FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

20180909茂原3時間ミニバイク耐久レース

昨日は茂原ツインサーキットの大きい方のコース(東コース)で開催された「茂原3時間ミニバイク耐久レース」に参加してきました~

DCRには「チームDCRビギナーズ」 というチームがあるのですが、今年は目立った活動をしていないので、年に1度くらいメンバーみんなが集まってレースに参加しようと思って企画しました。

6人くらい集まって、それぞれ自分のバイクを持ってきて、難しいこと考えないで気持ちよく走ろう~1人30分も走れば十分楽しいじゃないか!

そんなイメージを持っていたんですが、集まったのはわずか3人www 石橋さん、杜さん、そして私。
(出席率悪すぎwwwもうDCRビギナーズは解散しますwww)

それぞれ持ち込んだマシンは、NSF100SP、NSF100ノーマル、Z125STで、SPクラスにエントリー。

結果は・・・1人30分×3人×2スティントを無事に走り切り、総合19位/38台。SPクラス6位/12台。ちょうど真ん中ですね~

まあ順位より、ペナルティや転倒、マシントラブルなく、全員が持ち時間の1時間を無事に走り切ったことが、「チームDCRビギナーズ」としては良かったと思います。

総合結果
クラス別結果
ハンデリザルト

オンボード動画

前方カメラ
https://youtu.be/pY_vUQ-BTzY
https://youtu.be/FuWaQVxYt3s
https://youtu.be/PF5POAY19sY
https://youtu.be/V7tQ8uzIcmc

後方カメラ
https://youtu.be/o4zcow0Fo3s
https://youtu.be/EpTh95ZEjkI
https://youtu.be/_2Tkx3hZFvs
https://youtu.be/DIgNBenAwhk

私個人としては・・・

■練習走行でアクセルOFFでパンパン音がうるさい、サブコンで燃料濃くしてもダメ、もしかして・・・と思ってチェックしてみたら・・・
割れてますwww(仕様違いのエキパイを持っていたので助かりました)
DSC_3053[1]

■ルマン式スタートでマシンに駆け寄ってハンドルをつかんだ瞬間、クラッチレバーホルダーがめちゃ緩んでレバーがダラーンと。。。手で持ち上げたが手を離すとまたダラーン。。。なぜこのタイミングでwww せっかくの8番グリッドでしたがほぼ最後尾で発信
DSC_3057[1]

■西コースとは違い東コースの縁石はみんな飛び越えるんですね~フロントサスセットがでたらめのDCR-Z125号では怖くて出来ない。フロントサスのセットを何とかしないと。タイヤの荒れがひどい。
DSC_3063[1]

リアタイヤはキレイ。リアサスの純正ダンパーの状況次第だな。ダンパーがまともならバネはそれほど硬くしなくて良さそう。
DSC_3061[1]

■やっぱりZ125はブレーキ効かないw

■最終コーナーの前半がチャレンジングな感じで好きかも。後半はコースとピットロードを分けるガードレールがどうしても目に入るので怖いw

このレース、通常の表彰のほかに、ハンデを加味した表彰もあって。。。

コース上ではかなり遅かった「チーム永田兄弟」がOPENクラスの3位で表彰台に。
「ライダーが全員坊主」「ライダーが全員75キロ以上」「ライダーがブサイク」などのハンデを積みあげた模様。おめでとうwww

DSC_3071[1]

スポンサーサイト

PageTop

20180826茂原モトウエストRd.4に参加してきました~

8月26日に茂原ツインサーキットで開催された茂原モトウエストに参加してきました~。

猛暑予報が出てましたので「すだれ」を買いましたwww
DSC_3028[1]

扇風機3台持ってきましたwww
DSC_3027[1]
DSC_3026[1]

暑さ対策しかしていませんが、それが一番レース結果に結びつくと思いました。今でもそう思っていますwww

■前日練習■

猛暑ですが、思いのほかタイムが良く、自己ベストを0.2秒更新~♪36.4秒です。今年の目標が36.5秒だったのでめちゃ嬉しいです。翌日に向けてタイヤの皮むきをして、気分良く撤収します。
DSC_3032[1]


■レース当日■M2クラスに参加しています。M3クラスと混走です。

・練習走行:走り始めると、フロントタイヤにすごい違和感。。。ピットインしようかと思ったくらい。38.0秒・・・おそっ!

・予選タイムアタック:フロント周りの違和感の原因を探すもどこにもそれらしい原因は見当たらず。気合入れ直して走ってみたがなかなかタイムが上がらず37.3秒。7位です。う~ん、昨日のベスト更新は何だったんだ~

・決勝:スタートは決まって4位に上がりかけたが、M3クラスのマシンに1コーナーで押し出され、結局7位(涙)。何とかM3マシンを抜き6位に上がったが、前車から離され続け、大差をつけられてゴール。レースタイムは今年最低でした。
オンボード動画(前)
オンボード動画(後)

う~ん、前日に自己ベストを更新していたので、今年最低のレースタイムだったことはショックです。只今凹んでいますwww

次回は3ヵ月後。3ヶ月もあれば凹みも直るかな~?


PageTop

360度カメラ動画 20180708茂原モトウエストRd3 M2決勝

ようやく360度カメラ動画を「VRモード」でUPすることが出来ました。

https://youtu.be/jfkWkbc_o3M

「VRモード」とは・・・え~っと何の略だっけ?(バレンティーノロッシの略だったと思うんですが、違いますか?)

VRモードの動画は・・・

パソコンで見ると動画内に矢印があってそこをクリックするか、マウスを使って画面をドラッグすると見たい方向が見えます。

スマホで見ると見たい方向にスマホごと向けるとそちらの方向が見えます。

この説明で分かる?まあ試してもらえばすぐに分かるかと。

っていうか、もう「VR」って言えば、知らない人のほうが少ないか(知らなかったのは私くらいかwww)。

しかしこの360度カメラ、これに適した内容じゃないとつまらないな。。。複数マシンでのバトル、接近戦など。

集団から離されて単独走行している内容ではまったく面白くない。そういう意味ではこのカメラを積めるライダーは限定されそうですね(トップ集団を維持できるライダーとか)。

あとカメラはもう少し前側を下に傾けたほうが良かったな。

まあいろいろ反省点はありますが、誰よりも自分が好きな私にとっては、ずっと自分が写っているので最高ですwww


PageTop

7月15日ちょっとDE耐に参加してきました~

DSC_2967[1]

今年はDE耐、ちょっとDE耐に出るつもりはなかったんですけどねー

5月も中旬になった頃、チームDCRビギナーズメンバーの石橋リーダーが「誰かちょっとDE耐に出てくれる人いませんかね?」と。

私「あれ?もうちょっとDE耐の申込期間は終わったんじゃなかった?」

リーダー「参加申し込みは完了しています。ライダーはいませんが。」

私「・・・」

という、石橋リーダーの、あるようでないような、ないようであるような行動力に、とりあえず耐久ライダーとして捕獲されましたwww

ちょっとDE耐は、ライダー2人でも参加できるレースなのですが、開催されるのは7月中旬、真夏です、2人では厳しいかな~ということでチームDCR内でライダーを募ったら、ツッタニ君が立候補してくれた。ツッタニ君は開催地のもてぎを走った経験もあるし、今回使用するマシンであるNSF100も乗っていたし、適任です。

チームの初合流は6月15日。もてぎ4ストミニバイク走行会です。

雨です。梅雨の真っ只中なので当然です。雨男の私が居るのですから雨以外考えられません。

雨なら走らないチームの方針でしたが、なんとなく走る雰囲気になり、ライダー3人全員ちょっとだけ走りました。走り終わった後のとんかつが美味かったです。

で、そこから約1ヶ月間。レースの5日前までチームメンバー間でのコミュニケーションがないという、やる気があるのかないのか(普通これはやる気がないとみなされますw)分からないままレースウィークを迎えます。

レース前日の特スポは30分×5本。でも午前中の3本で終わらせたいのがチームの方針。だって猛暑予報ですし、伏せるのキツイNSF100ですし、今回のレースはエンジョイが目的なのでタイムや順位の目標設定はないのです。なので1人30分ずつ走ってさくっと受付・車検を終わらせて、今回ももてぎ周辺においしい食べ物屋を開拓するのですwww

で、ツッタニ君→私→石橋リーダーと順々に特スポを走って、タイム・燃費を計って無事終了。と思いきや、ツッタニ君から「もう1本走りたい」と泣きが入りました。同じピットだった有力チーム(今回見事に優勝)と併せて走っている間はすごく良かったのですが、単独走行になった途端、タイムガタ落ちwwwその走行シーンがもてぎのカメラで捕らえられていて、伏せていないのがバレバレでしたwww

受付・車検・装備品検査など前日に受けられるものはすべて済ませて、お風呂→夕食はおそば。急遽ピットクルーとして駆けつけてくれた宮崎さんの手際の良さで無事に1日目終了。

と思いきや、石橋リーダーと私はもてぎキャンプ場でテント泊でした。真っ暗になってから自分たちのサイトを探し、テントを広げ、ペグを打ち込む。石橋リーダーがキャンプ慣れしていたので大丈夫でしたが、私一人だったら、テントを張らずに車中泊してただろうなあ~

夜、テントの中、ランタンの光で、翌日のレース戦略を考える・・・(戦略?そんなレベルではなく走行順と走行時間を決めるだけ)
DSC_2964[1]

私は30分か40分の走行で十分だな。今日の特スポなんてたった7周でひざが痛くなったし。残りをツッタニ君と石橋リーダーで楽しんでもらえたらと・・・考えていたのですが、石橋リーダーが45分くらいしか走れないと言い出し・・・
ツッタニ君1時間23分、私1時間23分、石橋リーダー44分という割り振りに。こう決めたものの、私自身は1時間23分は絶対無理と思ってました。私の体力がないことはみんな知ってるでしょ。さらに特スポで装着したステップポジションアッププレートでより窮屈になったNSF100、これは絶対無理と。まあどうしようもなくなったらピットインしよう。
DSC_2969[1]

こんな感じでどう?とテントの中で石橋リーダーと相談していたら、テントや車中泊は出来ないと上品な育ちをアピールして宿に泊まっているツッタニ君からメールで「明日の朝の特スポも走りたい」と。レース5日前までとは大違いなやる気ですwww
走るのは構わないけど、石橋リーダーは朝風呂に入った後、お米を砥ぐからピットにはすぐには行けないよ(こちらはキャンプを楽しんでいる最中なのですwww)。

で、テント泊慣れしている石橋リーダーはなかなか寝付けなかったそうですが、どこでも寝れる私はすっきり目覚め、レース当日を迎えました。
DSC_2965[1]

朝の特スポも無事に終了し、本日ピットクルー、ヘルパーを務めてくれる宮崎さんや石橋リーダーのお友達もそろい、いざグリッドへ。
今回スターティンググリッドは78番。第2グループスタートです。はい、くじを引いたのは私です、すみません。
2018071501.jpg

12時いよいよ決勝スタート!
https://youtu.be/tOjqKVKO4NM
DSC_2973[1]

ツッタニ君、グッドスタートです!なかなかのペースで走ってます。順位もぐんぐん上げてます。
2018071502.jpg

いつもはサインエリアに張り付いて、ライダーの様子をチェックしている私ですが、今回はピットの中でいすに座って過ごします。1時間20分以上走るので体力使わないようにしないと。いすに座り扇風機の風を浴び水分補給。アイスがあれば最高だったのだがw

SCが入ります。6周ほどスロー走行です。いいな~ツッタニ君、体起こせてwww
SC解除後も安定したペースで走行するツッタニ君、アベレージタイムも上げてきてます、いいぞー

いよいよ私の番です。
2018071504.jpg
長丁場なので、最初から力み過ぎないように、アクシデントに巻き込まれないように、マージンを取って走ります。それが良かったのか、30分を過ぎても疲れていません。ちょっと左ひざが痛いかな?くらいです。
2018071505.jpg
それが60分経った頃から左ひざだけ急激に痛み出します。シフトチェンジするのが辛いです。首も腰も心肺も全然平気なのに。暑さなんて感じなかったかも。
途中同じNSF100クラスの順位を争っているマシンとも競り合えました。ひざさえ痛くなかったらもっと戦えたのに。もっとタイムもあげられたのに。。。まあ「たられば」ですね。ピットインのサインボードがこれほど嬉しかったことはなかったです。

1時間20分を走ってピットイン。あ、バイクから降りれない、やばい、でも降りなきゃ、あ、立てない、崩れる、転ぶ、寸前で何とか立ち直った、やばかった。それくらいひざが限界。インナーを脱いでみたら、左ひざが変形してるしwww
DSC_2977[1]

その時の自撮り画像がこれ。
DSC_2976[1]
暑さにやられているように見えますが、ひざの痛みが90%以上を占めてます。いすに座ってひざを揉む。揉んで揉んで揉みまくってようやく立てるようになり、更に揉んでやっと歩けるようになりました。

アンカーの石橋リーダー、練習時のタイムを更新しなかなかの男前です。
2018071503.jpg
伏せ方もしっかりしてますね~

3時30分、ゴール~!

♯54 ダイレクトドットコムレーシングは66周を走って総合9位。クラス(NSF100)別では4位でした。

総合・クラストップが68周ですから、2周遅れというのはまずまずの結果だったのではないでしょうか?
まあそもそもタイムも順位も狙っていないので、楽しく無事に完走できた、それだけで私は満足です~

ちなみにレース終了後ももてぎのお風呂に行き、痛めたひざをさらにもみもみしてから帰りましたら、筋肉痛がなかったです。これは新発見でした~

DE耐、ちょっとDE耐、もう走ることはないのかな~。NSF100、ステップがもう少し低ければなあ~。
やっぱりもてぎは好きだな~、だって私のホームコースだから。

PageTop

7月8日茂原モトウエストRd3に参加しました~

7月8日、今年の私のメインレース、茂原モトウエスト第3戦に参加してきました~

今回は当店のGROM号を貸し出す形で、寺崎選手がゲスト参戦です。
寺崎さんはご自身で所有しているGROMでジムカーナ競技をされています。時々一緒にジムカーナ練習させてもらっているのですが、私は全く敵いません(汗
ジムカーナではお世話になりっぱなしなので、今回はしっかりお世話しなければ!

■7月7日前日練習

寺崎さんを先導して走行します。
が・・・先導走行って難しいですね。間隔が開きすぎたり狭まりすぎたり・・・要はヘタクソですw

2本目からはチーム員の段さんが寺崎さんを先導します。
寺崎さんの「段さんの先導は走りやすい」という言葉が私の心に深く突き刺さりますw

3本目からは寺崎さんのお世話を段さんに丸投げして、私は自分の練習に集中します。
なんと36.6秒の自己ベストタイです。驚きです。まぐれでしょうか?

4本目以降も36.6~37.0秒が連発します。「俺、速くなった。」

しかしタイヤがズルズル~雨上がりの路面だからなのか、タイヤが消耗したのか。でもこのズルズル状態で自己ベストタイなら、新品タイヤを履いた明日の決勝はベスト更新間違いなし(嬉)。


■7月8日レース

今回もM2クラスにエントリーしています。このクラスで上位争いすることが今年の目標なのです。

とっくに梅雨明けしていて朝から汗をかきまくりながら、小松田コーチ、寺崎さんとコースウォーク。今回もたくさんのアドバイスをもらう。有難いことです。

練習走行(37.5秒 3位/7台)
タイヤのグリップ感が全くない。新品タイヤなのに。なぜなぜ?途中まで38秒を切れなくて焦っていたところ、小松田さんが引っ張ってくれ、何とか37秒台に。ビリかと思っていたのにクラス3位で、ちょっと安心しちゃったのは×。

予選タイムアタック(37.2秒 7位/7台)
タイヤウォーマーを当てずにコースイン。グリップ感も出てきて、大幅なタイムアップ感だったのに、最下位っす。

凹みます。なぜだ?いろいろ考えて原因を特定。
原因の95%は「ライダーの気合不足」。5%は燃調が濃過ぎ。

決勝
スタート前に小松田コーチから「甲斐田さん、M2で優勝してワイルドカードで俺と一緒のレースに出ましょう」と激励をいただくが、「トップ2台はちょっと抜き出ていて私が自己ベストを出しても追いつかない、でも自己ベストで走り続ければ3位にはなれる、3位を目指します!」と誓う。そのためにはスタートをビシッと決めるのだ!

ウォーミングアップラップでバイクがいきなり不調。あ、多分あれでしょう~とキャブのチョークレバーを触ったら、しっかり上がっていた。燃調対策でMJを108から102に変えた時に上がってしまったのだろう。

落ち着け、落ち着けと自分に言い聞かせながら7番グリッドに着く。スタートで前列を喰うぞ。絶対に喰うぞ!。
3番手と4番手の間をすり抜けるぞ!

そして日章旗が降られ、いざスタート。

オンボード前 https://youtu.be/gqwuI1fbrs4

狙い通り3番手と4番手の間に飛び込む。更に加速で前に出て3位で1コーナー進入。
2018070801.jpg

よっしゃー!このまま1位2位について行け~と思ったのですが、2ヘアの立ち上がりで2位の150ccGROMにあっという間においていかれ・・・やっぱついていけないわ。でも3位にはなれる!絶対3位になる!

なかなかよい感じで走れていた3周目の時計台コーナー立ち上がりで♯44号車が低速走行。
2018070802.jpg

何だ?何だ?譲ってくれるのかくれないのか?譲ってくれないままクネクネ区間になってしまい後続に差を詰められる(汗
よし、アウトから抜こう!と思ったら♯44号車もアウトへ(笑)相変わらずの読みの悪さですwww
この間に永遠のライバルだと思っているキッシー君(年齢差約40歳)に抜かれて4位(涙

しかしまだレースは前半。チャンスはあるはず!そう思ってキッシー君を追います。
燃調が薄すぎた。MJは105にすべきだった。

翌周(4周目)、まるでデジャブのように、また時計台コーナー立ち上がりで低速走行車が現れます。
2018070803.jpg

お?2位を走っていた150ccGROM?マシントラブル?抜かせてくれそうでくれない状況ながら、キッシー君は150ccGROMをパス。よし、俺も!と行こうとするもラインをふさがれます。またかよ(笑)
2018070804.jpg

150ccGROMはトラブルが直ったのか、キッシー君をストレートであっさりパス。パスされたキッシー君が失速したおかげで追いつきました。さあ今度こそ抜くぞ!キッシー君待ってろ!

と、気合満々で最終コーナーを立ち上がった6周目に入るところで、ギヤが抜ける(汗
なぜ?こんなこと初めてです。
この隙に♯4号車に1コーナーで打たれます。
2018070805.jpg

が、はらんでくれたので、クロスで抜き返します。続く1ヘアは大丈夫だと思って油断した瞬間を再度狙われ5位に転落。

絶対に抜き返すんだーと頑張るたびにギヤが抜けること3回。そのたびに離されジ・エンド。5位でした。くやしい、マジで。

う~ん、今回も目標達成できず(涙  次回こそ!

■寺崎さん

寺崎さんはM3エンジョイクラスにエントリー。

練習時間がなかなか取れなくてマシンにもコースにも慣れないままレース本番を迎えました。

事前に主催者さんから「周回遅れになって恥ずかしい思いや怖い思いをして欲しくないので・・・」とクラス変更の打診もあったのですが、そんな心配は全く無用でした。しっかりM3エンジョイクラスで競争していました!

また機会があったら是非参加して欲しいです!

土手カメラ https://youtu.be/z5CddDKAGg4
オンボード前 https://youtu.be/zll7QOPD42o
オンボード後 https://youtu.be/L08zPgDi7Ow

PageTop