FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

9/29第2回耐久茶屋公開練習会

本日9/29は筑波コース2000で耐久茶屋に向けての
第2回目の公開練習会でした。

耐久茶屋

が、雨です。AM8:00~の私の走行枠はウェット・・・
「甲斐田さん、雨男なのでは?」とメンバーのSumi氏にぐさりと言われ・・・

耐久茶屋

Sumi氏の走行時間には雨も上がり日がさしてきて

耐久茶屋

Sumi氏は意気揚々とコースイン。ずるいじゃないか、あなただけドライで。

耐久茶屋

今日はお弁当の差し入れがあって、なんかとっても素敵な感じ

耐久茶屋

見た目おいしそうなんだが、形が微妙・・・これってもしかして

耐久茶屋

ブラックの精悍なつなぎを着た坊主頭のSumi氏が握ったおにぎり。

外人ばりに彫りの深い濃い~お顔のSumi氏が、エプロン姿で
チームのために夜中にせっせとおにぎり作っていたかと思うと
なんだかとっても切ない気持ちになりまして

私、頑張って走らせていただきました・・・ベスト更新の1分21秒7。

スポンサーサイト

PageTop

9/29筑波2000耐久茶屋ユーザーサポート

明日9月29日は筑波コース2000で耐久茶屋の練習会です。
前回7月の練習会ではまだ本戦への参加を決めていなかったのですが
先日100CCクラスにプレエントリーしましたので、ようやく本気モードの
練習となります。
と、言っても、前回とはガラッとマシンの仕様を変えてますので
実質的にはシェイクダウンって感じもします。
ファイナルなんかも全く分かりませんのでどたばたが予想されますが
メンバーの皆様よろしくお願いします。

さて明日もバックステップ他スペアパーツを持っていきますので
万が一の際にはご連絡ください。(090-1046-3049カイダ)
ピットが取れるのかトランポがどこにおけるかなど
全く分かりません~。のでみなさん何とか私を見つけてください(笑)。

PageTop

SUGO24耐その12

SUGO24耐・・・
このレース、実際に参加してみるとレベルの高いレースなのが分かりました。

マシン面では、何か特別な高級パーツを要求されることはありません。
キャブもマフラーもエンジン内部も全くのノーマルで十分です。

ラップタイムを上げる改造より、ライダーの乗車時間が長いので
ライダーが楽に扱える仕様にするほうがベターです。

マシンにお金を掛けるならその分コースで練習するほうが絶対に良いです。
ライダーの走行技術を上げる必要があるんです。
ガソリンを無駄に使わない&タイヤをいたわって走る、それを高いレベルで
メンバー全員が出来ることが上位入賞のキーポイントです。
そのためには事前の練習やデータ取りのテスト走行が重要です。

SUGO西コースの一般スポーツ走行日はそう多くありません。
そう考えるともう来年に向けて練習&テストを始めても良いくらいです。

今回私が加えてもらったスズカワークスさんは懐の広いチームで
私のようなへたくそライダーもウェルカムでした。
優勝しか狙わないって言うチームなのに。
へたくそライダーが入ったなら、
それをチーム全体の作戦でカバーするというのが当たり前のようです。
他のチームもそうのような考えを持ったところが多いようで
このレースのエントラントさんはみな素敵ですね。

速いライダーや速いマシンをそろえなければ勝てないレース・・・
このSUGO24耐はそういうレースではなく、どんなマシンでも
どんなライダーでも作戦次第では優勝を狙うことが出来るレースなんだと感じました。

来年は自分のチームだけでなく、お客様チームを最低1チーム引き連れての参戦を
考えています。目標は打倒スズカワークス!そして優勝!です!!


PageTop

SUGO24耐その11

2日目のスタートは6:30と早い。
なので前日の夜はサーキット内に停めた車の中で寝ました。

5:00 集合。マシンの保管解除後、オイル交換のほか各部のチェックを行う。

昨日のペースが少し遅めだったのでガソリンは余りめ。
1.38L/H使えます。ラップタイム56~57秒のペースでいけそうです。

順位は4位。トップと12周差、2位と8周差、3位と2周差です。

SUGO24

6:30 2日目レーススタート。1日目に続きスズカワークス店長がスタートライダーです。
57秒台のペースで周回します。もう少しガソリンを使ってタイムを上げたらいいのにな~
と思ってしまうくらい、ここでも無駄なアクセルワークなくしっかりガソリンをためます。

ここでトータル順位は前日の4位から3位に上がります。

8:00 私にライダーチェンジ。56秒台のペースで走ります。
8:00なんて普通走っていない時間帯ですが、前日の見難い夜間走行に比べれば
全然楽にペースアップできます。9:10ごろにリザーブに切り替わる予定だったのですが
ほぼぴったりの時間でガス欠症状が出てリザーブ切り替え&ガス補給ピットインとなりました。
その後も56秒台で走ってライダー交代。

順位は3位。ガソリンが厳しくペースを上げられない2位とは1周差まで詰めたものの、
トップのペースは速い。トップとは21周差まで広げられてしまいました。

SUGO24

9:30 Sumi氏にチェンジ。前日の走行で体力的にいっぱいいっぱいと言っていたが・・・
序盤のペースが上がらなかったものの後半はまずまずのペースに。
更なるタイムアップにはもう少し事前の練習が必要だったかも、ですね。

順位は3位。1位とは29周差(1位速い!)。2位とは3周差。

SUGO24

10:45 予定より15分早く最年少大臣にライダーチェンジ。
55秒台で周回します。この時点でトップはもうちょっと追えない感じ。
ターゲットは2位です。ペースはこちらのほうが速く3周差を徐々に詰めていきます。
12:25分頃に訪れるはずのリザーブ切り替えがなかなか来ず、12:40にようやく
最後の給油。ガソリンためすぎだ~
ここから最後までは1.68L/Hのペースでいける。つまりほぼ全開だ。行け~大臣!
このあたりから強い日差しが出てきてライダーにもタイヤにも厳しくなってきました。

SUGO24

13:00 いよいよアンカー、エースカツーンにチェンジです。ペースは「全開」!
52秒以上のペースで走れます。

順位は3位。1位とは27周差。2位とはわずかに1周差。

しかし2位のチームも最後にエース投入。ハイペースで走っていて
なかなか差が縮まりません。
しかしレースも残り40分というころ、事態が急変。

2位のチームはいよいよガソリンが足らなくなってペースダウン。
1周7~8秒もタイムを落とします。残り時間からすると間違いなく
うちのマシンに抜かれる計算です。

急変はさらに続きます。

トップのマシンが、急遽ピットイン。どうやらこちらもガソリンが厳しいようです。
もう給油できるガソリンがないのでピットインしたまま時間を経過させて
チェッカー間際に再度コースインする作戦のようです。
どんなに周回してもチェッカーを受けないといけないというルールなのです。
残り時間を考えるとわれわれのマシンが1位のマシンの周回を越えるのは
不可能だったので、こんな作戦を取られてしまいました。

残り20分でエースカツーン、2位に浮上。
タイヤはもうかなり滑り出していたそうですがペースを緩めません。
1位に少しでもプレッシャーを与えようというのか、
それともベストラップを狙っていたのか???

残り5分ほどになって1位のチームがコースイン。
ゆっくり安全に走ってただただチェッカーを受けようとしています。
一方エースカツーンはひたすら全開走行。

SUGO24
SUGO24

そして15:00 2日目のトップであるエースカツーンがチェッカーを受けます。

合計20時間のレースがゴールしました!

♯5スズカワークス&ライトスタッフ☆ハイパーカメさんチーム
周回数1218周(1位とは10周差) 総合2位(100CCクラス2位)

SUGO24

PageTop

9/13もてぎショートコース選手権Rd.4その4

ここからSWエースカツーンのタイムアップショウのはじまりはじまり。

強引に無理なタイムアップを狙うというより、各コーナーのラインを見極めたり
自分の好みとは異なるサスやブレーキの感触を徐々に理解しながら
スムーズにタイムアップしていくというライダーさんのようです。

前車をパッシングする時も、インをズバッと刺すというよりは
立ち上がりできれいに交わしていく。

もてぎショートコース選手権

そして長身で窮屈なマシンに違いないのにしっかり伏せている。

52秒台から始まったショウは最終的には48秒2まで詰めてきた。

「さすがだな~。いっそこのまま47秒台に突入して欲しいな」ともらすと
スズカワークス店長「47秒台は甲斐田さんが出さないと!」。

そう、でした。弱気になってましたね。
47秒台は速いライダーが出すんじゃなくて、私が出してこそ意味があるんでした。

「頑張れ、自分!」もう一度気持ちを入れなおします。
つったまま走った左足がかなり痛く、一歩歩くとまたつりそう。
必死にセルフマッサージして何とか歩けるようになったころ
レースは残り15分。再度私の搭乗です。

もてぎショートコース選手権

結局エースカツーンは48秒をぎりぎり切れず。

でもあのタイムアップのペースからするとエースカツーンが
47秒台に入れないのはちょっとおかしい。
わざと入れなかったんじゃ・・・

私が47秒台を出すためのお膳立て???

泣かせるじゃねえか、エースカツーン&スズカワークス!

そして私にライダーチェンジ。残り15分。絶対に出すぞ!47秒台!

この気持ち・・・いつかも感じたこの気持ち。
そうだ、もて北をSTマシンで50秒を切る!と覚悟を決めて
前で引っ張ってくれているK氏に必死に喰らいついている時に
感じたのと同じ気持ち。

私のような遅いライダーを応援してくれる人がいる。
何とかその応援に応えたい。

心のスイッチ、ばっちり入りました!!

もてぎショートコース選手権

1周目から飛ばします。間もなく48秒0!あと0.1秒だ、頑張れ!
48秒1、48秒0ともう少しで47秒台というタイムが続きます。

前方にマシンが見えてくる。クリアラップはこれが最後という感じ。
いい雰囲気で走れたが最終コーナー立ち上がり~ストレートで
3台の集団に追いついてしまった。

ここでアクセル緩めるわけには行かないんだ~
1台分空いた一番アウト側にマシンをねじ込む。
頼む、寄ってこないでくれ~~~あぶない、あぶない

きわどくその集団を1~2コーナーで抜いて
ラップタイマーを見ると・・・

「47秒9」

やった、やった!

翌周ストレートに戻るとピットから「47」のボードが出ている。激しくうなずく。

うれしい~!もう言葉にならない。

ここでまたアクシデント発生で白旗フルコースコーション。
ペースダウンしてストレートを通過。
「47」のボードを出すスズカワークスの面々の表情が見える。
たまらずガッツポーズ。

あ~うれしい。もういい。もう走りたくない。早くレース終ってくれ。

残り5周ほどでレース再開。でも完全に私、終ってました。

転ばないで絶対にチェッカー受けよう。記念のチェッカーになるはず!
49秒台にペースを落として安全にかつ各コーナーをジックリと味わいながら・・・

チェッカー!

ピットウォールにいるスズカワークスの面々の前を拍手をしながら通過する。

ありがとうございました!感謝、感謝です!!

ダイレクト・ドットコム・レーシング 10位完走。初ポイントGET!

ベストタイム47.956秒。
もて北3

PageTop

9/13もてぎショートコース選手権Rd.4その3

もてぎショートコース選手権
いよいよ決勝スタート。グリッドはいつものように後ろ目の18番手。

日章旗が振り下ろされてスタート。

もてぎショートコース選手権

人間のダッシュも悪くなかったが、マシンのダッシュはさらに良かった。

7~8台のマシンを抜き去り10番手前後で1コーナーへ。

でも意外と落ち着いている私。

「目標は47秒台。順位じゃない。スタートの混乱が落ち着くまでは無理しない。」

でも今回のマシンは速い!無理していないペースなのに前のマシンについていける。

それならと、1~2コーナーを少し攻めてみると・・・2コーナー立ち上がりで
ダートにはみ出す・・・タイヤが舗装の段差に引っかかってバランスを崩すが
お構いなしにアクセルを開けてクリアする(後ろにいた方々、土巻き上げてすみません)。

4周ほど経過して、ポジションが安定したあたりで、若干前車との間隔をあけて
最初のタイムアタック。行け~・・・あ~、5コーナーでもう追いついちゃった。
もう1回間隔をあけてトライするも同じ結果に・・・。

ここは抜くしかないか・・・WS字立ち上がりであわせてヘアピンでインに入らせてもらう。

もてぎショートコース選手権

よし、ここからもう1回タイムアタック。行け~行け~。
あ~、また5コーナーで詰まっちゃった。
う~ん、うちのマシンって5コーナーまでが速いのかな~。
前の2台をパスすれば、クリアラップが取れそうなんだけどな・・・

そんなことを考えながら走っているとWS字でイエロー。
WS字出口にマシンとライダーが倒れている。危ない、危ない。
ライダーは大丈夫なのか?

すると間もなく白旗(ローカルルールでフルコースコーションの意味)が出る。
救急車がコースに入って5周ほどフルコースコーションが続く。

グリーンフラッグでフルコースコーション解除!
順位的には前車とのギャップが縮まったものの、
タイムアタックが目的の私にとっては、クリアラップがさらに取れなくなって
辛い状況に・・・

ここまでのベストタイムは48秒3。クリアラップさえ取れれば47秒に行けそうなんだが・・・
体力も集中力も切れ気味・・・(左足はスタート直後につっちゃってかなり痛かったのも事実)

ここはライダーチェンジして、最後の15分にもう1度タイムアタックのチャンスをもらおう。
悔しい!47秒台を出せなかったのは本当に悔しいけど、それがベターな方法だ。

そう決めてピットウォールにいるスズカワークスメンバーに手を振って
ライダーチェンジの合図を送る。

と、ピットからは「L10」(あと10分走れの意味)のボードが出てくる。

ざけんなよ、スズカワークス!(笑)

翌周、もっと大きく手を振る。

するとようやく「PPP」(ピットインOKの意味)のボードが。

やれやれ、ようやく分かってくれましたか、スズカワークス!(笑)

しかしそのタイミングで待望のクリアラップがやってきた。
せっかく出してもらった「PPP」のサインを無視してタイムアタック(全く自分勝手ですみません)。
これまで必ずつかえた5コーナー~WS字も単独で走れて、手ごたえ十分。
しかしヘアピンで・・・あ~つかえた・・・
待望のクリアラップ、最初で最後のクリアラップ・・・ものに出来ませんでした。悔しい・・・

ピットインしてSWエースカツーンにバトンを渡します。

私が出せなかった47秒台。エースカツーン、是非出して欲しい。
エンジンの優秀性を証明してくれ~

PageTop

9/13もてぎショートコース選手権Rd.4その2

本当は事前練習するはずでした。

が、もて北未経験&今回のマシン未経験のスズカワークスエースカツーンは
都合が付かず・・・

さらにスズカワークス店長はお店での整備中に負傷し、乗車不能に・・・

ということで、今回も練習なし&ぶっつけ本番のレースです。

レース当日の朝の練習走行はわずか15分と短いので、
ここはもて北&マシン未経験のSWエースカツーンに乗ってもらうことにします。

が、さすがのエースカツーンもこの短い時間の中では攻めきれず52秒台止まり。

う~ん、やばい・・・47秒台はかなり険しくなったか・・・
ここはやはり私が47秒台を狙うしかないのか・・・

しかし、エースカツーン、あきらめていません。練習中に気になったマシンの部分を
地味に修正。あれこれ不満は言わず、でも出来ることはとことんやるって姿勢が
好印象なナイスガイ。(食べている姿はさらにナイスガイ)

決勝に向けてライダーローテーションを決める。

100分レースだから、単純に割ると33分×3人となるが・・・

「スタートライダーは私。私は33分は体力が持たないので20分で。
この20分で47秒台を狙います。もし47秒台が出せなかったら
最後にもう15分アタックのチャンスをください。」

と全く自分の都合しか考えないローテーションで、有無を言わせず決定です。

決勝に向けて、高まる気分を抑えるように、最後のマシンチェックを行う。

・ステムナットの締めなおし
・タイヤ(601ミディアム)エアチェック前後1.6KG
・キャブレター(PE22)インシュレーター交換(すぐに切れるので)
・ガソリン満タン
・プラグキャップ交換(緩みにくいCRF純正に)
・チェーン交換(伸びきっていました)
・カムチェーン調整
・各部増し締め

と、書き出すほどのことでもないごくごく当たり前のことをやっていると
ピットにお客様がたくさん訪ねてきてくれる。

「目標は47秒台!」
聞かれてもいないのに自ら宣言する私。そうやって自分を追い込む。
そうしないと逃げ出してしまいそうなので・・・

そしてようやく決勝開始の時間に・・・

PageTop

またもSUGOは・・・雨

大型連休の最後の日。
そんな大渋滞間違いなしな日に5時間かけてSUGOに行く私ってMっ気ありそうです。

で、Mな私に天気の神様がひどい仕打ちを・・・

雨です。
4回目のSUGOですがうち3回が雨。
雨なんて想像もしていませんでした。
傘もなし、合羽もなし。

「ウェット路面の練習」自分にそう言い聞かせて走り始めますが・・・
SUGO

4回転びました。かな~り凹みますね。

帰宅は午前2時・・・

それでも10月のSUGOのレースにエントリーする気の私ってやっぱりM?

PageTop

鈴鹿ミニモト4耐ST

9/18 鈴鹿ミニモトついに始まりました。
今日は特別スポーツ走行。
土曜決勝組、日曜決勝組、みなさん頑張っていましたね。
私も老体&徹夜で頑張りました~明日は土曜組いよいよ決勝。。。
頑張ってください!!
minimoto


9/19土曜決勝終了しました。
序盤は本当に激戦でしたね。見てて怖いくらい。
横5列縦4段で一気にシケインに入っていく映像は
怖いを通り越して笑うしかない光景でした。
そんななか私が加えてもらったチームの方が
なんとファステストラップを記録!
その後アクシデントでよい順位は得られませんでしたが
完走できました。
参加の皆さんは十分楽しめましたか?
また来年も存分に楽しんでいきましょう!
minimoto


9/20日曜決勝終了しまして千葉県のお店に戻って参りました。
昨日に引き続き今日も激しい戦いでした・・・ね。
今日も当店パーツユーザー様が多数参戦、皆さん活躍されていましたね。
minimoto


今回当店のミニモトユーザーサポートにあたりご協力いただきました
T・モトキッズの皆様、プロショップジンの皆様に感謝いたします。
minimoto


皆さんまた来年も頑張ってくださいね!

PageTop

9/13もてぎショートコース選手権Rd.4動画


【ライダー:DCR店長】


【ライダー:DCR店長】


【ライダー:DCR店長→SWエースカツーン】


【ライダー:SWエースカツーン】


【ライダー:SWエースカツーン】

PageTop

9/13もてぎショートコース選手権Rd.4

9月13日もてぎ北ショートコースにて選手権第4戦が開催されました。

この選手権には過去3戦参加しておりますがいずれもST仕様のマシン。

でも今回はDE耐レギュレーションマシンです。
そう6月に同コースで開催されたminimini耐久に出場したマシンです。

あの時はエンジンを作ってくれたスズカワークス店長と組んで出場したものの
終盤に私が転倒してTHE ENDでした。
そのリベンジの意味もあって、今回もスズカワークス店長
&チーム員エースカツーンとエントリーです。

6月のminimini耐久以降、エンジン、車体を見直しました。
と言って、高価なパーツが投入されたのではなく、
むしろノーマルパーツに戻すほうが多いくらいで、
基本に忠実なマシンになったといえます。

そのマシンのシェイクダウンを地元のサーキットで行ったところ
一気に0.8秒ものタイムアップ!

これならもて北で47秒台が出せるかも!

それ以降「もて北で47秒台!」が私の決意となりました。

もて北で47秒・・・もて北でトップチームはもう45秒台です。
47秒なんてまったく珍しくもないです。

でもわれわれのマシンを見た人なら47秒台の意味がわかってもらえると思います。

しかもその47秒台を出すのが私です。私のレベルはもう皆さんご存知ですよね。

速い人が速く走れるのは当然。

私レベルのライダーが47秒台を出せるマシン。
しかも高級パーツを使わずとても安価に、です。

スズカワークス店長曰く「速い人ばかりが活躍していたのでは面白くない。
みんなが活躍できるお手伝いをしたい。みんなが長くレース活動を出来るのが願い。」

そんなコンセプトを具現化したマシンで、私達は47秒台に挑戦しました・・・

PageTop

9/18~20鈴鹿ミニモト4耐STクラスユーザーサポート

いよいよ待ちに待った鈴鹿ミニモト4時間耐久レースSTクラス決勝が
今週末9月18日~20日に行われます。

当店は冬に開催された西コースの練習走行から皆勤賞で
ユーザーサポートを行ってまいりました!
(ユーザーサポートといいながら本人が一番楽しんじゃいましたが)

ようやく決戦の時を迎え、興奮がピークです!

今年も当店は18日の特スポからユーザーサポート実施~
バックステップのスペアパーツ他を持って行きます。
万が一の際にはご利用ください。
(出来るだけお役に立つことのないことを祈っておりますが)

さて私の居場所ですが
・金曜日18日・土曜日19日は41番ピットにいる予定です。
・日曜日20日は28番ピットにいる予定です。
・見当たらない場合は携帯までお電話ください(090-1046-3049かいだ)。

また当店製パーツをマシンに装着してレースに参加されるお客様は
下記項目をご連絡いただければご挨拶に伺いたいと思いますので
メールにてご連絡ください。info@direct-com-racing.jp

・お名前
・チーム名
・レースで使用する当店製パーツ(例:バックステップ、イージーラップ)
・決勝日(19日土曜日または20日日曜日)
・ゼッケンNo.
・ピットNo.

ではレース、思いっきり楽しんでください!!

PageTop

SUGO24耐その10

最年少大臣の走りのほうはといえば、私から見れば全く問題のない
スムースなライディングに見えます。しっかり伏せていて気合も感じられます。

が、ピットからは厳しい評価が!

タイムは指示通り走っているんですけどね
「アクセル開けすぎだ!」「ボードで知らせるか?」などと言われてます。

ま、これは彼に対する期待が大きいからなんでしょうね。

そんな期待にこたえるように徐々に走りのレベルも上がってきて
ピットの怒り(?)も安堵に変わりました。
スズカワークスのライダーはみなレベルが高いですね~

私も安心してチームパドック内で振舞われた夕食をいただきます。
スズカワークスはパドックもトップレベルで充実していて、
ほかほかの食事が食べたいだけ食べることが出来ました。
サーキットにいるとは思えませんね~

のんびりチーム員と談笑していると、
場内放送で「ゼッケン5番の代表者、コントロールタワーへ」と呼び出しあり。
あわててパドックからピットへ走って戻ると、後ろのライトが点いていないとのこと。

即座に予備のライトが用意され(このあたりの準備は本当に抜かりない)、
緊急ピットイン&ライト取り付け。
ついでにガス給油も行い(本当に無駄がないですね)、あっという間に再スタート。

やれやれ・・・と思ったら、新しく取り付けたライトが点いていない!やばい!
が、その瞬間にさっきまで点いていなかったライトが偶然にも復活!
これはラッキーです!
ま、まじめに地道にやっているチームへ神様が微笑んでくれたんでしょうね。

20:00 最年少大臣はその後も安定してラップを重ね1日目のゴール!

この時点で総合4位。トップからは12周差、3位とは2周差ですが
ガソリンは基準よりあまり気味。明日は飛ばしていける!
多少の余裕を感じながら1日目を終えたのでした。

PageTop

もて北お疲れ様でした

今日はもてぎ北ショートコース選手権第4戦が行われました。

朝はひどい霧&肌寒いくらいでしたが、午後からはピーカンで真夏に戻ったよう。

そんな中でしたが、当店のお客様も多数参戦され、
皆さん楽しんでいらっしゃいました。

DE耐クラスは2度もフルコースコーションとなってしまいましたが
お怪我をされた方の程度が軽いことをお祈りいいたします。

さあて来月にはもう第5戦が行われますよ!
エントリーが数日中に始まります。
全くゆっくりする時間はありませんが一緒に頑張りましょう!



PageTop

男になれず・・・

今日は地元京葉スピードランドで
今週末のレースに向けてペアを組むスズカワークス店長さんと練習・・・

の予定が、SW店長、整備中の負傷により急遽見学に変更。
(わざわざ来てくださいましてありがとうございました)

今度のもて北のレースで夢の?47秒台を目指す私としては
このホームコースの京葉スピードランドで自己ベストを更新し
34秒台を記録しておく必要があったのですが・・・

午前中のベストがまさかの36秒台後半・・・

あ~もう泣きたい

SW店長がサーキットにやってきて、愚痴を聞いてもらって
メンタル面の修正をしてもらい、何とか35秒2まで行くものの
とうとう34秒台は記録できないまま、 THE END。

あ~今日も男になれませんでした。

本当に情けないです・・・

PageTop

9/2 もてぎ4ストミニバイク走行会



9月2日にツインリンクもてぎ本コースにて行われたミニバイク走行会での1コマ。

私、ひとりで3本(3時間)走ってもうヘロヘロの状態での自己ベスト更新の2分56秒!
頑張りました!!

PageTop

SUGO24耐その9

20:00 チーム最年少大臣に交代です。

SUGO24

この時点で4位くらいでしょうか?しかし夜間走行帯にペースアップした♯1とは
8周以上の差が・・・あ~私がペースアップできなかったせいで、申し訳ありません。

最年少大臣は1日目のアンカーという重責をしょわされる以前に
料理長という別の任務も受け持っていて・・・

ヘルプできてくれていた方々に指示を出しているだけで
自分では全く料理をしていなかったのでは?という疑惑が
レース後に浮上しておりましたので、彼の名誉のために証拠写真を載せておきます。

SUGO24


PageTop

9/13もてぎショートコース選手権Rd..4ユーザーサポート

皆さんお元気ですか?夏バテ気味の私です。

来週9/13はツインリンクもてぎ北ショートコースで選手権第4戦が
行われます。
この選手権に今年当店はフル出場中。今度の第4戦も参加しますが
いつものSTマシンではなく、DE耐マシンです。
そう、6月のミニミニ耐久で3コーナーに散ったあのマシンです。

あの時にペアを組ませていただいたライダーさんからいろいろと
アドバイスを頂いて、マシンの仕様が少々変更になりました。

DE耐

DE耐

・エンジンは、ノーマルヘッド改をさらに煮詰めたVer2
・ビッグタンクをノーマルに戻して着座位置の適正化
・着座位置変更にあわせてハンドル・ステップの変更
・前後サスのセッティング変更

まあ、ここまで変えても常連のエントラントさんよりは
ノーマルに近いと思いますが、目標は大きく「目指せ47秒台!」
頑張ります!!

さて今回もバックステップ他スペアパーツを持っていきますので
万が一の際はご利用ください。
居場所は5番ピットか駐車場A-1かピット裏のフリースペースに
テント張っていると思います。見当たらない場合は携帯まで。
090-1046-3049(かいだ)です。

では皆さん頑張りましょう!!
(って、あと1週間もあるとまだまだテンション上がりませんけど・・・)

PageTop

SUGO24耐その8

18:00 そしていよいよ私の搭乗順です。

少し薄暗くなってきましたが、まだまだ照明なしでも十分に見える状況。

しかしよく見えません。

原因はコンタクト。

この日のために新調したのに・・・

瞬きするとその後5秒くらいは視界がクリアになりません。

私の場合サーキット走行時には、これでもか!というくらいに目を見開いたり、
激しい瞬きを繰り返したりするようで、これが原因でコンタクトがずれるんでしょうか?

やばい・・・

仕方なく、瞬きなしでコーナーに突入し、コーナー立ち上がり~次のコーナーまでに
瞬きをするという方法で視界を確保する。

燃費のためのアクセルワーク以前に、瞬きワークに気を使わないといけないとは・・・

しかしそんな瞬きワークにも30分位で慣れまして、指示された58秒程度に
ペースアップします。

だんだん暗くなってきたなあと感じ出してからは一瞬のうちに暗くなりました。

場内の備え付けの照明のほかに移動照明やランタンが
コーナーの内側に設置されたものの、コーナーの立ち上がり付近が
かなり暗い。7コーナーのアウト側では数回はみ出しそうになりました。
出来れば来年はもう少し明るくして欲しいかな~

この夜間走行時に58秒くらいのペースは速いほうらしく、
抜かれることはほとんどありません。唯一♯1のマシン以外は。

われわれのマシンはLEDのとても小さなライトなのだが
♯1のマシンのライトはとても明るい。
明るいライトが迫ってくると「あ、♯1が来たな」と分かるので対処
(抜かせやすい)がしやすい。
来年は明るいライトを積んで前車が道を明けてくれるようにしよう。

19:30 そろそろガス欠症状が出始めるはず。
症状が出た時にすぐにコックをONからRESに切り替えられるように
コックの位置を探す・・・ない・・・あれ、どこ・・・ない、ない、ない。

ストレートでタンク左下を覗き込むが・・・暗くて見えない。
仕方なく照明のあるところのコーナーリング中に再度覗き込むと
あった、あった。
手探りでコック位置を確認。よしよし。
その後2~3周短いストレートでも必ずコックを触るようにして
位置を体に覚えこませる。もう大丈夫だ。

そう思ったときに、一瞬ガス欠症状が!

来た!反射的にコックを切り替える。我ながら見事だ!

次のストレートでピットに「RESに切り替えたよ」サインを出して
翌週に「P OK」の返事をもらって、ガス給油のためのピットイン。

満タン指定で4.6L入りました。前回給油からの燃費は1.08L/H。
基準の1.25L/Hより低燃費です。
つまりまたまたガソリンを溜め込んでしまっています。

本当はこのあともう少しタイムアップしないといけなかったのですが・・・
ライダーの適応能力のなさがもろに出て、なかなかタイムアップできませんでした。

20:00 ライダー交代のサインが出て最年少大臣にバトンタッチ。たのむよ~。

PageTop

9/4ミニモトオープン練習会

昨日9月4日は鈴鹿サーキットでミニモトオープンクラスの練習日でした。

ミニモトオープンクラスには当店のお客様がパーツ(ネタ)開発のために
当店のマシン+エンジンを使って参戦していただけることになっているのです。

ミニモト

といっても、もともとレーサーバイクになっているNSF100がベースのなので
パーツの開発ネタがありません。
当店の独自パーツはバックステップとリストレクタくらいでしょうか?
ぱっと見ではNSFノーマルに見えてしまいます。

そんなマシンで2分58秒台出しちゃうんですから、速い人は速い!ですね。

10月の本戦にライダーとして急遽参加することになった私も乗ってみましたが・・・

 怖い怖い

3分11秒という強烈に遅いタイムで撃沈して帰ってまいりました。


PageTop

9/2もてぎ

もてぎ
10:00
ただいまもてぎに来ております。
どんより曇っておりまして雨が降って来てもおかしくないくらいですが
何とか持ちこたえております。
55~56台しか参加者がいないのでピットは閑散としていて・・・
一人で来ている今日は寂しささえ感じます。

11:30
ブリーフィングが終わりピットに戻るとお客様がマシンを見に来てくれる。
パーツに関しての質問を受けたり、逆チェンジ変更キットのテストを
してもらえることになったりで、一人ぼっちの孤独感が少し解消されてうれしい。
その後ピットをうろうろしていたら「ダイレクトドットコムレーシングさんですよね?」と
お声掛けいただき、その方としばしお話させてもらう。
サーキットに来るとお客様の存在をより実感できるが何よりうれしい。

12:45
ようやく1本目の走行開始。
DE耐以来のもてぎフルコース。コーナーリングスピードを高くすべく頑張る。
2分57秒の自己ベストがでる。スズカワークスのノーマルヘッド改は速い!

14:15
2本目はキャブとサスのセッティング変更。
サスはうまくいったがキャブはう~ん、パンチがなくなったかな?

15:30
3本目はキャブの再変更。こっちのほうが体感ではよいがプラグは真っ黒。
でも自己ベスト更新の2分56秒。

でもライダー、全然イケテマセン。体内の血を全部入れ替えて生まれ変わりたい気分・・・

走行後、逆チェンジキットをテストしてくれたお客様がわざわざピットまで来てくれた。
テスト品は問題なしとのこと。よかった、よかった。

まあ今日は1日まずまずの成果だったんでしょうか?
今日サーキットに来ている間に注文がたくさん入っている模様。
これから帰ってパーツの製造です。
1日3時間走って、3時間かけて帰って、パーツの製造はもう体に来ますね。

で、その次の日は鈴鹿遠征らしいです・・・

PageTop

9/2ツインリンクもてぎ4ストミニバイク走行会ユーザーサポート

明日9月2日はツインリンクもてぎ本コースで
4ストミニバイク走行会が行われます。

11月に開催されるHRCファン感謝デーのレース参加者や
来年のDE耐参加者向けの練習会となっております。

例によってバックステップ他パーツを持っていきますので
現場でお困りの際はお申し付けください。

ゼッケンは11(多分)、ピットは分かりません(当日空いているところに入れるので)。
こんな情報ではきっと見当たらないと思いますので携帯までどうぞ。
090-1046-3049(かいだ)です。

でも明日は私一人でずっ~と走っているかもしれませんので
電話にも出れないかもしれません。
ぜひ皆さんあらかじめ居場所を突き止めておいてくださいね。

PageTop