ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

NSFクラック修理その2

P1100197.jpg

溶接しようとしたら、別の部分(ステッププレート部)のクラックも発見してしまう。

そして。。。見れば見るほど、すべてがクラックに見えるwwwもう見ないようにしよう。

ワコーズカーボンリムーバーで塗装落とし。目がチカチカする~

溶接はあっという間に終了
P1100198.jpg
P1100199.jpg
P1100200.jpg

その後塗装し乾くのを待つ。こんな時に雨で乾きが悪い。
塗装落とし・溶接・塗装で2時間。

日が暮れてから、組み立て開始。ステムが私史上最大にカクカクしていたので修正。慣れないNSFなので3時間も掛かったが、何とか1日で出来ました~。

P1100201.jpg







スポンサーサイト

PageTop

NSFクラック修理その1

NSF100のエンジンハンガー付近にクラックが見つかったのでお預かり修理です。
P1100187.jpg

場所が場所だけにある程度ばらさないと溶接は無理だなと思っていたのですが、ある程度ばらしてクラックの様子がより良く見えてきまして。。。

全バラです。
P1100189.jpg

だって

これですもの↓
P1100195.jpg
P1100196.jpg

「クラック」ではなく、「フレームパイプ破断」と言った方がふさわしい(汗

パイプ全周溶接するために全バラとなったのですが、ここまでで既に2時間経過。

ばらす作業代も請求せざるをえないので、出来ればオーナー様側でばらしていただいてフレームのみを持ち込んで欲しかったのですが、今回はオーナー様側にご事情があり、こちらでばらすこととなりました。

今日中に組み戻しまで、終わるのだろうか???無理な気がするwww

PageTop

クラック!

今日はチームDCRビギナーズのメンバーのマシン整備。

ギヤ抜け対策を施しました。

マシンを横倒しして、さくっと1時間で終了。
P1100136.jpg
P1100140.jpg

自分が予想した時間内で作業が終わるなんて、超珍しい~

こんなはずはない、こんな時には何か起きるはずだ~とちらっと見たのがいけなかった。

NSFでクラックが入りやすいエンジンハンガー部分に。。。
P1100137.jpg

横倒しだっただけによく見えてしまった。

そして・・・そっとマシンを起こしましたwww。

PageTop

HRCGROMのフロントパイプにA/Fセンサーボス溶接

A/Fセンサーのボス溶接は何回か行ってきましたが、今回はHRCGROMのフロントパイプへの溶接です。

使用するセンサーはヒーター付A/Fセンサーで排気温度の影響を受けないため、センサーの耐久性を考えてマフラーの後ろの方に付けたかったのですが、HRCGROMカップでは中間パイプ以後の変更が認められており、きっとあれこれ付け替えると思われるので、レギュレーションで変更が認められていないフロントパイプに付けようということになりました。

仮溶接でボスの位置・確度の確認
P1090987.jpg

ボスの本溶接
P1090986.jpg

HRCGROMのフロントパイプが細いので、センサーがパイプ内部に突き出てしまうのを減らすためにボスを2段にしました。
P1090990.jpg

センサーは水平より10度以上上向きに付ける必要があるのですが、エンジン下の限られたスペースで厄介です。
P1090991.jpg

でもまあ何とか形になりました。

ここまでやっても、このボス溶接したフロントパイプはレースでは使えないんです。改造になってしまうので。ということで、ライダーさんはもう1本、無加工のフロントパイプを用意する必要があるという・・・HRCGROMらしい、なんともなお話です。

PageTop

レース用ハーネスの罠w

昨日せっせと組み上げたXRモタード。
P1090151.jpg

こいつを外に出すには一旦すべてのバイクを外に出さないといけないのですが、今日は運よく良いお天気で助かりました。
※この画像からレース好きに思われるのは心外ですw
P1090152.jpg

朝も早い時間からパーツの動作確認を始めたのですが、まずはちゃんとエンジンが掛かるかの確認のために純正品でテストしようとしたら、エンジンが掛かりません(汗

???
別の純正品に交換しましたがダメ。
プラグから火花が出ていません。プラグ交換するもダメ。
イグニッションコイル&プラグコードを交換してもダメ。
ステータも交換してみましたがダメ。

残るはハーネス。純正ハーネスに交換したらあっさりエンジン始動。

う~ん、ハーネスか・・・どこか断線でいているのか?ちなみにこのハーネス、某社のレーシングハーネスです。
同じハーネスの予備を持っていたので付け替えてみると、エンジン掛かります。となると、やっぱり断線?

と、ここまできてようやく思い出しました!

某社レーシングハーネスは純正CDI使えなかったんだ!忘れていました!
予備のハーネスには自分で追加工して純正CDIが使えるようにしていたので、エンジンが掛かったわけです。
純正CDIを使わせない某社の罠にまた引っ掛かってしまいましたwww

朝の貴重な時間を4時間も無駄にして、今日はもうやる気が起きませんが、本来やりたかったパーツの動作確認だけは何とかやり遂げました。

P1090154.jpg

最後に今後きっと使わないであろうXRモタードを棚の下に押し込んで終了。お疲れ様でした。ブチッ!
P1090156.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら



PageTop