ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

2012耐久茶屋レースレポートその2

レース当日。

遠征でお疲れ&まだ眠いであろうグリーンさんをたたき起こして(笑)サーキット入り。

まだ雨は降っていません。もしかしたらこのまま降らないのかも・・・と淡い期待を抱きつつピット設営。

受付・車検・ブリーフィングは前日に済ませたので、余裕~~~

と思いきや、筑波サーキットはパドック内にトランポを入れられないので、荷物の運搬で3往復。つなぎを着替えに行ったりもして大変です。

そうこうしているうちに雨がぽつぽつっと・・・。

レインタイヤで行くことにします。今年発売されたフルコース用のBSレイン。とてもグリップが高い、そして耐久性もすんごいらしいです。そうらしいといううわさは聞いてますが、うちのライダーは誰もこのタイヤを履いたことが無く、半信半疑です。鈴鹿では大丈夫でも筑波じゃボロボロになるんじゃないか?とか・・・

まずは40分間の朝の練習走行。昨年はここで私が転んで、スタート前チェックまでの時間が無く若干焦ったので、今年はどうしようかと迷いましたが、グリーンさんにちょっとだけ乗ってもらってタイヤの限界を確認してもらうことにしました。

「数周で戻ってきます」と言ってスタートしていったグリーンさんでしたが、なかなかピットに戻って来ず走り続ける・・・
周りに比べてタイムも上がっていないので、「きっと納得できないんだろう」と。
結果、グリーンさんにしてはとても遅めのタイムのまま終了。「どこまでいけるのか、分からん~」と。
いつもならガンガン行くタイプですが、やっぱり1週間前の転倒が効いているようです。「今度転んだら甲斐田さんからレースの声がかからなくなる」と冗談ぽく言っていましたが、それに対して私は否定しなかったですからね~(笑)
まあレースは5時間と長い訳ですから、練習から転んでしまってレースがふいになってしまうことは避けなければなりません、と昨年練習で転んだ私が言ってみたりします(笑)。

スタート前チェックを終え、1周のサイティングラップを回って、25番グリッドに第一ライダーのグリーンさん到着。
P1000259_20121126180222.jpg

雨はほとんど上がっているんですが、気温は低く、日も照らず、風も無くで、短時間で路面は乾きそうにはありません。少なくともレースの前半はウェットでしょう。

そんな路面状況の中で、2012耐久茶屋筑波耐久ロードレーススタート!

グリーンさんも無事にスタート、順調に周回を重ねます。タイムは朝の練習走行時より早くも2秒ほど速いところから始まり、さらに周回ごとにタイムを上げて行きます。

25番グリッドからじりじりとポジションを上げていますが、各チームのエースライダーが乗るこのスティントでは、周りもかなり速いタイムを刻んでいて、簡単な戦いではなさそうです。

スタート後1時間。1回目の給油&ライダーチェンジの時間です。受持ち時間をしっかり走りきって14位までポジションを上げたグリーンさんが戻ってきます(ピットサイン通りに戻ってくるのは珍しいです(笑))。

「ずいぶん長く感じた。腰が痛い。」とグリーンさんにしては珍しい発言。第一ライダーとして速さを見せなければならない部分と確実にバトンをつながなければならない部分とで葛藤があったんでしょうか?

雨で燃費が良くなるんじゃないかという予想に反して、5Lの携行缶にたっぷり準備していたガソリンを全部飲み込んで、第2ライダーのnagayamiさんスタート!

このレインタイヤで走ったことが無いので「最初はペースが遅いと思います」と言って出て行ったのですが、とんでもない~。いきなりグリーンさん同等のタイムで周回するnagayamiさん。やるじゃん~。
内心ではグリーンさんのタイムを破ってやろうと思っていたはず。私もぜひ破ってほしいと思っていたので、もし遅かったら「UP」サインを出すつもりでいたんですが、その必要も無くチームベスト更新です。
昨日は「軽蔑」しそうになっていたnagayamiさんでしたが、もう「尊敬」しちゃいますよー。

スタートから2時間経過。この時点で一桁の順位まで上がっています。うちのライダー、えらい!

さあ、次はいよいよ私の番ですよ。私の出番の頃には乾くかなと密かに期待していたんですが、どうやら無理っぽいです。覚悟を決めて準備していたらグリーンさんが「次、僕が乗っても良いですか?」と。

え、どういうこと???

グリーン「つなぎがぬれたまま待つのがいやなので、もう1回走ってしまって、さっさと着替えたい」と。

なんてわがままなやろーだ!と一瞬思いましたが、実際ぬれたままだと寒いのは1週間前のもてぎで自分も体験済みなので了解しました。

・・・もしかして・・・

雨雲レーダーをチェックしてみると、もうしばらくすると雨雲が去ってしまう予報になっている。

・・・そうか!

グリーンさんは、ウエットがめちゃ苦手な私の走行を最後に回してドライ路面の時に走らせようと考えたんだろう。(もしくは、チェッカーを受けさせたかったのかも知れないなー)

意外と優しいじゃん、グリーンって(笑)。

ということで、nagayamiさんの1時間の激走の後、順番変更でグリーンさん2回目の騎乗。今度は70分のロングスティントですが、nagayamiさんに更新されたチームベストをさらに塗り替える激走です。チームのライダーの速さが均衡していると、お互い刺激になって良いですよね~。

続いてnagayamiさんの2回目、こちらも70分のロングスティント。順位は7位まで上がっています。塗り替えられたチームベストを破るべく、攻めるnagayamiさん。届きそうで届かない。「UP」サイン出しちゃおうかな~と考えていた頃から、また雨が降り始めてしまって・・・、こりゃタイムアップは難しいかな?そう思った時、SC出動!

他チームはこの間に続々とピットインしてきてばたばたしているが、うちはSC時は基本的にステイアウトと決めていたので余裕です。

が、2~3周SCが続いたと思ったら、赤旗が出てレース中断に。どうやらオイルが出たようです。

nagayamiさん、無事にピットに戻ってきて「コース1周にわたってオイルが出てる。目に見えるくらい。それに乗って何台も転んだ。」と。

コースには清掃車が出ているが・・・どのくらいでレース再開となるのか・・・・

すると間もなくライダーミーティングを行う旨のアナウンスがあり、「オイル処理に時間がかかるためレース再開は不可能。ここでレース終了。」と告げられた。

先週の「ちょっとDE耐」に続き、あっけない幕切れ・・・ちなみに私、まだ乗っていないんですけど(汗

レース残り1時間の段階で終了、7位でゴールとなりました。
耐久茶屋

入賞の6位まであと1つで惜しいところでしたが、1周差をつけられていましたのでポジションアップは容易ではなかったと思います。

表彰式を見ました。
入賞した各チームは入賞の常連?な感じで、マシンの開発度合、ライダーの速さ、いずれも簡単に破ることは出来ないだろうという雰囲気ぷんぷん。私なんぞは気後れしちゃいます。実際、コース上で圧倒的なスピード差で抜かれたそう。

それでもうちのライダーさんたちは必死で追いかけてくれました。スリップに入っても離されちゃう程度のマシンなのに「遅い」とは一言も言いませんでした。今から考えると無茶な「3位入賞」という目標にも、「無理」と言いませんでした。本当に感謝してます。ありがとうございました。実は感激しています。

レース終盤ドライになった時に乗ってほしいというグリーンさんの優しい心遣いが裏目に出て(笑)、1周たりとも走っていない私ですが、私的には十分満足させていただきました。

今回のレースにご協力いただきました各位に感謝いたします。

P1000266.jpg

ライダー
・nagayamiさん
・グリーンさん

ピットクルー
・田辺氏(長時間寒い中、本当にありがとう)

エンジン加工
・7Cさま
・不二WPCさま

マフラー
・RUN R&Dさま

ラップタイマー
・SEDさま

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

スポンサーサイト

PageTop

2012耐久茶屋レースレポートその1

今年の耐久茶屋は、

ライダーに
・グリーンさん
・nagayamiさん
・私
ピットクルーに
・田辺氏

という(例によって最少人数の)メンバーでチャレンジしました。

チーム目標は昨年が5位でしたから、3位表彰台に設定。
各自の目標は、「チームDCR初参加のnagayamiさんがDCR常連グリーンさんを脅かすタイムをたたき出すこと」、「グリーンさんは負けじと昨年のタイムを更新すること」、「私も自己ベストを更新すること」に設定。

マシンは昨年同様、DCRアップハンNSF号。
P1000253_20121126173819.jpg

昨年はレース3週間前にエンジンを壊し、2週間前にRサスを壊し、完成したのがレース2日前という、ハラハラドキドキの展開だったので、今年は余裕を持って、エントリーの受理が決まる前から準備を始めました。

特に昨年のNSFの仕様を全く乗りこなせなかったので、今年こそは!と9月からの筑波2000のスポーツ走行をかなり走りこんだのですが、全くダメで・・・。ダメというか、もう怖くて乗れないみたいな感じで。

ダメな理由を「ハードなバネを入れたRサス」と思っていて、「もう少しやわらかいバネならいけるんじゃないか」とスプリング交換したところ、怖さは軽減したんですが、タイムは落ちるし・・・。

Rサスの怖さが無くなったら、今度はソフト目にしてあるFサスが原因じゃないかと思い始め、ハードなスプリングにイニシャル掛け気味に変更したら、怖さがほとんどなくなったんですが、さらにタイムが落ちて・・・。

もう何がなんだか・・・正直言って、NSFのことを嫌いになってました。

そんな状態で、10月下旬の第1回公開練習会。

nagayamiさんにとってはレースまでの最初で最後の練習日だというのに、フライホイールが緩んで、エンジンをぶっ壊して早々に終了。
昨年はエンジンは7Cさんに丸投げだったので不安は無かったのですが、今年は腰下から自分で組んでいるので心配だったのですが、それが見事に的中した格好です。

車体のセッティングもnagayamiさんにダメ出しされ、グリーンさんには「フロントを硬く、リヤをやわらかくすれば、曲がらないのは当たり前」と言われ、もう最悪・・・。

もう投げ出したい気持ちになりました。

11月上旬の第2回公開練習はエンジンを2基持って行きインターバルで積み替えるという強行軍。しかし何とか2基のシェイクダウンも上手く行き、かつその中でFサスのセッティングもいじってみて、「!」と気づくことがありました。

で、レース前日の特スポ。いつもですが、ここでチーム全員が初めて揃います。
P1000254.jpg

いつもは事前に自分がせっせと組んできたマシンが、「あれもダメ、これもダメ」とどんどん仕様が変わっていく悲しいレース前日ですが、今回はチームオーナーの職権乱用?で、私から指示を出します。

・ブレーキが引きづるのでメンテせよ。
・Fサスはソフトスプリングを入れよ。そして油面を上げよ。

ライダー2人はメンテの能力も高いのでさくさくっと終了。私は楽チンだ~。次からは今回のようにライダーをこき使おうと思った。

受付は私が担当。受付の重要な任務はグリッド抽選だ。前半スタートを引かないと重罰。プレッシャーはでかいが何とか25番を引き当て、任務達成です。(ちなみにくじ引きグリッドで後半スタートになったのは1度しかない)

車検・装備品チェックはライダー2人が行ってくれましたが、グリーンさんのブーツが・・・(笑)

手持ちの接着剤をあれこれ検討した結果、二液混合タイプを選択。キャブの燃調以上に接着剤の混合比に気を使うグリーンさん(笑)でしたが、無事に補修完了し、装備品合格!
P1000255_20121126173710.jpg
P1000256.jpg


次はいよいよ特スポです。

それぞれのモチベーションを上げるために、夕食を掛けてタイムアタック大会です。

まずはnagayamiさんからスタート。
ほとんどこのマシンに乗っての練習できていませんから、マシンへの慣れからスタートです。筑波2000も数年ぶりということで不利ではありますが、夕飯が掛かっているのでハンデはあげません。
20分のアタックで出たタイムは、ちょっとさびしい感じで・・・。

次は私。イチかバチかのFサスのセッティング変更がどうなのか?不安1000%でスタートするも、全く怖くない。

っていうか、これが普通のバイクだろ!

フロント依存症の私はフロントに違和感がなければ頑張れます。ここはひとつ、残念なタイムに終わったnagayamiさんを超えて、焦らせてあげましょう!という感じで、シーズンベストを出して終了。

最後はグリーンさんです。先週の「ちょっとDE耐」での転倒が精神的に効いているようでスローなペースアップでしたが、最終的にはチームベスト。
ということでタイムアタックRd1時点ではnagayamiさんのおごり。

焦るnagayamiさん?

ま、マシンになれて、コースを思い出せば、こんなタイムで終わる人じゃないので。

特スポ2本目に向けては、Rサスをイニシャル追加。
あまり掛けると私が怖く感じるだろうということで、ほどほどで。

タイムアタックRd2。
私に負けるわけにはいかない!と頑張ったのか?nagayamiさんタイム更新!短い時間ながら適応してきますな~。私も若干タイムアップしましたが、nagayamiさんに及ばず。最後にグリーンさんがさすがのタイムを刻んで終了。

この結果、1位グリーンさん、2位nagayamiさん、3位私となり、私がおごることに。

まあ順当といえば順当な結果で納得。nagayamiさんが私に負けたままだったら、軽蔑するところでしたよ(笑)

走行終了後は、ブリーフィング。ブリーフィングが終わってピットに戻ると、もう真っ暗です。
明日は雨予報も現時点では快晴。本当に降るのか?分からないので、タイヤ交換などは明日の朝にすることにして、サーキットを後にします。

夕食は私のおごりですが、皆さん気を使ってか?お安めのメニューを選んでいただき(笑)。
ホテルに着いてから、今日の走行のログを比較して、まじめに走りの勉強を1時間ほど。

明日の天気予報が良い方に外れることを祈りながらお休みなさい~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

復活!DCRNSF

2012年11月23日開催の「耐久茶屋」。

今年も参加したい!

「抽選」に絶対通るために・・・

マシンを作ってしまう。練習始めてしまう。

運を自らの行動で呼び寄せるのです。

ということで、

バラバラだった(本当にバラバラ)マシンを組み組み・・・

1日かかってようやく完成!

DSC_0044.jpg

昨年は上手く乗れませんでしたが今年はいかに?

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です


PageTop

2011耐久茶屋その8

トップの25号車を抜いてグリーン氏が最終コーナーを立ち上がってくる。
これでトップから10周遅れから9周遅れに。

フラッグポストではチェッカーが振られる。
l139 コピー


が、もちろんこれはグリーン氏の後ろにいるトップの25号車に向けて振られているのだ。

グリーン氏はもう1周回れるのだが・・・

が、1コーナー手前でグリーンさんの前にすばやくSCが入りトオセンボ。

あらら・・・1周損しちゃうのか・・・

がっくり肩を落とす私・・・

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

どうなったんだ・・・

と思っていたころ・・・エキゾーストノートが聞こえ・・・

最終コーナーを立ち上がってくるグリーン氏!全エントラントのなかで最後にチェッカーを受ける!


■ ♯8 ダイレクト・ドットコム・レーシング 218周 5位入賞

_B265218 コピー

ビッグレースでの初表彰台・・・「うれしい~」
l143 コピー

5時間をともに戦った
ライダー(左から私、グリーン氏、のづっち野津氏)と
ピットクルー田辺氏
・・・「皆さんありがとう~」
l164 コピー

5時間頑張ってくれた「DCRアップハンNSF号」・・・「最後まで速かった!」
l152 コピー

■ご協力いただいた業者さま・・・「本当にお世話になりました。ありがとうございました。」
P1060797.jpg

7Cさま(エンジンメンテナンス)
RUN R&Dさま(マフラー)
和光ケミカルさま(オイル)
アイ・ファクトリーさま(サスペンションOH)
・鎗田板金さま(ペイント)

・ARTさま(同ピット・画像提供)
・羽鳥商店さま(同ピット)
・エストレヤ☆パワーレーシングさま(画像提供)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2011耐久茶屋その7

残り50分、アンカーのグリーン氏に託します。
l561[1] コピー

この時点で7位。チーム目標順位の6位まであと1つです。

ピットでは前車のマシンとのタイム差を計り、サインボードで知らせます。
ピットでできることは情報をライダーに伝えることしかできませんから。

6位のマシンを毎周4秒ほど追い詰め、あっという間に抜き去ります。

これで6位。

6位まで上がるとモニターに上位固定されるので、ピットも盛り上がります。

5位のマシンを探します。ゼッケン51号車です。
が、ストレートでは西日がきつくてゼッケンが確認しづらい。

ヘアピンまで行って51号車を探す。

見つけた!・・・キレイだ。。。オレンジのフルカウルのきれいなマシン。

見た目に速い。きれいだから速そうに見えるのか?タイム差は約30秒。追いつけるのか?

ピットに戻る。51号車のラップタイムを見ると・・・速い!グリーン氏と同じくらい速い。

追いつけるのか?グリーン氏に余力はあるのか?

追いつくのが不可能なら、前車との差を知らせるより後続との差を知らせたほうが良いのでは?という意見もあったが・・・

あくまで前車とのタイム差を知らせることにする。あとはグリーン氏が適切な判断をするはず。

51号車はストレートを体を起こして通過。タイム差が徐々に詰まってくる。トラブルなのか?それともペースコントロールしているのか?

そんな中、上位にいた63号車がピットインし作業している。あとから聞いた話ではチェーン切れだったと。
まもなくしてピットに止まっていた63号車を当店が逆転。5位に上がる。

1分14秒7!ベストを更新しさらに51号車を追い込み10秒差まで詰めるグリーン氏。

51号車もペースを上げる。差が縮まらなくなってきた。

残り3分。

視界に入らない51号車とのバトルは一旦横においといて、トップの25号車に絡む(笑)グリーン氏。

普通なら安全にゴールを目指す状況なんでしょうけど、普通じゃないんでしょう(笑)。

25号車のスリップに入ったままストレートを通過。

チェッカーまでのカウントダウンが始まる。

5時間になるのが早いか?トップがコントロールラインをまたいでもう1周となるのか?微妙だ!
そこにグリーン氏が絡み、ややこしくなる(笑)

チェッカーだ!チェッカーフラッグが振られる!

グリーン氏が最終コーナーを立ち上がってくる。トップの25号車を抜いて。

・・・ってことは・・・

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop