ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

リアサスに苦悩する日々www

苦悩と言うほど苦しんでいないし、悩むほどの脳みそもない、けれども、あれこれやっています。

だっていい感じにならないんですものwww

では、その「いい感じ」とは何そや?と訊かれると答えられないのが、問題の始まりなのかもしれない。


まずGROMで、いまさらながら計測。
P1100904.jpg

GROM用HALスプリング、また購入w
P1100905.jpg

フルストローク時はこうなっているんですね~初めて見ました
P1100906.jpg

次にZ125。ようやく入荷した純正サス。ダンパーは効いてないけど、今つけているものよりスムーズな気がします。
P1100907.jpg

そしてZ125もいまさらながら計測
P1100909.jpg

バンプラバーを切ります。割れ目がないタイプなので、ダンパーについた状態で切るしかないです
P1100910.jpg

ロッドに傷をつけないように切ることなんて可能なのでしょうか?
P1100912.jpg

何とか切れたら割れ目を入れて外します
P1100913.jpg

フルストロークでスプリングシートがダンパーボディに当たらないことを確認
P1100914.jpg

で、社外バネをあれこれ付けてみて、最後にノーマルスプリングを装着。う~ん、これが一番な気がしてきた(手押しでは)w
P1100915.jpg

最後にXRモタード。シフトアップN-1サスにHALスプリング1200ポンド+イニシャル掛け目。なかなか良さそう(手押しでは)。
P1100916.jpg

で、今日やったことをグラフにしてみた。う~ん、意外w
20180128.jpg











スポンサーサイト

PageTop

Z125のRサス追求作業

Z125PRO。エンジンは速いんですが、車体が。。。前後サスペンションが。。。

フロントは後回しにして、Rサスペンションを追求しております。

Rサスペンションといっても、出ているレースのレギュレーションで、ダンパー本体はいじれないので、スプリングくらいしかやれることがありません。

今日も3種類のスプリングを茂原ツインサーキットでテストしてきました。
DSC_2698[1]

ここ1ヶ月、XR100モタードに乗っていて、ようやく乗りなれてタイムも上がっていたのですが、Z125に乗り換えです。
ああ~、いつもこのパターンだ。2月にはまたXRモタードに戻るのですが、その時はまたタイムが落ちていることでしょう。残念です。同じマシーンで1年通してみたいですw

で、テストの方は、3種類のスプリングそれぞれでイニシャル小と大の合計6セッション。どのスプリングもあまり変わりませんね。。。レートを大外ししているのか、Rサス以外に問題があるのか?
一番硬いスプリングでイニシャルをたくさん掛けた時に唯一「おお!」という良い感触があったのですが、なぜかタイヤが滑りまくる。。。
良い感触だとタイヤが滑る・・・どうしたらいいんですかね?www

まあ年明けもめげずに頑張ります。Z125ファンのために!(いるのかな?)

DSC_2701[1]
↑この写真は今日一日の練習でブレーキ・クラッチレバーがこの位置になりましたよという報告です。

PageTop

キャブ

今日はいろいろやらなければならないことがあったのですが。。。

一番優先順位が高いものが、手の届かない位置にあったので、すぐに手の届くところにあったXRモタードのキャブセッティングからはじめました。
P1090941.jpg

このXR号についているキャブが、PM22。
P1090942.jpg

PE22にヨシムラMJNを取り付けた、オリジナルキャブです。

サーキットでは普通に走るのですが。。。ジムカーナのようにエンジン回転数がかなり低く落ちてしまった後のアクセル急開にまったくついてきません。

MJNのせいかな~と思い、本来のニードルに変更してみようと思ったのですが、本来のニードルは見当たらず・・・

あるのはPD22のニードルが5種類。ニードルジェットが2種類。。。
P1090943.jpg

いろいろ、本当にいろいろやってみましたが、3000rpm以下からのアクセル急開にはついてきませんでした。

キャブってこうでしたっけ?それともPE22がこういう傾向でしたっけ?

まあそれならそれで、ファイナルをショートにしてエンジン回転数を上げるだけですけどね。

もうすっかりキャブはお手上げですwww

で、何の成果もなく散らかした状況を見て
P1090944.jpg

本来やるべき作業に取り掛かる気力が。。。まあ明日できる作業は明日やればいいですよねwww

PageTop

16日は京葉スピードランド

16日は京葉スピードランドの予定。

DCRビギナーズメンバーのGROMを0.5秒アップ作戦です。

そこそこ走り込んだサーキットのタイムを0.5秒上げるのは至難の業ですが、サブコン無しのノーマルECUのままで0.5秒のアップは更に困難を極めます。

が、そこはGROMを知り尽くしたDCR!(本当か?)

やってやろうじゃないか!

ということで、用意したのは

P1070862.jpg



P1070863.jpg

です。

お天気が良いといいな~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

FSWのファイナルを考える

ファイナルセッティング、苦手です。どのように詰めていったらよいのか未だに分かりません。

8月11日、富士スピードウェイのミニろく走行会に参加するので、そのファイナルを考えています。

私の場合は、とりあえずそのコースでそのマシンで出るだろう最高速あたりにトップギヤのパワーバンド後半を当てはめてセッティングをスタートすることが多いのですが、7月上旬のFSWMAXZONEでは140Km/h・5速11000rpmとの想定が甘かったか、なんとGROMより遅い最高速しか出なかった。

4月MAXZONEでは130Km/hをオーバーしていたので、7月はWETというコンディションがすべての原因だったのかもしれないが、ファイナルが合っていないのかも?とも思い始めています。

FSWのメインストレートは非常に長いことで有名で、それだけ長いなら最高速もめちゃ出るに違いない!と思われがちですが、さほどでもありません。メインストレートは上っているかららしいです。
ネット検索したら高低グラフを載せている方がいたので見てみたら、う~ん上ってはいないみたい。ストレートの最後が下っているからそう感じるのかな?
20150804.jpg

上っていないのにスピードが上がらないのは、空気抵抗のせいでしょう。空気抵抗がMAXになるタイミングで、減速比の小さなトップギヤに入ってしまうのが原因なのかな~

ってことで、8月11日は吹け切り上等で、ショートにしていこうと思います。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop