FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

SUGO24耐その7

SUGO24

第2ライダーはエースカツーン。第1ライダーが節約したガソリンを使って
タイムアップするのかと思いきや、ここでも燃費走行を継続。
58秒までのタイムでさらにガソリンを溜め込む作戦の模様。
なんてったって、次からはこの24耐初参加のライダーが続きますからね。
そこでガソリンを無駄に使ってしまうことをある程度想定してるわけです。

15:15 ガソリンタンクのコックはONのまま走っていたエースカツーンに
ついにガス欠の症状が現れ、ピットイン&ガス給油。
満タンを指定して4.6L入りました。

ここで燃費の再確認。4.6L/4.75H=0.96L/Hとタイムとの関係では
およそ想定通り。でももう少しタイムアップしても良かったか?

さてエースカツーン、本来は今日の最後も第6ライダーとして1時間30分ほど
走行予定だったのですが、第1ライダーのSW店長が予定より40分も長く走ったので、
エースカツーンも4~50分延長すれば最後の走行は不要となる、との判断で
2時間50分の走行に切り替える。
しかしスズカワークスの面々は全く疲れ知らずですね。

16:00 5~6位あたりで第3ライダーのSumi氏にチェンジ。

SUGO24

24耐初参加のSumi氏。事前の練習には参加できず、
レース前日も本番マシンには15分程度乗っただけという
ハンデありありの状態です。

しかもこれまでちょっとだけ燃費走行しすぎた感があったので、
第1、2ライダーより速いペースの58秒台の指示が出され
ちょっとプレッシャーが増す中で18:00までの走行スタート!

走行中にライトONのボードが出される可能性を考えて
ライトのスイッチをONにして走行開始。
序盤ガソリンを節約しながらのタイムアップにちょっとてこずっていた
感じだったものの徐々にタイムアップして最後には指示タイム付近まで
ペースをあげてました。

スポンサーサイト

PageTop

SUGO24耐その6

10:30 いよいよレーススタート。1日目は夜20:00までの11時間30分間のレースです。

SUGO24

最近はエンジンをかけた状態のルマン式のスタートが多いですが、
このレースは駈け寄ったライダー自身がエンジンをその場でかけてスタートとなります。

いつもスタートライダーという、スズカワークス(SW)店長、
私のようにけつまずくでもなく、エンジン始動に手間取るでもなく
あっけなく無難なスタートを切ります。

予定では1.1L/Hペースとなる58~59秒で2時間のスティントです。

最初の数分、55秒あたりで飛ばす他車に抜かれてしまいますが、
SW店長、全くあわてません。じっと1分00~02秒あたりのペースで周回します。

そのうち周りのペースも落ちてきて、ペースをキープしているSW店長は
徐々に順位を上げます。
しかし予定の58~59秒よりは少し遅いタイムです。どうしたSW店長。疲れたのか?
(歳には勝てません)

そろそろ終了時間というころ残り時間をサインボードで出すと
「もっと走る!」の合図が返ってくる!

あと10分延長のサインボードを出すと「いや、もっともっと」の合図。

じゃあと、「30分延長」のボードを出すスズカワークスチーム員。

SW店長、首を振るかと思いきやOKの合図。
ペースが少し遅いのは疲れていたわけではなかったのか~。
しかし1人でこんなに長く走っているチームはあるんだろうか?

ほとんどのチームはこれまでにライダー交代やガス給油を行っていることもあって
順位がぽんぽん上がっていく。トップから5周遅れの6~7位だ。

13:10、2時間40分の超ロングスティントを走って、
第1ライダーのSW店長、ライダー交代のためにピットイン。
第2ライダーのエースカツーンにバトンタッチ。

SW店長のコメント:58~59秒で走ろうとすると、
アクセルを開けないといけない箇所が2個増えてしまうので
まずは燃費を優先してペースを上げなかったとのこと。

ウ~ン、さすがですね。私ならアクセル開けちゃいましたね、きっと。
こういった戦い方ができるかどうかが、このレースのポイントなんでしょうね。

PageTop

9月の予定

9月の当店の走行予定です。ぜひ一緒に走りに行きましょう!

9月2日 ツインリンクもてぎ本コース4ストミニバイク走行会(ユーザーサポートあり)
9月4日 鈴鹿サーキット ミニモトOPEN練習会(急遽走ります)
9月8日 ツインリンクもてぎ北ショートコース練習(9/13のレースに向けて)
9月9日 京葉スピードランド練習(9/13のレースに向けて)
9月13日 ツインリンクもてぎショートコース選手権Rd.4(ユーザーサポートあり)
9月18~20日 鈴鹿サーキット ミニモトST決勝(ユーザーサポートあり)
9月29日 筑波サーキット2000 耐久茶屋練習会(ユーザーサポートあり)

9月もイヤになるくらい走行回数が多いですな(笑)。
走行回数よりももてぎや鈴鹿といった遠征が体にこたえるんです。
もういい歳なので夜通しのロングドライブ→ハードライディング→ロングドライブは
サーキット走行より危険かもしれませんね。

まあ愚痴っても仕方がありません。精一杯楽しみます~

PageTop

SUGO24耐その5

レース前日はしっかり疲れを取るためにサーキット近くの谷山温泉に宿泊。

SUGO

ここで明日の朝の作業やレースでのライダーローテーションなどが通達される。
私は6スティント中の4番目の予定。ライトオン前の騎乗予定です。

さらにSW店長より「燃費対策としてカムを変更しようと思うがどう思うか?」と提案あり。
現状のままでは厳しいので少しでも燃費が改善するなら私はトライしたいとお願いしました。
どうせカム交換作業はSW店長がやってくれると言うし

翌日レース当日は5:30宿を出発し、サーキットへ向かいます。

車検前にタイヤ交換、オイル交換、スプロケガード取り付けに、ライトのチェック・・・
SUGO24
カム交換等の責任重大な作業はSW店長に押し付け
私は低レベルなメンテを時間をかけて実施してるふり

続いてライダースミーティング。
SUGO24

ここで衝撃の新事実発覚!

我がチームはロスタイムをできるだけ減らすために給油のタイミングでライダー交代する
ことにしていたのだが、なんとこれを同時に行ってはいけないとのこと。(いつ決まったんだ!)
これで給油とライダー交代を別々に考えてもロスは増えないわけで、
ある意味単純になってしまって、良いのか悪いのか・・・

なんてことを考えていたら、レース前のフリー走行の1番手に急遽指名され・・・
最初の30分で燃費を再度確認しようということになり、1分00秒~02秒あたりで周回し0.9L/H。
劇的には改善していませんがカム交換のおかげで少しの上乗せはあったかもしれません。

フリー走行残り15分は「予選時間」。この時間帯のラップタイム順にグリッドが決まります。

が、担当のSW店長は無用なアタックはせず、レース本番での燃費を考えた走行のリハーサルに
終始した模様。58.7秒で15位スタートとなりました。

ここでタンク内をいったん空にしてスタート前車検を受けてから決勝用のガス給油。
まずは満タンの5.8L。いよいよレースが始まりますよ~

PageTop

特注キャリパーガード

キャリパーガード
当店で販売しているフロントブレーキのキャリパーガード。
これまでは当店のロゴ「DC」を彫ったものでしたが、これは縁起が悪い(笑)ということで
お客様のチーム名を彫ったタイプの特別注文をいただきました。
キャリパーガード
チーム名の頭文字を取って・・・「も」です。
今回5セットまとめて注文いただきましたのとデザインが比較的簡単でしたので
「DC」ロゴタイプと同じ@4200円/セットでご提供できました。
特注品のご依頼はメールで受け付けています→info@direct-com-racing.jp

PageTop

SUGO24耐その4

レース前日のスポーツ走行。13:00~17:00の4時間の走行枠があります。

まずは全開走行でコースへの勘取り戻し。チームのエースが52秒台のところ私56秒台(汗)。

2本目はスプロケのリセッティングをして、燃費も測定。
1本目よりショートに振って走りやすくなってエースが52秒台で巡航。燃費は1.5L/H。
つまりこの52秒台のペースではガソリンが持たないということ。
ま、これは想定内。

3本目は基準の1.2L/Hで走行できるタイムを探る一番重要な作業。
さらにスプロケセッティングを施して、かなりのハーフスロットルを多用し、
じれったい&我慢の走りで1.2L/Hを目指しますが
出た答えは・・・56秒台平均で1.4L/H(悲)

う~ん、厳しい。
もう走行時間も残り少なくなってきているというのに1.2L/Hが見えない・・・

ということで、エースが極端にタイムを落として58~59秒で巡航。
ここでようやく1.1L/Hが出ました。

当初は55~56秒くらいで周回してもガソリンが持つと予想(希望的)していましたが
予想以上に燃費悪いです。

何が悪い?今からでも何かできないか?SW店長必死に考えて作業してます。
SUGO24
(↑必死に作業するSW店長と対照的にのんきな陽気なライダーたちの図)

が、時間切れ・・・。もう最終枠です。

最後の枠では他のライダーにも乗ってもらってマシン&コース習得。

これにてレース前日の走行は終了。
明日のレース直前にも練習走行がありますが、ちょっと時間が足りませんね。
SUGO西コースでの事前のテスト走行が2回とも雨にたたられたのが痛かったか・・・

PageTop

9/2はもてぎにぜひ!

来週9月2日はもてぎ本コースで4ストミニバイク走行会です。
11月に開催されるHRCファン感謝デーのレースや
来年のDE耐に向けての練習走行会としての開催です。

が、定員150台に対して、現在48台の応募だそうです(悲)

当日参加受付も可ということですので、9月2日はもてぎへGO!しましょう。

PageTop

SUGO24耐その3

SUGO24耐のレギュレーションで特徴的なのは、
ガソリン25Lという燃料制限だけでなく、

 タイヤは1セットのみ

ということ。

このことが燃料制限とあいまってラップタイムペースを抑制しています。

しかしいったいどれくらいのタイムならタイヤが持つのか・・・

燃費は30分も走れば計測できるが、タイヤの耐久性は相当な時間走らないと
分かりません。しかも路面温度が違ってしまうと、きっと結果も違ってしまうだろうし。

さらに
ガソリンもタイヤも、同じタイムで走ってもライダーが違えば持ちも違うでしょうね。

ということは、
各ライダー毎にタイムごとの燃費・タイヤの消耗の程度をデータとして把握しておくことが
とても重要!

ま、そこまでやっているチームがあったのかどうかは知りません。多分無いでしょう。
そんなぴりぴりした感じじゃないですものね。みんな楽しくやっている感じでしたから。

我がスズカワークスチームは、事前に2回SUGOでテスト走行したのですが、
いずれも雨にたたられ(私じゃありませんよ、雨男は!)、ガソリン・タイヤとも
十分なデータを得られないまま、レース前日のスポーツ走行を迎えたのでした。

PageTop

SUGO24耐その2

スズカワークスさんに入れられて加えていただいて、
ライダーとして参加することとなった2009年SUGO24耐。

去年までは

実走時間15時間で使えるガソリンは16L+ゲームで数リットル獲得可能

だったのが、今年は

実走時間20時間、使えるガソリンは25L(ゲームはなし)

と変わりました。
おまけにコースレイアウトも大きく変わって、昨年までのデータが活かせなくなりました。

単純に計算すると

25L/20時間=1.25L/H・・・1時間当たり1.25リットルガソリンを使えます。

しかしガソリンタンク内に残ってしまって使えないガソリンが0.5L程度あることや
多少の安全マージンを考えると24Lくらいで計算しておきたい。

24L/20時間=1.2L/H・・・1時間当たり1.2リットルになります。

と、計算の結果だけ聞いていても実感がわかないので、7月にテスト走行に行ってきました。
SUGO

コースになれたころアタックしてみたら51.0秒が出て、これはまずまずのタイムらしい。
が、喜びながら燃費を計ったら・・・2.2L/H

これじゃあ12時間も持たないじゃん。。。。ああ~~~

アクセルをガバ開けしない丁寧なスロットル操作はもちろんのこと
全開にしないハーフアクセル、かつ一度乗ったスピードを殺さない高い
コーナーリングスピードでどこまで燃費を改善できるのか?

意外とマニアックなレースなのかも知れませんね、SUGO24耐って。

PageTop

SUGO24耐その1

2009 ライディングスポーツ 24hours Enjoyment in Race(以下SUGO24耐と略)

2003年に始まったこのSUGO24耐、今年で6回目・・・とのこと。

実は私、このレースのこと、知りませんでした。
だってバイク雑誌やネットでもあまり取り上げられていないじゃないですか。
もてぎのDE耐や鈴鹿のミニモトのことは自然と情報が伝わってきますけど。

このレースのことを初めて知ったのは2年前、当店のお客様でもある
バイクショップのスズカワークス(SW)の店長さんから誘われて、です。

「絶対に面白いですからぜひ参加してください」とSW店長。

その場では「検討します」と答えたものの、

SUGO遠いしなあ~、24時間走るんならメンバーたくさんいないといけないしなあ~と
私自身は消極的。で、軽く親しい人に打診したがやはりNGで、結局、お断り。

それを一昨年、去年と繰り返し、今年も同じパターンでお断りになるのかと思っていたら

「もしメンバーがいないならうちのチームで走ってもらいます。逃がしませんよ」とSW店長。

ということで、今年のSUGO24耐にライダーとして参加することが強制的に決まったのでした。





PageTop

SUGO24時間耐久お疲れ様でした

SUGO24
8月22日・23日はSUGO西コースで24時間耐久レースでした。

今回このレースの常連のスズカワークスさんに加えてもらって
参加させていただきましたが・・・

 面白い!

 楽しい!

 私でも勝てちゃいそう!?

 でも実際にはキツイし奥が深くて難しい!

そう感じました。

現状ではあまり知名度が高いとはいえないレースですが、
ぜひ皆さんにこのレースのことをもっと知っていただきたいので
後日レースのレポート記事を書きたいと思います。

今回参加のエントラントの皆様、お疲れ様でした。
主催の皆様、ありがとうございました。

PageTop

8/22・23SUGO24時間耐久レースユーザーサポート

8月22日・23日はSUGO西コースで24時間耐久レースが行われます。

今回私はスズカワークスさんに混ぜてもらって走らせてもらうことになっております。

例によってバックステップ他パーツを持っていきますので
現場でお困りの際はお申し付けください。

♯4、♯5がスズカワークスさんのゼッケンです。
スズカワークスさんの中で最高齢なので(笑)、すぐに見つけられると思いますが
もし見当たらない場合は携帯までご連絡ください。
090-1046-3049(かいだ)です。

参加の皆さん、今回は天気が良いです!(多分)
へろへろになるまで走りましょう~~~

PageTop

8/20はもて北第4戦エントリー開始日

8/20はもてぎショートコース選手権第4戦のエントリー初日です。

今年参戦しているDE耐クラス。
昨年までは初日に定員一杯になってしまっていました。
そのため期日指定郵便で初日に届くように送ってましたが
今年は景気の影響か、第2~3戦は満員になっていないようですね。
9/13の第4戦はどうなるでしょうか?盛況になることを祈ってます。

レースのエントリーといえば、鈴鹿ミニモト4耐STクラスは240台の定員分が
わずか2時間ほどで満員になってしまったとか。
まだまだ盛況なレースもあるんですね。

盛況なレースとそうでないレースとの違いはいったい何なのでしょうね。

PageTop

鈴鹿ミニモトST走行会

minimoto
8月13日は鈴鹿でミニモト4耐のSTクラスの走行会が行われました。

当初ユーザー様サポートだけのつもりだったのですが、急遽走ることになり・・・

チームベストから10秒落ちの3分35秒がベストでした・・・ああ~~

エンジンもOHして良く回るようになり、マフラーも改良してさらに良くなっていて
チームベストは5秒アップ!しかし私は横ばい。なんかとっても悲しい。

しかし今回は地震による東名・不通やお盆の渋滞によって、かなりひどい行程を
強いられるのかと思っていましたが、行きも帰りもまあ想定内でした。
それでも当店千葉からですと十分遠いですけどね。

運転手に徹してくれたSさんとS浦さんに感謝!おかげで楽できました。
ありがとうございました。

参加されたユーザー様、皆さんお疲れ様でした。
いよいよ決戦ですね、しっかり準備して本戦に挑みましょう~!

PageTop

8/13鈴鹿mini-motoST走行会ユーザーサポート

あさって8月13日は鈴鹿サーキットで開催されるミニモト4耐STクラスの練習会です。
本番までの最後の走行会ですよね。ぜひ皆さん頑張りましょう!

例によってバックステップ他のパーツを持って
ユーザー様サポートをする予定ですので
現地でお困りの場合はお声掛けください。

当方ピットは26番です。

もしピットに見当たらない場合は近辺をうろついていると思いますので
携帯までご連絡ください。090-1046-3049(かいだ)です。

ただ今回問題なのが東名が一部不通になっていること。
中央道に迂回すれば良いとは思うのですが
お盆初日の13日と重なるので、どれほどの渋滞になるのか・・・
全く読めません。

もっとも早く出発すればいいのですが、高速道路の割引1000円は13日になってからだし・・・

あ~どうしよう~~~


PageTop

SUGOはいつも雨

SUGO
昨日はSUGO西コースで24時間耐久レースに向けた練習。
今回混ぜてもらうことになったスズカワークスさんと一緒です。

ご覧の通り、大雨です。7月に行った時も雨でした。

2週間後の24時間耐久レースのために準備した大型テントが雨の重みで・・・

天幕にたまる雨水を処理するのにスズカワークス店長さんは忙殺されてました。

本番では晴れて欲しいです~~~~

PageTop

早くもDE耐練習会開催!

DE耐
今日もてぎから封書が届きました。
何だろうと開けてみたら、
2010年DE耐に向けての走行会のご案内でした。はやっ!

開催日は9月2日。

2009年DE耐に向けての第1回の走行会は2009年の1月でした。
本戦まであと4ヶ月という時期。

今回9月に1回目の走行会があるってことは、その4ヵ月後で・・・

2010年DE耐は1月の開催ですね、きっと(笑)。

こんなに早く走行会があるとは思っていなかったので
来年の参加方針やメンバーがまったく決まってません。

でも、もう申込のFAX送っちゃいましたけどね。
まあ何とかなるでしょ。

PageTop

重要なセッティング

コンタクト
今日は重要なセッティングパーツを購入しました。

「コンタクトレンズ」です!

これまでは

普段の練習では裸眼
重要なレースではコンタクト

でした。

しかし私のコンタクト、10数年前に作ったものでもう視力が合いません。
おまけに当時やろうとしていたゴルフ用として作ったので
かなり遠くの視力を重視していました。

おかげで手元は全く見えず、何度ジェット類の番手を間違えたことか。

数週間後にSUGO西コース24時間耐久レースに参加することもあり
コンタクトを作り直した次第です。なんせ夜間走行もありえますからね。

これで手元もばっちり。遠くもばっちり。
多分どのコースでも1秒くらい速く走れると思います(笑)。

PageTop

雨練

今日は京葉スピードランド。
自宅を出た時は晴れていましたが、コースに着いたら雨です。
過去の私なら速攻退散でしたが、今の私は雨でも走りますぜ。

ま、走ってはいるんですが、ぜんぜん攻めないのでスキルは上がりません。

苦手の雨克服のための練習ですから、こけてもいいんですけどね。
でもそれができないんですよ。

タイムは少しずつ上がるんですが、それは上達したんじゃなくて
雨が小降りになったからだったり・・・

聞けば、京葉スピードランドは雨でも膝擦れるとか。
膝どころか、無理やり出したつま先すら擦れませんでした。あ~~~~

最後に路面が乾いてきたところで、京葉スピードランドマイスターのTさまに
うちのマシンに試乗してもらいました。
どうでしたか、極太タイヤは?

PageTop

エイプ:ミニサーキット・17インチ仕様

エイプ

エイプ:ミニサーキット・17インチ仕様です。
SUGO西コース24時間耐久レースを念頭に入れた仕様です。

DE耐のような給油停止時間のあるレースでは
NS50などのビッグタンクを装着したいですが、
停止時間がないのなら5.6LのノーマルタンクでOK。
ただしノーマルタンクだとニーグリップできないので
「スズカワークス」製のタンクカバーを取り付けました。
ついでにシートカウルもスズカワークスさんのです。

アップハンドルに当店製145mmバック/90mmアップバックステップで
ライディングポジションはばっちりです。(もう少しハンドルが低くてもOKですけど)

マフラーは当店ではこれしか使いたくない!の「Run R&D」製。
ミニサーキットではどうしても回転が落ちがちですが、
そこからモリモリ立ち上がります。

17インチタイヤはBT39SS。
上の画像では大きいサーキット用にF100、R120というかなり太いタイヤを履いていますが
ミニサーキットならF90、R100というのが定番ではないでしょうか。
17インチはウェットグリップなら12インチより有利といわれていますが
ドライ限定男の私はどちらでも転びます(笑)。

あとはこれにどんなキャブを付けるかです。
燃費重視のPD22?すでにセッティングの出ているPE22?
ホームランか三振のCR-mini?いっそノーマルキャブ?


PageTop

ベースマシン:エイプ

エイプ
当店のエイプ100です。

NS-1のFフォークでFディスク化、XR100MのスイングアームでRディスク化してあります。

これをベースとしていろいろな仕様に変化します。

タンクはノーマル・ノーマル+タンクカバー・NS50の3パターンがあります。
燃料制限のあるなしやシートポジションを考慮してそのレース&コースに適したタンクを使用します。

ホイールは12インチはもちろん、専用のホイールカラーを使って17インチタイヤもポン付けできます。
この画像では、F100、R120のワンサイズオーバーの太い17インチをはいていて
まるでダートトラッカーのようですね。

これからタンクカバーとシートカウルをつけて、ミニサーキットの17インチ仕様に
変身させます。出来上がったらまたUPしますね。

PageTop

アドバイスありがとうございます

先日のレースでエンジンのハンガーボルトが折れたと
HPに書いたらお客様数名からアドバイスいただきました。
エンジンとハンガー(フレーム)の隙間が大きすぎると
ナットが緩んだりボルとが折れたりするんだと。

計ってみたら3mmも隙間がありましたので
早速シムを入れて対処しました。

しかし私は幸せ者ですね。
お客様からいろいろ教えてもらってばかりです。

つい先日も、苦労しているCR-miniのキャブセッティングに関して
アドバイスをもらいました。
購入時についているジェットの番手からかなり離れた番手を使用する
ということでしたが、試してみたら、あらま、難なく走れました。
こちらはもう少しいろいろ試してみてから皆さんにもご報告したいと思います。

バイクのパーツを作っていると、
バイクのメカニズムや走りの理論に詳しいと思われたりしますが
私の場合は当てはまりません。単なるレース好きなだけです。
まだまだ知らないことばかりですし、走っても速くありませんしね。

ということで、今後とも皆様アドバイスよろしくお願いします。

PageTop