ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

XR用リアサスオフセットステー、予約開始

今年の夏ごろから開発を進めてきました「リアサスオフセットステー(XRモタード用)」が完成しました。
(テスト走行にご協力いただいたnagayamiさん、tetsutaroさん、ありがとうございました。)

P1020305.jpg

正確に言うとアルミのブラケット部分は出来たのですが、ボルトがまだ入荷していません。
ので、すぐに発送は出来ないのですが、年内にはボルトも入荷する予定なので、ご予約をお受け付けます。
新年の走り初めにはお届けできるはずです。

リアサスオフセットステー(XRモタード用)@8000円

使った感想を一言で言うと「楽に曲がる」という感じでしょか~。
たとえば筑波1000の1コーナーは外にはらむ感じがなくなったし、最終コーナーはアクセルを一瞬戻したときのフロントの回頭性がすごく良くなった気がします。

XRモタードで純正Rサスで頑張っているあなた、ぜひ使ってみてください。
ご注文は↓
リアサスオフセットステー(XRモタード用)@8000円


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

スポンサーサイト

PageTop

11ヶ月ぶりのTC1000走行&3ヶ月ぶりのバイク走行

8日金曜日はTC1000(筑波1000)に行ってきました。

バイクの乗るのは3ヶ月ぶりで、TC1000は昨年の12月以来の11ヶ月ぶり。
バイクへの乗り方云々以前に、何時に起きればいいのか?ゲートオープンが何時なのか?という基本的なことが記憶からすっ飛んでいました。

今日はやること満載です。

1.3ヶ月ぶりなので体慣らし
2.TC1000最終コーナーのライン確認
3.バルブ・ピストンクリアランスを徹底的に攻めたエンジンの始動確認
4.ハンドシフターの確認


1:3ヶ月ぶりにバイクに乗るって結構怖いですね。恐怖におびえ45秒台でした。

2.この1年、STエキスパートな方に最終コーナーのラインや走り方を聞いておりましたが、ようやく実走にて確認することが出来ました。いや~、すげータイトなラインなのね。倒し込みのポイントも自分が過去に走っていたポイントとはまったく違いましたね。倒し込みのスピードも2倍くらい上げないとダメだな。もう何もかもが違っていたと言った方が正しい。

3.そこは攻めるところじゃないのですが、バルブとピストンのクリアランスがやばい。最後まで問題なく走ったけど、ヒットしていないことを祈る。

4.手でシフトアップできたら便利かなと思って作ったのですが、想像以上に便利でした。使えそうです。
P1010958.jpg


やっぱりミニバイクは楽しいですね。
自分でマシンを所有して、エンジンを自分で組んで、自分で運んで、自分で考えたパーツをつけて、自分で走る。全部自分でできるのが素敵です。

P1010941.jpg

この日は開発中のオフセットステーも取り付けてみました。自分が思った以上に効果的です。スロットルのオフにマシンが即座に反応しイン側を向きます。ノーマル状態だと1~2秒待たないと曲がっていかないですけど。
もう何回か乗って耐久性など確認してみます。


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら


PageTop

桶川弐輪道用マシン完成

完成といっても、私が作業する部分が終わっただけで、タペットクリアランス合わせたりオイル交換したり、チェーン、スプロケ、タイヤなどやらなきゃいけないことはまだまだあるのですが、それはライダーさんにお願いします。

先日のシートベースに続き、実線テスト用試作第2弾は、ハンドルバー。
ハンドルバーエンドは間違えて買ってしまった黒色を使いました。
P1010948.jpg


自分用マシンにはオフセットステー最新試作バージョン取り付け。試作を重ねるごとにカッコ良くなっていく~
P1010941.jpg


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

Rサスオフセットステー試作中

XRモタードのRサス上部取り付け位置を後方にオフセットするステーを商品化に向けて製作中。
リアの車高が上がってバンク角にも余裕が出来て旋回性も向上するというパーツです。
鈴鹿ミニモトSTのレギュレーションではNGですが、筑波1000のモトピクニックSTクラスではレギュレーションで認められているので使用可能です。ST以外のクラスならもちろん他のサーキットでも使用可能です。
XRモタードの車体とXRモタードの純正Rサスの組み合わせで開発していますので、社外のRサスで使えるかは分りません。エアクリーナーBOXは装着可能です。


薄板鉄板を切った貼ったの第1バーションから、
P1010478_20130705101907.jpg

切断も厄介な肉厚鉄板仕様の第2バーションを経て、
P1010768.jpg

アルミ削り出しの最終バージョンで試作です。
P1010876.jpg
P1010879.jpg


当店の周りには賢い方がいて、「あそこはあんな感じで。ここはこんな感じで。」と伝えれば、試作品が出来上がってきちゃいます。一応適当な図面は渡しますが、「どうせ正確な図面じゃない」と思われているのか?(爆)、図面どおりには作ってきません。あくまで図面は参考資料で、そこから賢い方が強度や他のパーツとの干渉や車体の個体差を勘案して、最終形状として上がってくるのです。素敵な環境ですが、私は頭を使わなくなるので、人間として退化が激しいです。

試作品が出来たら、車体に取り付けて・・・。取り付けに問題はないか?車体の個体差を吸収できるか?他の部品とのクリアランスは十分か?などの情報を伝えます。ここでも状況をそのまま報告するだけで、考えるのは賢い方です。

テスト走行も必要ですが、ただ走れば良いだけなので頭は使いません(頭が必要なときはその頭脳を持ったライダーにお願いしています)。

そんな訳で、着々と最終製品に向かって進んでいますので、乞うご期待!

PS エイプ用はXR用の製品化が終わったら試作ししていく予定です~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら



PageTop

20131006モトピクニックRd4ST100

昨日は筑波1000で開催されたモトピクニックの見学に行きました。

朝になっても雨が止まなかったので、家で寝ていようか(笑)と思ったのですが、ST100クラスにNさんが試作品を使ってくれる(というか、強制的に使わせていると言う方が正しい)ので、試作品に不具合があった場合のことを考えて予備の部品などを詰め込んで行って来ました。
P1010844.jpg


決勝レース前、めずらしく予選順位が悪かったチャンプK氏の決勝レースへ向けてのシミュレーションを詳細に聞きました。

あ~トップを争っている人ってそんなこと考えながらレースしているんだ~

ここでブレーキして、ここでアクセル開けて・・・私なんてそんなことで頭がいっぱいなんですが、トップ争いをするような人は複雑な心理戦をやっているんですね~

そんな事前レクチャーを受けた上での観戦は今まで以上に楽しく感じましたわ~


そんなST100の決勝レースはこれ↓


一方、予選を3番手と珍しく(?)良い順位で通過したNさんが、決勝でも頑張った動画はこれ↓



いつかはこんな順位を走ってみたいですね~。


あ、Nさんが使ってくれた試作品は、高評価でしたので製品化しますね~
P1010761.jpg


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。