれるのが下記です。

「ビッグバルブ入れているんでしょ?」
「ハイコンプピストンなんでしょ?」
「クランクはどういう加工してるの?」
「クロスミッションはどこの入れているの?」
「フライホイールは何%軽量化?」

ビッグバルブやハイコンプピストンは使ってません。
バルブやピストンに限らずパーツはすべて純正パーツです。
実は加工のメインはポート加工なのです(ここから先は企業秘密ってことで)。
エイプ&XRモタードの純正パーツをそのまま使っているわけですから
耐久性は落ちていません。私なんかノーメンテですよ、ノーメンテ。
(ノーメンテは決して威張れることではありません。皆さんはきちんとメンテしましょう)

腰下はエイプ50の5速ギヤを入れていますが、それだけです。
クロスミッションなんていれたらシフトチェンジが大変になるじゃないですか(笑)。
フライホイールもノーマルです。何%軽量化なんてそんな難しい質問はやめてください(笑)
普通に走るマシン、これが重要なんです。


DE耐マシン

キャブはPE22。CR-miniをかなり長い期間テストしましたが、セッティングがシビアすぎて
いきなり予選、いきなり決勝というスケジュールのレースではちょっと使いにくかったです。

DE耐マシン

47秒台の貢献度、スズカワークスヘッドと同じくらいの貢献度なのがこのマフラー。
RUN R&D(ランアールアンドディー)製のダウン型マフラーです。

コーナリングがへたくそでエンジン回転を落としてしまう私を助けてくれる
7000回転から使えちゃう仕様です。それでいて上の回転でもパワーが出ている
超フラット仕様です。そんな特性だからクロスミッションが要らないのかもしれませんね。

ちなみにこのマフラー、2009年鈴鹿ミニモトSTクラス(9月19日)で
ファステストラップたたき出しました。

大手有名メーカーのようなブランド力はありませんが、サーキットで重要なのは
ブランド力じゃないですよね、速さ、速さです!

それも速いライダーが速く走れるマフラーではなくて、
遅いライダーが速く走れるマフラーが本当に優秀なマフラーだと思ってます。

その他にもこまごまとしたパーツが付いています。


■当社製クランプ式メーターステー(試作品)
DE耐マシン
トップブリッジにメーターをつけるとメーターが近すぎて見難いし
ステアリングも重くなるし・・・そこでフレームにクランプするメーターステーを
使って、ステアリングをフリーにしています。

■当社製ハンドルストッパー(販売中)
DE耐マシン
1コケで吹っ飛んでしまう純正ハンドルストッパー。吹き飛んだら溶接しないと復活しませんが
当社製ハンドルストッパーなら大概の転倒でも大丈夫です。
DE耐決勝中試作品をつけていましたが、5回の転倒に無事耐えたことから製品化しました(笑)。

■当社製キャリパーガード(販売中)
DE耐マシン
抜群の完走率を誇る(?)ダイレクト・ドットコム・レーシングのロゴ入りキャリパーガードです。
お守り代わりにどうぞ?!
オリジナルデザインの製作依頼や無地タイプも受け付けています。

■当社製バックステップ(試作品)
DE耐マシン
このモデルはご要望があれば作るって感じなんですが、もう10セットくらいは作りましたね。
転倒対策があちこちに施されていています。ベアリングを使うのでどうしても値段が上がって
しまいます。それが正式製品化されない理由です(悲)。

■スズカワークス製タンクカバー&シートカウル
DE耐マシン
DE耐ではかなりの装着率になった当社製バックステップですが、
さらにその上を行く装着率なのがスズカワークス製タンクカバー&シートカウルです。
最適なシート位置が得られます。シート位置はマシン作りの基本&重要ポイントなので
ぜひお試しください。

と、マシンの仕様はこんな感じです。高価なパーツや難しい仕組みは不採用です。
お金のある人だけが作れるマシンや特別な技術のある人だけができるマシンは
あまり皆さんの参考にならないと思いますし・・・

ご質問メールをいただければもっと細かい部分もお答えしますよ~

PageTop

バックステップキット販売一時中止

バックステップをご購入希望のお客様、本当にごめんなさい。

現在バックステップのキット販売を一時中止させていただいております。

2007年1月に販売開始以来、とてもたくさんの方にご購入頂き、
本当に感謝しております。ありがとうございます。

出来るだけお安く、可能な限り迅速に商品をお届けすべく
開発も製造も外部に委託せずに何とか一人でやってきたのですが
新規のご注文に加え、補修パーツのご注文も多く、
いよいよ製造が追いつかなくなってきました。

またご依頼いただいている新規パーツの開発に関しても
遅れ遅れになっており、今後ご迷惑をおかけすることが必至の状況です。

ということで、開発・製造体制を見直していくつもりです。

本来ならば、引き続きご注文を受け付けながら、
体制の見直しをするべきなのですが、私の経営センスの問題で
同時進行は無理と判断しました。

バックステップキットのご購入希望の方には、大変申し訳なく
深くお詫びいたします。販売再開の時期は現時点で未定ですが
出来るだけ早く再開できるよう努力いたします。

なお、バックステップ補修パーツは引き続き販売しております。
転倒などで急遽パーツが必要な方はどうぞご利用ください。
またバックステップ以外の商品に関しても引き続き販売しております。

皆様には何卒ご理解の程、よろしくお願いします。


PageTop

10月の走行予定

今日からもう10月ですね。
1年があっという間に過ぎていきます。困ったものです。

さて当店の今月の走行予定です。

10月6日 もてぎショートコース練習(10月11日のレースに向けての練習)
10月11日 もてぎショートコース選手権最終戦出場(ユーザーサポートあり)
10月17・18日 鈴鹿ミニモト4HOPENクラス出場(走ります・・・怖いです)
10月23日 耐久茶屋公開練習会練習(ユーザーサポートあり)
10月24・25日 SUGO西コース ライディングスポーツカップ出場(OPEN-MNIに出ます)
10月28日 筑波コース2000 スポーツ走行

17日からの10日間が強烈なスケジュールになってます。
鈴鹿~筑波~SUGO~筑波・・・なぜこんな強行スケジュールになったのか
自分でも良く分かりません(笑)。

でも今年はこれが最後になるだろうというサーキットが、もてぎ、鈴鹿、SUGOとあります。
最後はスカッと晴れて良い思い出を作れるといいなあ~

PageTop