ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

16日は京葉スピードランド

16日は京葉スピードランドの予定。

DCRビギナーズメンバーのGROMを0.5秒アップ作戦です。

そこそこ走り込んだサーキットのタイムを0.5秒上げるのは至難の業ですが、サブコン無しのノーマルECUのままで0.5秒のアップは更に困難を極めます。

が、そこはGROMを知り尽くしたDCR!(本当か?)

やってやろうじゃないか!

ということで、用意したのは

P1070862.jpg



P1070863.jpg

です。

お天気が良いといいな~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

スポンサーサイト

PageTop

FSWのファイナルを考える

ファイナルセッティング、苦手です。どのように詰めていったらよいのか未だに分かりません。

8月11日、富士スピードウェイのミニろく走行会に参加するので、そのファイナルを考えています。

私の場合は、とりあえずそのコースでそのマシンで出るだろう最高速あたりにトップギヤのパワーバンド後半を当てはめてセッティングをスタートすることが多いのですが、7月上旬のFSWMAXZONEでは140Km/h・5速11000rpmとの想定が甘かったか、なんとGROMより遅い最高速しか出なかった。

4月MAXZONEでは130Km/hをオーバーしていたので、7月はWETというコンディションがすべての原因だったのかもしれないが、ファイナルが合っていないのかも?とも思い始めています。

FSWのメインストレートは非常に長いことで有名で、それだけ長いなら最高速もめちゃ出るに違いない!と思われがちですが、さほどでもありません。メインストレートは上っているかららしいです。
ネット検索したら高低グラフを載せている方がいたので見てみたら、う~ん上ってはいないみたい。ストレートの最後が下っているからそう感じるのかな?
20150804.jpg

上っていないのにスピードが上がらないのは、空気抵抗のせいでしょう。空気抵抗がMAXになるタイミングで、減速比の小さなトップギヤに入ってしまうのが原因なのかな~

ってことで、8月11日は吹け切り上等で、ショートにしていこうと思います。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

明日はTC1000

明日はTC1000でGROMインジェクターのセッティングです。まあセッティングというほど緻密な作業は無いと思います。でたらめに燃調MAPを切り替えてみる感じです。

フロントのスプロケを14Tにしてみました。
P1040818.jpg

これまでFSWミニろくも含めてずっとノーマル15Tで走っていたのですが、FSWミニろくとTC1000が同じはずは無いと思うんですよね~。ということでとりあえずショート方向に変更してみました。

ということで、5月のモトピクニック以来のTC1000ですが、楽しく走りたいと思います~。皆様、よろしく、です。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

GROMをとりあえず濃くする

これまでGROMには燃調を濃くする方向のマップを作って読み込ませていたのですが、サブコンの限界まで濃くしているのですがもっと濃くしたいわけです。なんならちゃんと走らないくらい濃くなってくれてOKです。

ということで、PCX150用のインジェクターを買ってみました。他車純正品の流用です。
P1040680_20140827170055223.jpg

各車のインジェクターの吐出量が分れば良かったのですが、GROM純正の吐出量も分らないので、どの車種のものが使えそうか、見当も付きません。

とりあえず、GROMより排気量の大きいバイクから選んだのがPCX150でした。
ノズル部分やカプラーの形状が違うと流用できなかったのですが、幸いにも届いたPCX150用はGROMと同じ形状でした。
P1040713_2014083116182024e.jpg

違うのは識別のための?マーキングの色ぐらいか?GROMは白、PCX150は緑。
ガソリンを噴出する穴の数も両方とも6個で同じだ。穴の大きさも違いがあるように見えない。

付け替え作業はめちゃかんたん。5分くらいか?
P1040710_20140831161816960.jpg
ECUを一旦初期化しておいて、エンジン始動。
P1040714_20140831161837754.jpg


O2メーターがめちゃ濃い数字を表示してくれるとうれしかったのですが、相変わらず16台(かなり薄い)です。
(このO2メーター。。。信用していいのか?)
でもレーシングしてみると、回転上昇が重く、6000rpmあたりで少しばらつきますので、実際には濃くなっているのかもしれません。

サブコンで薄くする方向のマップを作って書き込んでみると、ばらつきなく吹け上がるようになった。上手く行ったのか?

実走が楽しみです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

いまさらですが・・・MJ

いまさらですが、MJを多数購入。
P1070357.jpg

私、レースを始めたばかりの人間ではありませんので、MJなんてすでにたくさん持っているわけです。

おまけにこのMJ、ノーマルキャブ用ですから、セッティングの幅もそんなに広くありませんし、今更買い足すこともないのですが・・・

先日ベンチテストしたときにMJを数回変えていたら、明らかにおかしいものがありまして・・・

刻印された番数は数字が大きいので濃くなるはずだったのですが、明らかに薄い症状が出てました。

番手の前に☆のようなKのようなマークがあるのがケイヒン純正だと聞いたことがありますが、事実なんでしょうか?

複数の番手がセットになった社外品もありますが、あれと純正品は同じ番手でも穴径が違うという話もたまに聞きますし、マークのあるなしだけではなく、ドライバーの溝の幅も違うし、何か他に影響を与えてしまっているのではないかと疑心暗鬼になったので、マークのあるもので統一しようと思い立って購入したわけです。

さらに疑い深い私は製造不良の可能性も考えて各番手2個ずつ購入する用心深さ。

これだけで7000円近くしました。

こうして無駄に貧乏になっていくのです(笑)。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop