ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

エア:ちょっとDE耐:マシン作りその5

今回はタイヤです。

ちょっとDE耐はロードコースのレースなので指定された高速タイヤのみが選べます。

・BSならフロントS01ソフトコンパウンドもしくはS01、リヤはS02。

・DLならフロント、リヤともKR337。

当店チームは以前はず~っとBS使ってました。昨年のちょっとDE耐はS01ソフト/S02でした。

今年の春のDE耐で初めてDL KR337を使いましたが、ライダーには好評でしたよ。
過去最速のラップタイム・最多の周回をしたにもかかわらず、磨耗状況は過去最高にきれいでしたね。

まあBSでもちょっとDE耐は3.5時間ですから、耐久性は問題ないでしょう。

「3.5時間だから新品タイヤじゃなくてもいいだろう」という人はいますかね?
前日の特スポもしくは11月1日予定の公開練習会でおろしたタイヤならまだしも、春のDE耐に使ったタイヤで走るのはやめましょう。相手はゴム製品、油断は禁物です。

タイヤは新品にしてもベアリングは換えない人が多いです。まあ頻繁に換える必要はまったくないですが・・・
P1010825.jpg

純正のホイールベアリングは片側シールなんですね。両側シールタイプを採用しないのは何故なんでしょうか?コストですかね?シールの違いだけでなく、ベアリングには内部のボールとレースの隙間によって種類がありまして、バイクのホイールだとC3という隙間のものを選ぶ必要があるらしい?
隙間は少ないほうが精密で耐久性もありそうな気がしていましたが、ホイールに圧入することでベアリングがつぶされるのでその分を見込んで隙間が若干大きいC3が適しているんだそうな?知らなかった。いつも一般的な隙間のベアリングを使っていましたよ~。ま、一般的な隙間のベアリングでも2~3年使っても平気でしたけど。

バルブも換えない人が多いです。空気入れる部分が切れちゃったの見たことあります。ゴムですからね、時間経過とともに劣化しますので、たまには変えましょう。

そこまで手を入れたホイールには・・・

当店製ホイールカラー。1セット@3500円
ホイールカラー

ダストシールを取り外して装着するタイプなので、抵抗無くくるくる回ってしまいます。
いつまでも回り続けるホイールを見ていると気持ちいいですよねー。


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

スポンサーサイト

PageTop

NS-1ホイールカラー、販売再開!

長らく欠品しておりました。すみません。

NS-1の17インチホイールをエイプ・XRモタードに装着するためのホイールカラーです。
NS-1ホイールカラー

格好いい~!
17インチ

エイプの場合はノーマルのスイングアームだと短過ぎるので、XRモタードのスイングアームに変えましょう。
17インチ


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。