ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

もてぎショートコース選手権Rd4レース当日

前日の夜は当初は車中泊の予定でしたが、エストレアsumi氏の粋な計らいでホテルステップワンで熟睡。
自分はレースを走れなかったのに、仲間の宿代を出すなんて、太っ腹。

よっ!sumiさん、人間的に成長しましたね!
(請求回しておきます)

しっかり寝て、すっきり起きたら、外は・・・

ウェット!

夜のうちに雨が降ったようです。

仕方ありません、そういう天気予報でしたから。

サーキットに着くと、雨は降っていないものの、あたり一面
P1060718.jpg

霧!

これではなかなか乾かない。それどころか、いつ雨が降ってきてもおかしくありません。

そんな天気のまま、各クラスの練習走行が始まります。皆、レインタイヤです。

われわれもレインタイヤに交換します。

え~、ちなみに、F村さんも私も、レインタイヤでウェットレースをしたことがありません。
そう、晴れ男なんです。(ちまたでは私が雨男だといううわさがありますが、間違いです=きっぱり!)

STクラス練習走行スタート。15分間しかないので7~8周で交代します。二人ともメロメロなタイムで終わります(特に私は1分切れなかったような・・・(汗))。

----ここからは番外編:チャレンジクラス----

F村さんは続けて、チャレンジクラスの予選に出走。タイヤが温まっている利点を生かし・・・切れず(笑)、予選9番手。しかし6位までとはそれほどタイム差もありません。決勝に向けて闘志をみなぎらせます。

チャレンジクラス決勝



F村さん、9番グリッドから猛スタート!と、思いきや最前列でストールしたマシンにあわや

追突~!

間一髪のフルブレーキで追突を回避しましたが、おかげでほぼ最後尾です。

ここから追い上げます。ガンガン攻めてます。結果、1コーナーで、ヘアピンでレインタイヤが悲鳴をあげて、うにゃうにゃしちゃって、それ以上攻められなくなったそうです。




8位でゴール。

レインタイヤの経験不足が出てしまいましたね~。今度は一緒に雨練習しましょう。

----------------------------------------

そしてついにSTクラス決勝。

くじによるグリッドは例によって良いことはなく、16台中の10位。微妙~。

ハーフウエット路面ながらタイヤはドライ。

いや~、テントを張ったトイレ前からコースを見たら「完全ドライ!」に見えたんだけど、いざコースインしてみると、「ありゃ、思ったほど乾いていないじゃん・・・」。

乾いていないと思ったけど、「ドライにしましょう」って私が言ってタイヤを交換したので、いまさら「ぬれてますね」とは言えない(笑)。

まー、スタートはF村さんですし、私の乗るころにはきっと乾いているでしょ!(笑)

ということで、スタートライダーはF村さんで

レーススタート!

気合の入ったF村さんの足を、私のキャブセットが引っ張り、可も不可もないスタートに!(ごめんなさい)

しかし今日のF村さんは違った!身長170後半(たぶん)の大きな体を折りたたんで、しっかり伏せてます。
70キロ以上のウエイト(たぶん)ながら、ストレートで前車に襲い掛かります。気迫が伝わってきます。

途中3台でのバトルになります。抜かれても離されません。相手のミスや周回遅れを交わすタイミングを利用して再度逆転してます。

30分経過。他のチームがライダー交代を始めます。

うちは私が体力がないので、できるだけ長くF村さんが走ります。

35分経過。残り25分。サインボードで「P」を出す。5位まで上がってます。すげ~。プレッシャーかかるな~

F村さんピットイン。私、発進します!

いきなり全開走行します!路面はライン上は完全ドライ。ラインを外したときと白線の上は気をつけよう。

ガンガン行きます。でもタイムは速くないです。50秒切れてません。

もっと頑張ってみます。まだ50秒切れません。

そのうち早くも体力カラータイマーが点滅を始めます。雨対策でヘルメットが曇らないようにブレスガードを装着していたのが原因か、やけに息苦しい。こんな時はみんなどうするんだろ?

とにかく前にいるマシンを抜きます。今日のマシンは走ってます。ストレートで抜けるので楽チンです。

ストレートにある電光掲示板(1~6位を表示)で順位をチェック~。F村さんは5位だった。そこでピットインしてライダー交代したんだから6位以下に落ちているはず。まずは6位の位置にわれわれのゼッケン「55」が現れるまで頑張る!

が、ぜんぜん現れない。抜いても抜いても現れない。

「げ、マジかよ。一体何位まで落ちたんだ?」

ふとピットロード側に目をやると、F村さんがサインボードを出してくれている。

「+9 T8」

・・・どういう意味?(笑)

サインボードを出してもらうのに慣れていないので、意味が分からん。

「+9」は後続に対して9秒リードっていう意味かな?(あってます?)

「T8」は・・・やっぱり分からん。

まあとにかく電光掲示板にゼッケンが出てないってことは7位以下ってことなわけで。。。

それではまずいわけです。目標は表彰台なんですから。

目標と現実のギャップで心が折れそうになりながらも、頑張ります。

F村さんと2人で頑張った辛い夏合宿や誰もいない富士で雨に打たれながら一緒に練習した日々が思い出され、少し感傷的になります。

そして

これでもかと抜きまくったのに電光掲示板にゼッケンが現れないまま、チェッカー。

ピットロードではF村さんが万歳してます。

「やさしいな~、F村さん。目標が達成できなかったのに喜んでくれるなんて。。。」

1周回ってピットロードに入ると、車両保管所に誘導される。

「え、6位までに入った?」

最後の1周で上がったのかな?と思いながら、車両保管所に行くと、すでに5台のバイクが止まっている。

「あ~、やっぱり6位なんだ」

入賞はうれしいけど、目標が達成できず・・・

「で、何位なんですか?」とF村さんに尋ねたら

「2位です!」

「え?本当?じゃ、あのサインボードのT8って何?」

「残り8分の意味です」

そ、そうなんだ・・・(事前に打ち合わせておきましょう)

電光掲示板の下のほうの5位とか6位のところばかり見ていて、上のほうを見ていなかったのですが、ちゃんと2位の位置にゼッケン「55」が表示されていたんだそうです。

ってことで、リザルトを見ると、トップとは1周遅れ、3位とは1周差という状況の中で、無駄に頑張っていたという気がしないわけでもないですが、めでたく目標達成で表彰台です。
P1060733.jpg

記念の楯。うれしー。
P1060745.jpg

F村さんに持ち帰ってもらっておうちで自慢してもらおう。今日の立役者はやっぱりF村さんだしね。速いライダーが走ることが多い前半で上位をキープしましたし、長い時間走ってもたれなかったしね。

レース後はお食事しながらの反省会。
「今度はこういう練習をしましょう」って話ばかりで、全くもって真面目です、F村さん。
来年も頑張ってくださいね!
P1060736.jpg

-----------------------------------------

番外編:DE耐クラス

今年のもてぎショートコース選手権は天気に恵まれませんが、その中でもDE耐クラスはさらに恵まれません。
今回も土砂降りの中のレースです。

表彰台
P1060737.jpg
おなじみのエントラントが上位を占めました。

今日はやらないといわれているシャンパンファイトをしようとして、ほぼ全員に突っ込みを入れられている(笑)、某マフラーメーカー社長。
P1060740.jpg

もて北チャンプM氏にも使ってもらっている「NSRステップホルダー用プレート」
P1060726.jpg
P1060727.jpg

Oさん&某マフラーメーカー社長さんチームにも今回からご使用いただいております。
ありがとうございます~
P1060728.jpg
P1060729.jpg
P1060730.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

スポンサーサイト

PageTop

もてぎショートコース選手権Rd4特スポ

先日の日曜日はもてぎショートコース選手権Rd4。Rd4なんですが震災の影響で今年はこれが最終戦となります。

当店はMini-Moto ST耐久クラスに、レースパートナーのF村さんと参加してきました。

F村さん・・・昨年末にレースパートナーを募集したときにご応募頂きました。
昨年までもこのSTクラス(エンジョイ耐久という名前だった)に参加されていたのですが、相方さんが遠方に転勤になったため困っていたのだそうで。
いろいろお話していたら、「3人の子持ち」とか「神奈川県相模原に住んでいた」とか、不思議と私と共通項が多く意気投合し「じゃあ一緒にがんばりましょう」ということでパートナーシップ成立。

全戦参加はNGですが、2戦までなら奥様のお許しが出るということで・・・、第2戦と最終戦を参加レースと定めました。目標はF村さんの50秒切りと表彰台。

2月ごろから「一緒に練習行きましょう」って言っていたのですが、天気に恵まれず、そのうちに震災が起きてしまい、結局初の合同練習は4月の終わりだったような気がします。

F村さんのマシンには、DCR製バックステップをはじめとする当店パーツがこれでもかってくらい(笑)装着されていて、「一緒にレースするからといってそんなに気を使わなくても良いのに・・・」と恐縮したくらいでした。
そのほかにもエンジンのフルOHはもちろん、AIMマイクロン4などのロガー類もバシッと装着され、やる気マンマンのマシンになっておりました。

が、走り始めたら、遅い!(笑)

ご本人が久しぶりの走行だったということでその日は許してあげました(笑)。

こちらは許してあげているのに、F村さんご本人は納得が行かなかったようで、今度はRUN R&Dマフラーをご購入。うちで商品買ってくれるのはうれしいけど、大丈夫?これでタイム上がらなかったら申し訳ないなーってこちらが不安になってきました。

2回目の合同練習はGW真っ只中の5月4日。

OH直後の重さも取れてきただろうと期待して望んだんですが、あまりマシンは走っていない感じで・・・。
同じ枠で私も走って合わせてみたのですが、やはり遅い。。。
もっと走りこまないとダメなんでしょうか????????

という???だらけの状態でレース本番を迎えてしまい、何とか6位をGETしたものの、目標タイムには及ばずマシンの改善も見られず、不完全燃焼のまま、緒戦は終了。

次の最終戦までは半年もあります。

きっとレース1ヶ月前くらいになってから「じゃあそろそろ練習しますか?」というのんびりな展開を予想していたんですが、次に練習したのがレースからわずか2週間後です。
2回しかレースに出られないって言っていたので、練習もそんなペースかと思っていたんですが、もて北の休日枠はほとんど走っていたのではないでしょうか?

もて北だけではありません。トミンにも富士にも行きましたね。夏合宿もやりました。
お互いのロガーデータを比較してあーでもない、こーでもないと・・・
サーキットにいても宿にいても、どうやったらタイムが上がるかばかり話していた気がします。まじめな人なんですよ、F村さんは。

で、今回の最終戦に向けて合同練習。

それまでの練習でもご本人のベストが更新できないで苦悩している。原因は何だ?

久しぶりにF村さんのマシンに乗ってみる。もうOH直後の重たさはとっくに取れていて良いはず。
が・・・・

「全く変わっていないよ、これ~」半年前に乗ったときの印象そのまま。重い。

マシンが比較しやすいように、私のマシンはF村さんのマシンとハンドルバーの長さ・形状やシートもほぼ同じにしてきた。車体的には同じフィーリングで走れる。でも私のマシンと1秒も違う。今回は慣れないマシンだからタイムが出ないんじゃない。明らかに何かがおかしい。でもその何かが分からないまま練習は終了。残すは特スポのみ。

このままの状態ではレースしたくない・・・

困ったときの駆け込み寺グリーン氏に相談してみると「エンジン載せ換えてみれば?」と。

おっしゃるとおりなんですが・・・。
「載せ換えって簡単じゃないですよねー」って無言で抵抗してみたら(笑)、別の検証方法をアドバイスくれました。「あー、それなら短時間で出来ますよね、やってみます!」と。

で、特スポ当日。

早速グリーン氏に教わった方法で、F村さんと私のエンジンを比較してみると、「え~ぜんぜん違うじゃないですかー」。

その差はどこから来るんだ?っていくつかの部分をチェックしていたら・・・

   
  カムチェーン


うーん、素敵なテンションになってました(笑)。ついでにタペットクリアランスも「攻めて」ました。

いつごろから調整していないかをF村さんに聞いたら・・・

「一度も・・・」

という衝撃のカミングアウト!

今ではあのエストレアのsumi氏でさえ(笑)やっているメンテナンス項目ですから、これからは日常的にお願いしますよ。

と、F村さんに指導してみたものの、心の中では「お前が早く気づけよ!」と自分を罵った私でした。
(でもね、プラグサイズのタップを持ち歩いている人が、カムチェーンの調整したことないって思わないでしょ?(笑))

で、調整して走り始めたら、ログデータに表れるほどストレートが速くなっている。

ご本人も「1コーナーに全開で入れなくなった」と。

よしよし。

その後も私のマシンと乗り比べて、パーツを付け替えたりして、特スポ最終枠では私のマシンと同じベストタイムが出たので、マシンは速くなったと思われます。何とかぎりぎり間に合った~。

もっと早い段階でこの状態に仕上がっていれば、F村さんが乗り慣れ&乗りこなす時間があったと思われますが、残念です。あとは翌日のレース中に慣れてもらうしかありません。

翌日のレースに向けて、余念のない整備を行うF村さん。

何とか50秒切り&表彰台という目標を達成したいと思うのですが、天気予報は「雨」。

下がりそうになるテンションを意識的に上げながら撤収です。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

もてぎショートコース選手権Rd2お疲れ様でした~

昨日はもてぎショートコース選手権Rd2でした。参加の皆さん、お疲れ様でした!

曇り~霧雨~曇り~霧雨の繰り返しでしたが、この時期ですから、大雨でないだけよかったと思わないといけないのかもしれませんね。

当店ユーザーさんも皆さん頑張ってましたね~

STクラスには筑波方面から初遠征いただいたお客様も!ありがとうございます。
いかがでしたでしょうか、もて北のレースは!
今度は私が筑波1000に行かせていただきます。ま、40秒とか、41秒とか、全く見えない43秒台がベストの私ですが、遠慮なく?STクラスに参加させていただきます。くれぐれも1コーナーで弾き飛ばさないよう、お願いします(笑)
チャレンジ優勝のHさま!おめでとうございます。今回、前回チャレンジ優勝のエストレヤSumiがビビって(笑)欠場したので、次戦ではRd1勝者とRd2勝者の対決を見せてくださいませ~。

TorisanIさんも序盤のイケイケの走りはすごかった!(後半は息切れですか?(笑))

DE耐クラスは、またD56ですか!「ダイゴロウ」って読むんですね。はじめて知りました(笑)。

当方もDE耐クラスに、もて北デビューのレースパートナーの若者F田さんと参加!

まだ完成には至っていないマシン、もて北初走行、前日の特スポは雨(大雨)という厳しい状況でしたが、TorisanやチャンプMさんにお世話になりつつ、若者F田さんは頑張ってました!
もて北の人たちはみんな優しいですね~
P1060219.jpg

次回Rd3は9月4日ですかね。真夏の間の準備となりますが、お世話になった方々に喜んでもらえるようにしっかり成長したいですね~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

もてぎショートコース選手権STクラス&チャレンジクラス

昨年までのエンジョイクラスの名称が変わってMini-Moto STとなりましたが、今年も参加してきました。

と言っても、お客様F村さんにおんぶにだっこの便乗レース。

昨年までもこのクラスに参加していたF村さん、今年は諸事情で2戦ほどの参加の予定ながらエンジンをフルOHする気合の入れようです。

3月くらいから一緒に練習する予定でしたが、雨だったり地震だったりして、初の練習は4月24日。

が。。。マシンが遅いし。。。まあ久しぶりの走行でしたしシェイクダウンですし、そのうちタイムも上がるでしょ!と落ち着くのかと思ったら・・・

気合満点のF村さん、RUN R&Dダウンマフラーご購入&投入です!

もともと付いていたマフラーもそこそこ速いものでしたので、そこまでしなくても?と思ったのですが、やる気満々のF村さんはもう止まらない!

2度目の合同練習日の5月4日は、同じ枠で走ってみましょうということで、あわせてみましたら、激遅!(笑)ストレートで軽々交わせます。何でこんなに遅いの?ということでF村さんのマシンに試乗させてもらったのですが、エンジンが重いんですよ。ほぼ同じ仕様のうちのマシンの1秒落ちの50.5秒までしかタイムが出ません。
高価なマフラーを買っていただいたのに速くなっていないんじゃ申し訳ないので、あれこれパーツを取り替えてみて、遅い原因を探してみたのですが、原因を見つけられず。。。あいたたた・・・

残すは特スポのみ。もうあまりやれることがないので、最悪の場合はうちのマシンのエンジンに交換しようということに。

レースまでに多くの方からアドバイスを頂く。オイルの入れすぎるとエンジン重くなりますよ、とか、ホイールベアリングの状態は確認しましたか?とか。

5月7日特スポ(私は欠席)。上記のアドバイスをF村さんに伝え、確認してもらうと、オイルは満タン(笑)に入っていたそうですで、適正値にしたら他車と同じくらい走るようになったと。お~~素敵じゃないですか!
アドバイスいただいたお客様、ありがとうございました!

5月8日レース当日。

朝6時にピットに着く。ガラッガラに空いているじゃ~あ~りませんか?
P1060044.jpg

前日の雨、朝のすんごい霧。。。が、超ウソのように良いお天気。でもここまで良いお天気だと、暑い。。。

練習走行15分。F村さんと半分ずつ走る。新品タイヤなのにいきなり飛ばすF村さん。しかし序盤に出したタイムがベストで、そこからが伸びず。。。いやな予感。。。

私に交代。エンジンの重さが取れたかどうかの確認のため、全力疾走する。

お、重いままじゃん。。。相変わらず回転上昇が重いです。

相当がんばって走ったんですが50.5秒で終了。

じぇんじぇん直ってないよ~。途方にくれる我がチーム。そこそこ軽く回るようになってきていたなら、開発中のパーツをギャンブル投入しようと思っていたのですが、この重さでは無理。

仕方なくファイナルをショートにしてごまかしを狙う。
P1060047.jpg

決勝。60分の内訳は前半40分をF村さん、残りの20分を私。

グリッドはくじ引きで13台中8番、まあいつものように恵まれておりません。

1つ後ろには当店パーツユーザーのエストレヤsumiチーム。努力しないくせにいつもグリッドには恵まれていたんですが、ついに運も尽きたか!?

さあレーススタート。F村さん、ちょっとスタートミスりましたが、裏のストレートでエストレヤsumi氏をぶち抜きます。
というよりエストレヤsumi氏が微妙に失速したと言うのが正しい。エストレヤsumi氏を従えて7~8位を走行しています。
この日好調なエストレヤ氏ですが、同じペースのマシンを抜けるほどのブレーキングテクニックがないのが痛いです。
3台ほどで接近戦を続けていましたが、最終コーナーでエストレヤ氏がコースアウト!グリーンをのろのろ走って1コーナー手前でようやくコースに戻ります。コース上のスタート・フィニッシュラインの上を通過していないので計時上は早くも1周遅れになっています(笑)。

一方F村さんも、ストレートが伸びないマシンのため前車をパスできないようです。それでも攻めるF村さんですが、攻めすぎてミスが出る分、前車から離されて行きます。一番辛い状況です。

そうこうしていたら、先ほどコースアウトしたエストレア氏がなかなかのハイペースで追い上げてきました。
また焦ってくれてコースアウトしないかな~(笑)という淡い期待むなしく、最終コーナーから1コーナーまでにサクッと抜かれてしまいました。まああの重~いエンジンではどうにも・・・

それでもがんばって全力疾走のF村さん。レース開始後30分が過ぎ、他のチームがライダー交代する間にドド~~ンとポジションを上げ5~6位まで上昇。

残り20分で私にライダーチェンジ。体力に自信がないので20分でも不安です。

まずはタイムアタック!いくらエンジンが走らないとはいえ、50秒は切らないと!

飛ばします!・・・げ、おそっ!

気合入れて飛ばします!・・・あれ~?

さらに気合入れて飛ばします・・・おいおい

あの~、タイム上がんないんですが。。。

今回全部で13台しかいなくて、とっても走りやすそうだったので、レース中のタイムアップを期待していたんですけどね。。。

50.5秒辺りが最高で、これ以上はじぇんじぇんでましぇ~ん。

タイムアップは無理かな~、せめて順位だけでも何とかしないと。。。

電光掲示板にはまだ当チームのゼッケン「5」が出てない。ということは8位以下か・・・・

やばい、入賞して賞品を持ち帰らないとF村さんの家庭内ポジションが危うい・・・

そんなちょっと変なモチベーションで20分を自分なりにがんばって何とか6位でゴ~ル。
P1060063.jpg

無事にレースが終わって何よりなんですが、ちょっと不完全燃焼感がありましたね~

次回F村さんとのタッグは最終戦の予定ですが、その時にはマシンも人間もパリっと行きたいですね!


■番外編■

今年もて北に「チャレンジクラス」というスプリントのレースが出来たんですよ。
50秒を切っていないライダーのお試しレース的なもの。5周の超スプリントです。

そこに当店ユーザーの中で努力という文字が一番似合わない男として有名な「エストレヤSumi」が参戦。

ベストタイムが50.2秒なので、ぎりぎり参加資格があります。

「どんなレースでもいいから、勝ちたい!表彰台に立ちたい!」とかねてから言っておりましたが、世の中そんな甘くはないです。どんなレースでも勝つのはただ1人!勝利に向けて努力した人だけが表彰台の中央に立てるんですよ。

シーズンオフの5ヶ月もマシンを放置しておいて、レースまで1週間を切ってから走り始めるような、そんな男に神様が微笑むわけないでしょ。

案の定、金曜日の練習ではWS字で転び、スロットルホルダーを破損。

神様は良く見ているなあ~。直前になって付け焼刃的な練習するから罰を与えたんだね~

レース前日もパートナーのFさんにマシン整備のダメ出しを食らって、何年経っても変わらない人だな~

そんなエストレヤSumiもやるときゃやるわけで、予選最後のほうにようやく気合が入って3番手に滑り込む。
P1060050_20110509185043.jpg

わずか数分の予選でタイムが出るようになるなんて、少しは成長しているようです。

さて決勝です。このチーム見た目に怖いです。
P1060049.jpg

スタートは得意なので期待できます。しかしパッシングは難しいだろうな。ブレーキングで前車を抜くところを見たことないし。となると、ホールショットを取らないと勝ち目はないぞ。

さあどうなる↓スタートから1周の動画


見事なホールショットだ。
1ヘアで後続が刺してくるのも何とかしのいだ。このまま逃げ切れるのか~~~

ラスト2周の動画↓

あらま、勝っちゃったんですか、Sumi氏。

がっちり握手のSumi氏とFさん。
まあFさんの的確なマシン整備がなかったら勝っていないでしょうね
P1060054.jpg


表彰台のSumi氏
P1060057_20110509185044.jpg

しかし・・・レースの神様って、結構寛大なのね。そう思いません?
Sumiさんよりもっと努力している人はたくさんいるのにね~

レース後、同じくチャレンジクラスやSTで戦ったTorisanやF村さんから挑戦状をたたきつけられていたSumi氏。
次回も激しいバトルが見れそうで楽しみです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2011もてぎショートコース選手権はこう変わった!

昨日もてぎより「もてぎショートコース選手権」のレギュレーションブックが届きました。
P1040794.jpg

昨年エントリーした方に送ってくれているのだろう。要請していないにもかかわらず送られてきましたよ~。素敵。
(欲を言えば、もう少し早く=昨年中にクラスやレギュレーションを決めて欲しかった)

で、中を見てみると

P1040795.jpg

これまでのDE耐クラスは「DE耐!クラス」と「DE耐!エンジョイクラス」の混走となります。
フルコースで開催されているDE耐に合わせたんでしょうね。
ということで、車体いじっています&キャブ22mmに変えています&でもエンジンはドノーマルです、というマシンは「DE耐!エンジョイクラス」でエントリーが出来ます。
「DE耐!クラス」の上位のマシンは社外ヘッドキット装着車ばかりで、ノーマルエンジンで対抗するのがかなりきつかったのですが、クラス分けしてもらえたので良かったのではないでしょうか?

ただし、当店のようなの「社外ヘッドキットは入れていないけど、完全ノーマルではない=ノーマルエンジン改」なマシンは、どっちつかずの中途半端なタイプになってしまいました(笑)。

それと

昨年は「エンジョイDE耐クラス」と呼ばれていた実質STクラスは、「Mini-Moto STクラス」を名称変更しました。実態と名前がようやく一致した感じですね。STなので上述の「DE耐!エンジョイクラス」より車体の改造箇所が制限されますし、キャブはノーマルキャブです。

ノーマルチックなマシンを持っている方は、ノーマルキャブのまま「Mini-Moto STクラス」に出るか、キャブを大きくして「DE耐!エンジョイクラス」に出るか、迷いますね。あなたはどっちにします?

さらに

スプリントですが「チャレンジクラス」というのが出来ました。5周の超スプリントです。タイム制限(50秒)もあります。まだレースに出たことのない方の体験クラス的な感じでしょうか。エントリー代も2000円とお試し価格!
耐久ペアがいない!なんていう方にもいいかも!

4月に開幕、5月6月7月9月と8月がお休みなだけで、ハイペースでの開催になります。
さらに11月6日には「もて北フェスティバル」があると書かれています。
一体どんなイベントなんでしょう?詳細発表が楽しみです。

そんな「もてぎショートコース選手権」、当店は全戦ユーザーサポート予定&「DE耐!クラス」&「Mini-Moto ST」数戦参加予定です。

まだ参加したことがないという方!ぜひ一緒に楽しみましょう。少しくらいならアドバイスも出来ます?(いや無理かも)ので、ご質問などもどうぞ!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。