ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

ちょっとDE耐のマシン仕様

先日終了したちょっとDE耐の当店のマシン仕様に関してのお問い合わせが数件ありましたのでここに書いておきます。

もてぎのフォトサービスから写真も届いたのでそのお披露目も兼ねて!

人生初ホールショット(多分この先もうホールショットはないでしょう)
motegi03.jpg

1~2コーナー:コーナーリング中の伏せ方はまだまだ甘い私
motegi02.jpg

メインストレート:しかしストレートはしっかり伏せてます。
motegi01.jpg

今回のチームの中心的存在:Nさんの雄姿
motegi04.jpg

ロングラン担当のチーム最年少(笑):Hさんの疾走
motegi05 コピー5

Hさんの写真で当店のマシンを解説していきます。

motegi05 コピー1
1:フロントフォークアウター割り締め加工+アクスルナットスライダー
2:ガソリンタンクダブルコック加工
3:ハンドルストッパー
4:高剛性オフセットトップブリッジ
5:DIYフロントステー+ベース
motegi05 コピー2
1:RUN R&Dダウンマフラー
2:別軸バックステップ
3:エアクリーナーボックス
4:車高アップキット

motegi05 コピー3
1:RS125シートベース(エイプ用)
2:エイプ100用ヒールガード
3:チェーンガード&スタンドフックボス用クランプ
4:アクスルスライダー

上記以外に自社でいじったノーマル改エンジンが活躍しました~

来年も自社パーツ満載で出ようっと!


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

スポンサーサイト

PageTop

ちょっとDE耐の写真ください~

いつも少人数で参加の当店。今回もギリギリでした。私自身はそんなギリギリ&バタバタが嫌いじゃないのですが・・・

   写真がない

とレース後にいつも思うのです。

グリッドで記念撮影を・・・レース前にはそう思っていたのですが、Nさんが3番グリッドなんかを引き当てちゃうものだから、緊張がMAXに達し、写真のことなんて忘れてしまいました。

今から思えば、レース中ポジションツリーに当店のゼッケン「6」が表示されているのを撮っておけばとか、ストレートを通過するメンバーの写真1枚くらい撮れただろうに。

いつもそのレース限定でメンバーを組んでいるので、その方々との次のレースはないかもしれない。そう思うとやはり写真は撮っておきたかったなあ。
(ゴール後パルクフェルメで、亀仙人さんがカメラを向けてくれてうれしかったな~)

そういえば・・・

いつもお世話している、エストレヤ○○のSumi氏。新しいカメラを買ったそうで・・・。これだけ当店にお世話になっているんだから、自分から進んで写真を取りに来るくらいのことをしてもよいのでは?(笑)

冗談はさておき

そんなわけで、今回写真が全くないのです。皆さんが写した写真の遥か後方に心霊写真のように写っているものでも構いませんので、どなたかいただけないでしょうか?よろしくお願いします。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2010年ちょっとDE耐を終えて

レースが終わってほっと一息・・・

いつものことですが、終わってしまえば、メンバーの皆さんが怪我なく無事に家に戻れたことが一番うれしいことです。お疲れ様でした~。

さてレース後は今後のための振り返りを行ってます。まあ大したことは出来ませんので、残ガス計って最終的な燃費を出したり、試作パーツのダメージチェックやタイヤの消耗の確認など、一般的なことですけど。でもこの特別でも何でもないことの積み重ねが将来役に立つのだと・・・信じたい!まあ今までのデータはあまり役に立ってないけど(笑)

で、まず残ガス・・・2Lでした。レースでの周回数57周+ウォーミングアップ1周+パレードラップ1周の合計59周で割るとトータル燃費は28KM/Lでした。
給油キャンセルが出来るレベルではなかったですね~

実戦での耐久テストを行った車高UPキットは問題ないみたいです。試してみたいというお客様からTELがありましたので本日貸し出しました。今週末のレースで使うのだそうです。いきなりのレースで大丈夫か、ちょっと不安です。

タイヤはキレイなものでした。当店はBSでしたが新登場のDLはどうだったのでしょうかね。
そういえば今回レースにはDLさんがいらしていて、新タイヤをブリーフィングでPRしてました。「雨の中でうちのタイヤだけが湯気が出ていた」と。・・・すみません、タイヤに関する知識がないので、このせりふがどのようなことをPRしているのかが分かりませんでした。もっと詳しく教えてください~。

エンジンは紛れもなく過去最高のパフォーマンスでした。7Cさんによる完璧なOHがあってのパフォーマンスですけど、カムと圧縮を変えただけで2分50秒台出せたのでコストパフォーマンスは非常に高いですね。まあ緻密な計算を尽くした結果ではなく、行き当たりばったりだったりするので、検証作業はこれからです。皆さんがローコストで楽しめるエンジンパーツをご提供できるよう、頑張ります。

今回、マフラーのサイレンサーのウールを新品にしていきました。パワーが蘇りますね。使う頻度にもよりますが私くらい使う人なら年1回のウール交換は必要でしょうね。

CDIは2個も試作してもらったのに本番前に私が壊してしまいました。SEDさま、ごめんなさい。また作っておいてくださいね(ラーメンおごりますから)。

今回のレース、ちょっとDE耐は今年初開催でしたが、本家DE耐に比べ、少人数で短時間(ワンデー可)で楽しめるレースと感じました。昨今の不景気ではメンバーを集めるのも大変じゃないですか?お仕事だって何日も休めないし。
そう考えるとこのレース、悪くないのでは?来年もぜひ開催して欲しいですね。

最後に、当店の参戦にご協力いただいた皆様に深く感謝いたします。

●ライダー:Nさん、Hさん
●ヘルパー:N奥様
●マフラー:RUN R&Dさま
●CDI:SEDさま
●エンジンOH:7Cさま

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ちょっとDE耐レースレポートその4

残り40分、再び私がライディングします。
スタートとアンカー、両方やるのは結構疲れます。でもレースではやっぱり重要なシーンなのでしょう。たぶんメンバーの2人が気を利かせてくれたのだと思います。ありがとうございます。

受け継いだマシン、最後までガソリンが持てば62周できる予定。14周持たせるライディングを心掛けます。コーナーリングスピードを高めに、アクセルはゆっくり開いて9000回転まで上がったら戻していく。今年5月のDE耐に向けて練習していた燃費走行を活かす時が来た!

万が一ガス欠症状になったときにはグリーン端まで一気に行って、バイクをひっくり返して死にガス呼び込んで・・・

なんて考えていたら、130Rでいきなり・・・ガス欠

え~

予定より14周早いガス欠です(笑)

まあ「予定」なんて言葉を使えるほどの根拠があったわけではなく、単なる「希望」と言ったほうが正しいかも。

とにかくガス欠です。130Rを惰性で抜けながらマシンを揺さぶってみますがダメ。

すぐそばに監視ポスト&待避所があったので、走って押して行きマシンを倒してみるも、タンクの中からはガソリンの音が全くしない。さすが「ダブルコック加工」!死にガスを減らすためにタンク右側にもコックを付けているのですが、そのお陰で死にガスゼロの即死状態。

お手上げです。監視ポストのオフィシャルさんからは優しいお言葉とミネラルウォーターをいただき、感謝です。

ピットではこちらの状況が分かっているのだろうか。このポストを写しているカメラを教えてもらってガソリンタンクを指差して「ガス欠サイン」を送ってみる。まあメンバーがモニターを見ていなければ分かりませんけどね。

しばらくしてレッカー車登場。5月のDE耐に続き、今年2度目のレッカー乗車です。今回もレッカー代は取られませんでした(笑)。レッカーに揺られながら「今何時なんだろう。戻ったところで給油10分したら走行時間残っているのかな?」って考えてました。
今回のレッカーは私のマシン1台だけ。割に合わない出動でしたね、ごめんなさい。

そんなこんなで給油所のすぐ横にレッカー車到着。メンバーのNさんも給油所に来てくれていて、無事給油できました。さすがDE耐慣れしてますね。

さあ、残り15分です。もう順位はどうでも良いでしょう。無事にチェッカーをコース上で受けること。これだけです。

って走り始めたら、寒い(笑)。汗が冷えたのと気温がぐっと下がったので。転ばないようにしないとね!

Nさんがクラッチがすべると言っていたのですが、まさにその症状が出ています。シフトアップした時だけなのでギヤチェンジをしないようにしたり、どうしてもするときは完全に繋いでからアクセルを開けたり、結構冷静な自分がいました。

そんな状況でも2分51秒台が出ちゃって・・・一気にヒートアップ、50秒切ってやる!!!

motegi01.jpg
第一スティントのようなスリップが使える状況ではなかったので、自力でタイム更新しに行く!

息を止めてのハードブレーキング、グリップも千切れるほどアクセル全開、力任せの切り替えし・・・

残り1分、これが最後の周だ、1~2コーナー最高に上手くいく、その後の伸びも良いぞ、手ごたえバッチリ・・・

が、3コーナーでイエロー、前車につかえて、万事休す!

まあ、あのまま行っていたら転んでいたかもしれないので、神様が黄旗を振ってくれたのでしょう。

おかげさまで無事チェッカーを受けました!!

ダイレクト・ドットコム・レーシング 着順27位 周回数57周

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ちょっとDE耐レースレポートその3

第2ライダーはNさん。

当店がまだオフィシャルHPがなく、ヤフオクだけで販売活動をしていた時代からのお客様。

今回、メンバーを募集したのですが、まさかNさんから応募があるとは思っていませんでした。これまでDE耐やもて北のレースで仲良くさせてもらっていましたので今から考えると不思議じゃないのですが、私のほうが勝手にライバル視していたのかも(笑)

で、いざ一緒にやりはじめると、さすがこれまでチームをまとめていた方だけあって、連絡や段取りがスムーズでとても順調にレースを迎えられた気がします。

今回のレースには給油シュミレーションソフトを作ってくれまして、これがまた良く出来たもので、レース中のラップタイムや燃費が予想とずれていても即座に修正が可能なもの。こんなのがあると緻密なレースが出来ますよね。(今回は私の入力テク不足のためリアルタイム修正はできなかったのですが)

で、走りのほうは・・・

motegi04.jpg
最初は乗りなれないマシンにちょっと苦労されているようでした。それもそのはずで、もて北でセッティングを変えながら短い周回を乗っただけ&雨上がりのもてぎで数周だけですからね。
それに基本的にうちのマシンは私の好みになってますので他の方には合わない部分が出ちゃうんですよね。
たぶん最初の10周ほどは手探りだったと思うんですよね。でもその後1周ごとに1秒ずつタイムアップ。
順位も

   3位

まで戻してくれました。あざ~す!

さらにタイムアップし始めたNさんの14周目に給油インのサイン。ごめんなさい。今度はもっと長い周回乗ってもらいたいと思います。

Nさん、予定通り私が待つ給油所に到着。給油のサインを見逃したり、給油所を行き過ぎたりが当たり前?の当店にとってはNさんのようなきちっとした性格の人が必要と感じました(笑)

3L給油後、5.4Lの油面になれば最後までいけるが・・・

  結構いっぱいの状態(なんとアバウトな判断(笑))

4.5L以上はあることが分かるが、正確にどれくらいなのかが分からない。
4.0~4.5L時の油面は計ってきたのですが、それ以上は事前に計ってこなかった。失敗。
以前には計ったことがあったが、その時とは車体姿勢が違うので当てにならない。

  もしかしたら行けるかも   というきわめてアバウトな状況です。

まあこれから何が起きるか分かりませんから、少し状況を見て決めましょう。

第3ライダーはHさん。
motegi05 コピー5
Nさんチーム所属のエース。走りもすごいが理論派でもある。今回の車高アップキットの開発にはサスが分かる人が不可欠だったので、Hさんの存在はありがたかったです。あと、若いので?持久力もあるのでなが~く走り続けてくれる。こういう方がいるとチームの作戦の自由度が広がりますね。

ライダー交代後、32位までポジションダウンするも、2分50秒台中盤のタイムを連発し、ポジションをどんどん上げてくる。

サインボードエリアにはPCを2台持ち込んであって、1台はラップタイムと時刻を申告書に書くためのソフト『ラップキーパー』を作動させ、もう1台はもてぎの計時を監視&給油シュミレーションソフトを稼動させる。
う~ん、当店史上最高のハイテク&インテリだ。

残り1時間を切った頃、ポジション3位を取り戻す。

トップとは2周差になったり3周差になったり。。。相手のラップタイムも圧倒的に速いのでちょっと追えないだろう。
2位のチームや4位以降のチームとの差やラップタイムを確認するも、相手が給油をするのかしないのか、そこが分からなければ正しい判断は出来ない。
まあ仮にそれが分かったところで、こちらも前回の給油時にタンク内にどれだけのガソリンがあったか明確じゃなかったし、現状のラップタイムでの燃費も計れていないので、正しい判断なんてできやしないのだ。

そんな中、下した判断は・・・

  給油キャンセル!

3位を守るのではなく2位を捕りに行く!

残り40分で給油無しのライダー交代だけに作戦変更!

今走っているHさんにどのように伝えるか、Nさんに相談したら即座に手書きのボードを用意してくれ「給油×」を出す。これで分かるのかな?と思ったけど、さすがに同じチームのメンバーだけあって、通じた模様。

さあ最後の40分は再度私が騎乗。10分間の給油停止がないので計算上では3周は余分に走れる。ガソリンを持たせるためにペースを少し落として最低でも2周は多く走ろう。

Hさん、ピットイン。ニュートラルを出さずにギヤを入れたままマシンを受ける。その気持ち、分かります。その気持ち、受け継ぎました!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop